FGO(Fate/Grand Order、FateGO)の星4(SR)サーヴァント限定の最強ランキングを紹介しています。高難易度クエストの攻略パーティーを編成する際や星4サーヴァントを育成する際の参考にしてください。

水着イベントで登場してほしいサーヴァントは?NEW
水着イベで登場してほしい鯖ランキング(アンケート)

星5サーヴァント限定の最強ランキングこちら
星5サーヴァント最強ランキング

星3サーヴァントのおすすめはこちら
おすすめの星3サーヴァント

星4最強ランキングと設定基準

ランキング設定基準について

ステータス
スキルとカードの噛み合わせ
宝具の使い勝手
他サーヴァントとの相性
概念礼装との相性
コストパフォーマンスの良さ
コメント利用規約

リセマラにおすすめのサーヴァントはこちら
リセマラランキング

星4サーヴァント最強ランキング

更新履歴
5/30 ラーマを9.0→9.5へ変更。
6/14 ナーサリー・ライムを8.5→9.0へ変更。

※同一点数内は開催される修練場クエスト順です。

サーヴァント 評価点数 評価記事
ヘラクレス 10.0 評価記事
フランケンシュタイン 10.0 評価記事
アン・ボニー&メアリー・リード 10.0 評価記事
セイバーオルタ 9.5 評価記事
ラーマ 9.5 評価記事
アルトリア(槍オルタ) 9.5 評価記事
ベオウルフ 9.5 評価記事
両儀式〔アサシン〕 9.5 評価記事
シュヴァリエ 9.0 評価記事
ネロ(赤セイバー) 9.0 評価記事
李書文 9.0 評価記事
ランスロット 9.0 評価記事
タマモキャット 9.0 評価記事
サンタオルタ 9.0 評価記事
エリザベート
(ハロウィンVer)
9.0 評価記事
ナーサリー・ライム 9.0 評価記事
エレナ・ブラヴァツキー 9.0 評価記事
トーマス・エジソン 9.0 評価記事
エミヤ〔アサシン〕 9.0 評価記事
アタランテ 8.5 評価記事
織田信長 8.5 評価記事
エリザベート・バートリー 8.5 評価記事
アイリスフィール〔天の衣〕 8.5 評価記事
カーミラ 8.5 評価記事
セイバーリリィ 8.0 評価記事
マリー 8.0 評価記事
メディア〔リリィ〕 8.0 評価記事
エミヤ 7.5 評価記事
フィン・マックール 7.5 評価記事
ジークフリート 7.0 評価記事
アストルフォ 7.0 評価記事
マルタ 6.5 評価記事
ステンノ 6.0 評価記事

関連ランキング

星5サーヴァント限定の最強ランキングこちら
星5サーヴァント最強ランキング

星3サーヴァントのおすすめはこちら
おすすめの星3サーヴァント

上位サーヴァントの評価とステータス

ヘラクレス

画像 ステータス
s_ヘラクレス HP 10327
ATK 10655
クラス バーサーカー
スキル、宝具の評価
バーサーカークラスの中でも特に長く持ちこたえることができる。火力と継戦能力を高いレベルで両立させており、特にサブメンバーに編成してパーティーの殿を任せると全サーヴァントの中でもトップクラスの生存力を発揮してくれる。
総合評価
絆礼装「雪の城」を装備することにより、星4どころか全サーヴァントの中でもトップクラスの生存力を獲得する。絆礼装を抜きにしてもクラス補正とATKの高さからバスターで殴り続けるだけで安定して火力を出せ、全体宝具のワンパン速度には及ばないものの周回にもある程度の対応はできるため、どんなクエストでも12コスト払って編成する価値はある

ヘラクレスの評価とステータスはこちら
ヘラクレスの評価とステータス

 

フランケンシュタイン

画像 ステータス
s_フランケンシュタイン HP 10687
ATK 9441
クラス バーサーカー
スキル、宝具の評価
クイック属性の全体攻撃宝具を持つサーヴァントの中で最も宝具威力が高い。バフなしで撃ち比べてみるとATKの差を考慮する必要はあるが分かりやすい。素の状態ではタマモキャットのNP効率には及ばないもののスキルによりカバーできる。宝具のデメリットはフランを主力とする場合はスタンを解除するスキルを持ち込むか、マスタースキルのコマンドシャッフルなどでも対応できる。パーティーによって使い分けよう。
総合評価
宝具火力が高い。評価はこの一点に集約される。高難易度クエストやイベントで素材マラソンする際、クラス不問で1バトルを宝具1回で片付けてしまう。NP獲得補助スキルを持つが、ゲージ補助なしで0から宝具を撃つのはさすがに安定しないため、場合によってはフランだけはイベント礼装でなくゲージ補助礼装を装備させてしまっても良い。AP効率より時間効率を重視する場合や、黄金の果実や聖晶石を割りながら周回する際には、手札事故により周回効率が低下する可能性をフラン1人で大幅に下げられる。

フランケンシュタインの評価はこちら
フランケンシュタインの評価とステータス

 

