1/22(日)に2度目の降臨!
▶爆絶『蓬莱』の攻略はこちら

モンストの「ラックスキル」の対象キャラや効果などを紹介しています。発動率・倍率などの検証も行っていきます。

ラックスキルの効果と対象キャラ

ラックスキルとは?

モンスターの「ラック」に応じて発動確率が上がる効果です。効果はラックスキルを持つモンスター単体のみが対象です。

ラックスキルは対象キャラに自動的に与えられます。対象でないキャラに付けることはできません。

発動率は?

・発動率はラックに応じて変わる
・またモンスターごとに異なる発動率が設定されている
・ラック1でも発動することがあるが、ラック99(運極)でも100%発動するわけではない

以上が公式に説明されているものです。

実際のところ、降臨キャラの運極を作っても発動率が劇的に上がるわけではありません。

ガチャ限定キャラは一般的なラック5でもラックスキルは結構な頻度で発動します。体感的な発動率は「運極の降臨キャラ≒ラック5のガチャ限」といったところでしょうか。

ガチャ限定キャラのラックを上げても発動率が劇的に上がるわけではないので、ラックスキル目当てで複数体を合成するのは得策でないと思います。よほど同じキャラがダブっている重課金ユーザーの方以外にはオススメしません。

「クリティカル」の効果

monst_lackskill_critical2
敵を攻撃する際のダメージ量がまれにアップします。友情コンボには効果がなく、直接攻撃のみとなります。

効果はヒットごとに判定。ダメージは7.5倍

ヒット数を稼げば稼ぐほどクリティカルが発動する可能性が増えます。スピードの速い反射タイプのキャラが発動しやすいですが、貫通タイプや鈍足なキャラでも発動すれば火力の底上げになります。

一部のSSとの組み合わせが強力!

自身強化・貫通変化・弱点特効など、直接攻撃の威力がアップするSSを使う時にクリティカルが発動すると非常に高い相乗効果を発揮します。ルビー(進化)、真田幸村(獣神化)、源義経(神化)などが典型的な例です。

また、号令SSで動かされる時にもクリティカルが発動します。味方のスピードアップ倍率が高いルシファー(神化)の大号令を使う時などには、特にその効果を体感できるでしょう。

逆に、波動砲など直接攻撃ではないSSではクリティカルが発動しません。SSとクリティカルが噛み合っていないと言えます。また乱打SSの発動時にもクリティカルは発生しないようです。

ターン調整などの目算が狂うことも

クリティカルが発動して倒したくない敵を倒してしまうケースが考えられます。敵を倒さずにターンを稼ぎたい時や、蘇生ループがあるザコをちょっと削りたいのにクリティカルで倒してしまったりと、不利に働く可能性もあります。対象キャラを使う時に意識しておく必要があるかもしれません。

「シールド」の効果

受けるダメージを激減!

まれに敵からのダメージ量を激減させる効果が発動します。持続は1ターンのみです。ターンごとの判定のため、敵の攻撃を受けていない時に発動して無駄になるケースもあります。

モンスト_ラックスキル_シールド

こちらの画像ではスキル発動時にダメージ量が「1」になっています。実際は「1ヒットあたり1ダメージ」ですが、ヒット数の多い攻撃でも大抵は10ダメージ未満に抑えられますので、発動すれば非常に頼りになります。

「友情コンボクリティカル」の効果

友情コンボクリティカル

「友情コンボ」の威力がアップするラックスキルです。判定はターンごとに発生し、威力が3倍になります。

効果は友情コンボの性能に依存

武田信玄(神化)やロビン・フッド(神化)のような強友情キャラがこのラックスキルを持っているのは良い組み合わせと言えますが、フィリップ金光(進化)やミス・タイプ(神化)といった平凡な威力のキャラでは効果が薄く、『他のラックスキルの方がよかった』という評価になります。

なかなか体感しづらい…

ラックスキルの発動タイミングによっては、威力が3倍になっても決定打にならない場面が多々あります。ホーミングのような無差別攻撃系ならともかく、配置が必要な友情コンボは特にシビアです。

また、自身の行動ターンでラックスキルが発動することもあります。爆発のキャラに触れれば友情コンボの威力がアップしますが、常に爆発を編成しているわけではないので、発動してもムダになるケースがとても多いです。

「ガイド」の効果

ラックスキルガイド

「ガイド」のラックスキルを所持しているキャラは、稀にガイドラインが表示される効果が発動します。

特定クエストでは非常に有効

正確な弾き方が生死を分けるクエストではガイドが頼りになります。特定のクエストで活躍するキャラにガイドが与えられる傾向があります。

ガイド所持キャラと活躍クエストの例
キャラ 活躍クエスト
織田信長(神化)
ナスカ(神化)
紀伊
覇者の塔(23階)
織田信長X(神化)
ラプンツェル(神化)
平清盛(進化)
覇者の塔(31階)
坂本龍馬(進化)
桜木イヴ(進化)
火ドラえもん(進化)
覇者の塔(33階)
武蔵坊弁慶(神化)
ロイゼ(獣神)
大黒天(超絶)
式神 出雲(進化)
ゲンナイ(神化)
覇王コアラス(神化)
アヴァロン(爆絶)

特定の場面以外では微妙

例えば貫通タイプのキャラがボスの弱点を正確な水平で往復したい時、ガイドが発動するとショットの正確性がアップして大ダメージを与えやすくなります。しかし、そのキャラにもしクリティカルが付いていたらダメージ量がさらにアップしたはず…と考えると微妙でしょう。

滝夜叉姫(神化)やPC-G3(神化)といったキャラは現状、ガイドが発動してもさほど役に立つ場面がありません。キャラの性能・活躍クエストとラックスキルが噛み合っていない例と言えます。

ラックスキル追加キャラ一覧

旧キャラにラックスキルが追加された履歴・一覧です。2015年12月以降の新キャラは最初からラックスキルを所持しているため省略いたします。

全キャラにラックスキル実装(10/6~)

Ver.8.0のアップデートにより、全星6キャラにラックスキルが実装が決定しました。

クリティカル・シールドキャラ一覧、並びに各キャラページには、実装日までに反映させていただきます。

ver.8.0の詳細はこちら!

ガチャ限定キャラ一覧

各項目をタップすると一覧を表示します。

クリティカル追加キャラ
シールド追加キャラ
ガイド追加キャラ
友情コンボクリティカル追加キャラ

降臨キャラ一覧

各項目をタップすると一覧を表示します。

クリティカル追加キャラ
シールド追加キャラ
ガイド追加キャラ
友情コンボクリティカル追加キャラ

2016年10月のラックスキル追加については、こちらもご覧ください。
Ver8.0アップデート情報

2015年12月以降の新キャラは全てラックスキル所持

12月前半イベント「魔法学園ジュエルズ」の登場キャラ以降は全てラックスキルを所持してます。

ただし超絶・爆絶の降臨キャラは例外で、ラックスキルを所持していません。

ラックスキルのまとめ

ラックスキルが実装されたキャラが大きく救済されたわけではなく、全体的なキャラ評価には影響しません。運に頼らずプレイヤースキルを磨いていくことで高難易度クエストの攻略を目指しましょう。

以前は「ラックスキル追加=獣神化が遅れる」という見方がありましたが、ラックスキル追加後に獣神化したキャラも増えています。基本的には今後すべての★6キャラ(超絶・爆絶以外)にラックスキルが付くと考えてよさそうです。

各ランキング

ガチャあたりボタン スペック最強ボタン 降臨キャラボタン ステータスボタン
リセマラボタン 運極ボタン 獣神化予想ボタン かわいさボタン