FGO_スキルレベル上げ優先度

FGOのスキルレベル上げの優先度について解説している記事です。優先して強化したいサーヴァントなども紹介しているので、Fate/Grand Order(フェイトグランドオーダー)を攻略をする際にぜひお役立てください。

最強ランキングまとめはこちら

スキル上げ優先度ランキング

優先:絶対に10/10/10
fgo_キャストリア_アイコンfgo_スカディ_アイコンfgo_光のコヤンスカヤ_アイコンfgo_オベロン_アイコン
推奨:優先して強化したい
fgo_アーラシュ_アイコンfgo_ライネス_アイコンfgo_ハベトロット_アイコンfgo_諸葛孔明_アイコンfgo_玉藻の前_アイコンfgo_マーリン_アイコンfgo_ミスクレーン_アイコンfgo_パラケルスス_アイコンfgo_坂田金時_アイコンfgo_アルジュナオルタ_アイコンfgo_モルガン_アイコンfgo_卑弥呼_アイコンfgo_蘆屋道満_アイコンfgo_ゴッホ_アイコン
候補:手持ち次第で優先度が上下
fgo_セイバー_アイコン fgo_アルトリア_アイコンfgo_モードレッド_アイコンfgo_伊吹童子_アイコンfgo_千子村正_アイコンfgo_水着沖田オルタ_アイコンfgo_セイバーオルタ_アイコンfgo_セイバーリリィ_アイコン
fgo_沖田総司_アイコンfgo_ネロブライド_アイコンfgo_徴姉妹_アイコンfgo_ランスロット(剣)_アイコン
fgo_アーチャー_アイコン fgo_ギルガメッシュ_アイコンfgo_テスラ_アイコンfgo_アルジュナ_アイコンfgo_イシュタル_アイコンfgo_ナポレオン_アイコンfgo_水着ジャンヌ_アイコンfgo_ゼノビア_アイコン
fgo_モリアーティ_アイコンfgo_トリスタン_アイコンfgo_クロエ_アイコンfgo_アシュヴァッターマン_アイコンfgo_バーヴァンシー_アイコンfgo_水着アナスタシア_アイコン
fgo_ランサー_アイコン fgo_槍アルトリア_アイコンfgo_エレシュキガル_アイコンfgo_神祖ロムルス_アイコンfgo_ヴリトラ_アイコンfgo_メリュジーヌ_アイコンfgo_坂本龍馬(槍)_アイコンfgo_フィン_アイコンfgo_ラムダリリス_アイコンfgo_パーシヴァル_アイコン
fgo_ブリュンヒルデ_アイコン
fgo_ライダー_アイコン fgo_ドレイク_アイコンfgo_ダヴィンチ(騎)_アイコンfgo_オデュッセウス_アイコンfgo_太公望_アイコンfgo_アストルフォ_アイコンfgo_サモさん_アイコン
fgo_女王メイヴ_アイコンfgo_オジマンディアス_アイコンfgo_ネモ_アイコンfgo_坂田金時(騎)_アイコンfgo_シンエリ_アイコン
fgo_キャスター_アイコン fgo_エレナ_アイコンfgo_ニトクリス_アイコンfgo_クーフーリン(術)_アイコン
fgo_玄奘三蔵_アイコンfgo_イリヤ_アイコンfgo_出雲阿国_アイコンfgo_キルケー_アイコン
fgo_アサシン_アイコン fgo_酒呑童子_アイコンfgo_グレイ_アイコン
fgo_カーマ_アイコン
fgo_バーサーカー_アイコン fgo_スパルタクス_アイコン
fgo_ヴラド三世_アイコンfgo_ペンテシレイア_アイコン
fgo_ルーラー_アイコン fgo_アストライア_アイコン
fgo_アヴェンジャー_アイコン fgo_Sイシュタル_アイコンfgo_水着カーマ_アイコン
fgo_アルターエゴ_アイコン fgo_スーパーバニヤン_アイコンfgo_太歳星君_アイコン
fgo_フォーリナー_アイコン fgo_ボイジャー_アイコンfgo_モレー_アイコンfgo_闇のコヤンスカヤ_アイコン
fgo_ヒロインXX_アイコン
fgo_プリテンダー_アイコン fgo_ヘファイスティオン_アイコン
好きなら
残り全サーヴァント

スキル上げを優先したいサーヴァント

サポーターを最優先

FGOでは優秀なサポーターでアタッカーにバフを付与する動きが強力なので、スキル上げをする場合はバフの倍率を上げるためにサポーターのスキルを最優先で強化しよう

サポーターは使いまわしが効きやすく、強化することで攻略が可能になるクエストも多いため、強化した際のコストパフォーマンスに優れていると言える。

自分がよく使うサーヴァントを優先しよう

仮にランキングに載っていなかったとしても、自分がよく使うならそのサーヴァントのスキル強化は優先するべき。スキル上げをする目的はゲームを快適に、楽に進めるためなので、自分が使わないサーヴァントを強化するよりは自分がよく使うサーヴァントを優先するのがおすすめ