アン・ボニー&メアリー・リード

画像 ステータス
s_アン&メアリー HP 11286
ATK 9029
クラス ライダー
スキル、宝具の評価
もともとの発生率が良くないため、スター発生率アップスキルをやや余らせるが、星集中と攻撃アップスキルが同時に付くなどスキルの扱いやすさは上々。HPが減少するほど威力が上がる宝具を活かせる概念礼装や魔術礼装を選択したい。もともとの火力が高く、前線に立たせておけばボス戦ではいい感じに減らされていることも多いので、目的によっては自己バフだけで間に合うことも多く、火力枠としてコスト以上に扱いやすい。
総合評価
単体相手に火力を出すことが得意。アタッカーとしての性質と星吸収率が高いライダークラスのシナジーが高く、標準クラスに留まるゲージ回収効率を底上げしてくれる。全体攻撃宝具持ちサーヴァントが充実してくると周回では出番が少ないが、30万近いエネミーがボスになることが多くなってきた直近のイベントではボス対策として連れて行くのもあり。

アン・ボニー&メアリー・リードの使い道はこちら
アン・ボニー&メアリー・リードの使い道

 

セイバーオルタ

画像 ステータス
s_セイバーオルタ HP 11589
ATK 10248
クラス セイバー
スキル、宝具の評価
高い攻撃力と宝具の威力が突き抜けた強力なアタッカー。同レベルなら星5の青セイバーよりも火力が出る。セイバークラスなので、バーサーカーより攻略が安定するのもポイント。
総合評価
バスターアップスキルと自身の高い攻撃力が相性が良く、宝具を絡めたバスターチェインブレイブも可能。序章クリア後に聖晶石召喚(ガチャ)に追加されるため、リセマラには向かないのがとても残念。

セイバーオルタの評価とステータスはこちら
セイバーオルタの評価とステータス
 

ラーマ

画像 ステータス
s_ラーマ HP 11993
ATK 9854
クラス セイバー
スキル、宝具の評価
高いクリティカル火力と単体宝具で倒したいサーヴァントを狙い討つことができる。複数の宝具発動を許してしまいそうな場面でも、ガッツ発動者のみが生き残った場合、以降の敵の行動は全てキャンセルされることを活かせばラーマだけは生き残ることも。サブが残っていれば持ち直すことも可能なので全員消えるくらいなら狙おう。
総合評価
チャージタイムが短い「武の祝福」を回すことで複数バトルにまたがって火力を出すことができる。NPゲージにも左右されないため、イベント礼装を装備させても使い勝手がさほど変わらないのも魅力。星生成手段を他で確保する必要があるが、「武の祝福」のスター集中率倍率が高いため星を散らかすことが少なく、最低限の星数でも十分に機能する。

ラーマの評価とステータスはこちら
ラーマの評価とステータス
 

アルトリア・ペンドラゴン(槍オルタ)

画像 ステータス
s_アルトリアペンドラゴン 2 HP 11761
ATK 9968
クラス ランサー
スキル、宝具の評価
青セイバーセイバーオルタらを凌ぐ魔力放出スキルを持ち、倍率こそ低いもののカリスマやクリティカル威力アップスキルまで完備。星4とは思えないほどの攻撃性能を持つ。
総合評価
セイバーオルタのまさしくランサーVerと言える性能。宝具の最大火力こそセイバーオルタにほんの少し劣るが、一点特化型のセイバーオルタに比べて、ほぼ任意でクリティカルを出すことができ、第二の必殺技とも言える超性能スキルでカバーができる。

槍オルタの評価とおすすめ概念礼装はこちら
槍オルタの評価とおすすめ概念礼装

 

ベオウルフ

画像 ステータス
s_ベオウルフ HP 10327
ATK 10247
クラス バーサーカー
スキル、宝具の評価
宝具の超火力がウリの必殺兵器。自己バフ効果がATKと宝具威力アップのため、アニバーサリー・ブロンドで火力をアップさせた際の瞬間火力は星4どころか全サーヴァントの中でもトップクラス。直感による星出しとアニバーサリーの星出し、殴って発生した分も合わせれば合計で40個程度獲得できることもあるため、バーサーカーのクリティカルを狙いやすいのもポイント。
総合評価
宝具強化後は星5に匹敵する火力を出せる単体必中宝具(実際は殴る)を持っていることから、ゲージ補助礼装を持たせてサブに編成しておくと特に心強いサーヴァント。ガッツスキルを持っているものの、継戦能力は低く、自分でゲージを溜めることも苦手のため、介護に割くコストや手間は多め。

ベオウルフの評価とおすすめ概念礼装はこちら
ベオウルフの評価とおすすめ概念礼装

 

