お役立ち!ぐだぐだ本能寺イベ情報
▶ぐだ茶器集めドロップ効率と一覧

FGO(Fate/Grand Order、FateGO)の星4サーヴァント「エリザベート・バートリー(エリちゃん)」の評価やステータスを紹介しています。エリザベートの使い道なども考察していますので参考にしてください。

s_FGOトップへ戻る 2 s_FGO1ページ前へ戻る 3

星4サーヴァント限定の最強ランキングこちら
星4サーヴァント限定最強ランキング

エリザベート・バートリーのステータスとスキル

エリザベート・バートリーのステータスと再臨素材

サーヴァント エリザベート・バートリー エリザベート・バートリー
レア度 SR(★4)
クラス ランサー
COST 12
サーヴァント属性 混沌・悪
サーヴァント特性
最大絆Lv 10
絆礼装 エリクサー
声優 大久保瑠美
イラスト ワダアルコ

FGOに出演する声優さんまとめ
FGO出演声優一覧

ステータス
HP ATK
初期 1899 1520
Lv40 5317 6964
Lv80 11870 9122
Lv90 13126 10079
Lv100 14392 11045

聖杯転臨後レベル100時のステータス一覧
全サーヴァントのレベル100ステータス一覧
エリザベートの霊基再臨/進化素材はこちら
エリザベートの霊基再臨素材

パラメーター
筋力 C 耐久 D
敏捷 E 魔力 A
幸運 B 宝具 D

エリザベートからチョコを貰おう!
バレンタインチョコ会話/エリザベート編

コマンドカード種別と性能

s_エリザベート3
1枚目に選択したコマンドカードの種別に応じて、カード全体に1stボーナスと呼ばれるボーナスが付与されます。アーツカードを1枚目に出すとクイックでいつもより多くNPゲージが上昇したり、バスターカードでも上昇するようになるのはこのためです。詳しくは以下の記事を参照下さい。

コマンドカードの仕組みとは
コマンドカードの仕組み/戦略的な切り方

コマンドカードの性能

カード Hit数
クイック 2hit
アーツ 2hit
バスター 1hit
エクストラ 3hit

NPゲージは小数点以下も内部的にカウントされているため、表記と異なることがあります。また、NP回収効率は攻撃対象となるエネミーによって多少前後します。あくまで目安の1つとしてご参照下さい。

1枚目 2枚目 3枚目
検証中 検証中 検証中
検証中 検証中
検証中 検証中
検証中 検証中 検証中
B Q 検証中 検証中
0 0 0

▶︎表の見方
コマンドカードに対応した背景色を表示しています。たとえば、3枚目の背景が青色の場合は、アーツカードを3枚目に出した場合に回収できるNPとなっています。
※検証された方はコメント欄にて情報提供頂けると助かります。

エリザベート・バートリーの保有スキルと育成優先度

保有スキルとスキル強化素材

保有スキル1
カリスマC

嗜虐のカリスマA
味方全体の攻撃力をアップ(3ターン)
自身を除く味方全体の女性の攻撃力をアップ(3ターン)
初期CT 7 解放条件 初期から/強化クエストクリア
保有スキル2
拷問技術A 敵単体の防御力をダウン(3ターン)
初期CT 7 解放条件 霊基再臨を1段階突破する
保有スキル3
戦闘続行B 自身にガッツ状態を付与(4ターン)
初期CT 9 解放条件 霊基再臨を3段階突破する

※赤字部分は強化クエストをクリアした後、変化・追加付与されます。

スキル強化に必要な素材はこちら
エリザベートのスキル強化素材一覧

スキル強化、霊基再臨素材が入手できるクエスト
スキル強化、霊基再臨素材の入手方法

クラススキル
対魔力A 自身の弱体耐性をアップ
陣地作成B 自身のアーツカードの性能をアップ

エリザベート強化クエスト情報はこちら
エリザ強化クエスト攻略情報

スキル強化優先度

味方全体にかかり、確実性のある「カリスマ」から強化していくのがいいでしょう。ガッツの恩恵はスキルレベル1からでも受けられるので「戦闘続行」は後回しに、次は「拷問技術」を強化しましょう。強化クエストをクリアすることにより「カリスマC」→「嗜虐のカリスマA」へスキル強化されます。

自分へのバフ倍率はほんの少ししか上がりませんが、FGOにおいて主戦になりやすい女性サーヴァントの攻撃力を大幅に上昇させることができるようになります。ジャンヌオルタの”竜の魔女”やステンノの”女神のきまぐれ”と同様の倍率となっているため、3/5ターンという効果ターンも含めてバフとしては最上級のスキルです。

スキルの倍率/効果一覧
全サーヴァントの保有スキル効果一覧

エリザベート・バートリーの宝具と入手方法

エリザベートの宝具性能

宝具 鮮血魔嬢
バートリ・エルジェーベト
ランク E-
属性 バスター
種別 対人宝具
最大Lv Lv5
消費ゲージ 100%
効果 敵全体に強力な攻撃(防御力無視)
&呪い付与(3ターン)
<オーバーチャージで効果UP>