上げたくなったら強化するのがおすすめ

FGOは第一部の素材だからもう使わなくなるということがないため、基本的なサポーターと自分がよく使うサーヴァントの強化が終わったら、今後追加されるのサーヴァントや、後でスキル上げをしたくなった時のために素材を温存するのがおすすめ。

これまでの仕様で更新できなかった理由

環境が変わりすぎた

この記事を公開した当初2017年末ごろはサーヴァントのスキルの中に上げなくても良いものが含まれていたり、スター獲得効果やクリティカルバフをうまく活用できないサーヴァントがいるなど、明らかに優先度が低いスキルも多々ある状態だった。

現在は全てのスキルが非常に強力というサーヴァントも増え、周回ではこのスキル、高難易度ならこのスキルと優先度が人それぞれ大きく変わってしまう環境に。同じ周回でも変則と3/3/3で優先されるスキルが変わるので一概にこのスキルを優先しようとはもはや言えないと考えている。

簡易なスキル強化優先度をつける記事を維持するのは難しいと判断して更新を停止していたという状況。

当時と今のサーヴァント比較

サーヴァント スキル・解説
【2017】
fgo_アルトリア_アイコン
アルトリア
攻撃力アップ カリスマ B】
横バフは嬉しい効果だが、現在と比べると評価低め。そもそもNPチャージがないので、アルトリア採用=火力目当てなので魔力放出優先だと当時は考えていた。
バスター性能アップ 魔力放出 A】
当時は最優先と思っていたスキル。
スター獲得 直感 A】
当時は変則クエストもなく、追撃のクリ殴りを狙うにもスターを安定供給する手段が少なかったため、人によっては放置していたスキル。もちろんNPチャージ効果はないので、強化優先度は低いと断言できた。
【2022】
fgo_アルトリア_アイコン
アルトリア
攻撃力アップ カリスマ B】
システム時代を経てアタッカーを並べる編成も増えてきたので優先度は高め。
バスター性能アップ 竜の炉心 B】
高倍率バフ+カード変化のアルトリアの強みとも言えるスキル。ただ、カリスマとの優先度は人による(アルトリアの宝具レベルや運用方法次第)という感じ。
NPチャージ 輝ける路 EX】
NPチャージ効果の追加、変則クエストの登場で優先度が一気に上がったスキル。
【2022】
fgo_シンエリ_アイコン
シンエリ
無敵 スノーホワイト・プリンセス B】
回数無敵スキル。周回なら全く使わないが、攻略なら優先度が高いスキルになる。
バスター性能アップ レッドフード・スライサー A】
バフスキル。宝具未強化なのでバフスキルの強化はしておきたい。
スター獲得 ガラス・シンデレラ EX】
非常に強力なNPチャージスキル。スキルCTが4と短いので、周回以外で使う場合はスキル10推奨。

固有スキルを所持していなかったアルトリアがこの数年の強化で周回なら強化必須級のスキルを複数獲得したり、配布サーヴァントのシンデレラエリザベートですら全てのスキルが有用。

当時と比較すると多くのサーヴァントが強化をもらい、坂田金時の「天性の肉体A」のような強化しなくても良いスキルは2022年生まれのサーヴァントにはまずない状態になっている。

どのスキルを上げるか?の答えが難しい

当時はNPチャージといえば孔明、マーリン、エレナくらいで、基本的には礼装のNPと自身の持つNPチャージスキルでNPを賄う必要があった。

それに対し現代のFGOは、NP50%配布のサポーターが大量に増加、アペンドスキルの実装で誰でもNP10〜20%チャージという状態なので、基本NPチャージという原則は変わらないが、必ずしもNPチャージスキルが優先されるかは人によって違うよねという状況に。

その他のスキルに関しても、システム向きの自バフを優先、パーティ全体の火力に貢献するカリスマ系スキルを優先、変則のためにスター獲得やクリバフ系を優先、高難易度のために各スキルのCT短縮を優先する等々、それぞれのカルデア事情によってどのスキルを強化するべきかが当時以上に変わってきてしまうので、この記事の有用性は当時と比べるとかなり落ちているなと感じている。

どのサーヴァントを優先的に強化するか?にリメイク

各サーヴァントのスキル上げ優先度はより詳細に記載できる各サーヴァント個別に役割を移し、この記事はどのサーヴァントを優先的に強化するべきか?という記事にリメイクを行う。

また、あくまで初〜中級者でフリクエの周回や高難易度の安定攻略を目指す場合の育成優先度になるので、人によっては適していない可能性もある。

FGO攻略関連リンク

FGO攻略 関連リンク
FGO攻略wikiトップページへ
FGO_イベント攻略まとめイベント攻略 サーヴァント最強ランキングランキング FGO_ガチャ引くべき?ガチャ情報
カルデア放送局_生放送まとめ生放送まとめ FGO_次のイベントは何?次イベなに? FGO_初心者ガイド初心者ガイド
AppMediaゲーム攻略求人バナー