入手方法

入手方法
聖晶石召喚 SRサーヴァント当選の一部
コード入力 300万DLキャンペーンプレゼントコード
※終了しています。

聖晶石召喚の高レア期待演出一覧はこちら
聖晶石召喚のSSR期待演出一覧

星4サーヴァントプレゼントの詳細はこちら
星4(SR)サーヴァントプレゼントキャンペーン

エリザベート・バートリーの評価

エリザベート・バートリーの詳細

アイドルを自称するサーヴァント

『Fate/EXTRA CCC』に登場したサーヴァントです。モデルは残虐非道な血の伯爵夫人ですが、罪を犯す前の姿で召喚されています。そのため、アイドルを自称し、宝具も「歌うこと」でダメージを与えるものになっています。アサシンクラスとして実装されているカーミラとは一応、同一人物です。

エリザベート・バートリーの強い点、使える場面

隙の無い構成

スキルは「カリスマ」に「拷問技術」と攻撃の補助になるスキルに加えて、「戦闘続行」によりガッツを付与できるため、耐久力もステータス以上にあります。宝具も防御力無視の効果があり、安定したダメージを狙え、全体的に纏まった性能をしていて扱いやすいサーヴァントといえます。

エリザベート・バートリーの弱い点、使えない場面

突出したところがない

エリザベート単体の性能は平均的に収まっています。スターを多く稼げたり、宝具を連発できたり、超火力が出せたり、するわけではありません。そのため、どのようなパーティーでも問題なく採用できるものの、詰めていくとメイン編成からは外れやすいでしょう。

サブアタッカーとして優先度が高い

女性サーヴァントの攻撃力を大幅に上昇できることから”竜の魔女”を持つジャンヌオルタのサブに有用です。また、アルトリア両儀式(剣)沖田総司などカードバフを持つ高レアサーヴァントのサブに差し込むことで、彼女らのクラス補完を担いながら攻撃面でも手厚くササポートすることができます。

弓クラスが特に多く出現するクエストではスカサハ(Qバフ)やブリュンヒルデ(B+宝具バフ)と組んで宝具火力をサポートするのも有効です。

エリザベート・バートリーの総合評価

汎用性の高いサーヴァント

扱いにくい、無駄になりやすいというスキル・宝具は一切なく、非常にバランスのいいサーヴァントです。同時に、一芸に特化したパーティーには入りづらいという点もありますが、それ以外のパーティーにはむしろその汎用性の高さから編成しやすいです。サーヴァントの数があまり多くないという場合には育成することをおすすめします。

おすすめ概念礼装とパーティー編成

エリザベートバートリーにおすすめの概念礼装

選択肢が広い

アーツカードが1枚しかなく、NP回収には苦戦する場合にはNPチャージ系や獲得量アップを付けるのがいいです。それが他のサーヴァントのサポートで解決する場合は、宝具の威力をそのまま上げることや、バスターカードの性能を上げる礼装も付けれたりと選択肢は広く、マスターの好みが出やすくもあります。

概念礼装 レア度 使い道
ハロウィン・プチデビル 星5 使い道
リミテッド/ゼロオーバー 星5 使い道

概念礼装の最強ランキング!
概念礼装の最強ランキング

おすすめのパーティー編成

フレンド含め、エリザベートと一緒にパーティー編成した際に有用なサーヴァントを紹介しています。自身のバランスがいいため、どこにでも入り込みやすいです。

サーヴァント おすすめ理由
ジャンヌ・ダルク[オルタ] エリザベートは竜属性を持っているため、ジャンヌ・オルタのスキルで攻撃力が上昇します。ジャンヌ自身も攻撃性能が高いので、畳みかけることが可能です。

ランサークラスの星4サーヴァント

サーヴァント 最強ランキング 詳細記事
アルトリアオルタ 9.5 評価記事
清姫〔ランサー〕 9.0 評価記事
ヴラド三世〔EXTRA〕 9.0 評価記事
李書文 8.5 評価記事
ジャンヌダルクオルタサンタリリィ 8.0 評価記事
エリザベート・バートリー 8.0 評価記事
フィン 7.5 評価記事
メドゥーサ〔ランサー〕 7.0 評価記事

同名のサーヴァント

s_ハロウィンカムバック2016
エリザベートブレイブの評価とおすすめ概念礼装
ハロウィンエリザベートの評価とおすすめ概念礼装
s_FGOトップへ戻る 2 s_FGO1ページ前へ戻る 3

FGO攻略情報

星4サーヴァント限定の最強ランキングこちら
星4サーヴァント限定最強ランキング

リセマラにおすすめのサーヴァント
リセマラランキング

コメント欄利用規約

利用規約
ついにリリース開始!!
▶バンドリ!ガルパ攻略情報まとめWiki