両儀式〔アサシン〕

画像 ステータス
s_アサシン式 HP 11055
ATK 8867
クラス アサシン
スキル、宝具の評価
即死耐性ダウンからの即死宝具の流れが光るが、サーヴァントやデーモン、ドラゴンなど即死させたいエネミーに対し、殺式単体では成功率が今一つなのが難点。フレンドにも殺式を設定したり、剣式を同時編成することで即死成功率を上げられるが、そこまでお膳立てしてまで即死が有効となるクエストが存在しない。今後実装が告知されている高難易度イベントで輝く時がくるかもしれないので、今すぐに上げる必要は全くないが、”直死の魔眼”用のスキル強化素材は確保しておいて損はない。
総合評価
即死宝具は育成が完了していない序盤では戦術の一つ足り得るが、サーヴァントが育ち切ると有用性は下がる。沖田総司と並ぶ星生成能力、火力をカバーする単独行動、宝具強化バフ、NP即時チャージに回避スキル持ちと、優秀な点を取り上げればキリがないほど。ただし、星4の存在意義としてヘラクレスのような力尽きるまで暴れられるだけ暴れるということが得意ではなく、長く前線に立ってこそ真価を発揮するタイプで、星5鯖を揃えたパーティーの中に一芸特化として組み込むにはやや物足りない。

両儀式の評価とおすすめ概念礼装はこちら
両儀式の評価とおすすめ概念礼装

シュヴァリエ・デオン

画像 ステータス
s_シュヴァリエ HP 13256
ATK 8765
クラス セイバー
スキル、宝具の評価
初期スキルの性能が優秀で序盤から粘り強く戦える。霊基再臨を3段階する必要があるが、保有スキル3の挑発スキルと組み合わせることにより盾役として最後まで活躍することが可能。宝具で攻撃できない点がやや扱い辛いが、防御用と割り切れば全く使い道がないということもない。
総合評価
早い段階からステータスが伸びる早熟タイプのサーヴァント。流石にクラス相性を無視できるほどではないが、序盤では倒されにくいサーヴァントの一人。スキル、宝具共に防御寄りの性能だがセイバークラスのためステータスに恵まれており、攻撃に参加しても足を引っ張りにくい点も優秀。

シュヴァリエの評価とステータスはこちら
シュヴァリエの評価とステータス

 

ネロ・クラウディウス(赤セイバー)

画像 ステータス
s_赤セイバー HP 11753
ATK 9449
クラス セイバー
スキル、宝具の評価
スキルは攻防両面バフとHP回復、ガッツ3回付与と優れた構成。宝具は防御ダウン付きなのでバトル中宝具チェインをするときは一番初めに選ぶと効果的。
総合評価
他の星4と比べると平均的な能力になり、可もなく不可もなくといったサーヴァントになります。アーツ宝具なので玉藻の前とは相性がよく、編成次第では強力なダメージソースになることも。

ネロ(赤セイバー)の評価とおすすめ概念礼装はこちら
ネロの評価とおすすめ概念礼装

 

李書文

画像 ステータス
s_李書文 HP 11360
ATK 9653
クラス ランサー
スキル、宝具の評価
攻守ともに非常に優れたスキル構成で隙がないように見える書文ですが、クリティカル威力アップを活かすためにはスター集中を切りたいところ。そうすると回避付与も一緒に発動してしまうことがネックです。優秀なスキル群ですが、スキル使用タイミングに悩むことになるでしょう。宝具もデメリットは無いためどんどん使っていきたいところです。オーバーチャージは確率即死に乗るため、宝具を絡めたブレイブチェインの方が安定するかと思われます。
総合評価
スキルの威力を最大限発揮するためには星を出せるキャラクターとセットで運用することが望ましいですが、アーツ強化も踏まえてアーツパでも戦っていけるサーヴァント。工夫次第で様々なパーティに組み込むことのできる万能性があり、無敵貫通と必中を併せ持つため耐久型の敵にも安定して攻撃を押し付けることができます。星を供給できるなら、特に攻撃的な性能を発揮してくれることでしょう。

李書文の評価とおすすめ概念礼装はこちら
李書文の評価とおすすめ概念礼装

 

ランスロット

画像 ステータス
s_ランスロット HP 10327
ATK 10477
クラス バーサーカー
スキル、宝具の評価
特攻付きの全体攻撃を放てる宝具が非常に強力。自身の攻撃力をアップさせる効果も併せ持つなど、宝具使用後も高い殲滅力を維持できるが、宝具の属性がクイックであるため、他バーサーカーのようにバスターチェインに組み込むことは出来ない。天地人三すくみの調整(修正)により、宝具レベルが低いと高速周回に使いづらくなった。
総合評価
スターを集中させた状態での殲滅力は星5を含めてもトップクラス。ただし、ヘラクレスと違い防御スキルを持たないため、より慎重に守る必要がある。

ランスロットの評価とステータスはこちら
ランスロットの評価とステータス

 

タマモキャット

画像 ステータス
s_タマモキャット HP 11458
ATK 9026
クラス バーサーカー
スキル、宝具の評価
ランスロットと同じく特効付きの全体攻撃である宝具が非常に強力。ランスロットと違い、スタン状態になってしまうのが難点だが、マルタマリーといった弱体解除スキルを持つサーヴァントと同時に編成することでデメリットをほぼ無くすことが可能。
総合評価
高い火力と全体攻撃を持つ宝具からアタッカーとしてとても優秀。攻撃力はバーサーカーの中では控えめだが特効が付くため気にならない程度。

タマモキャットの評価とステータスはこちら
タマモキャットの評価とステータス

 

サンタオルタ

画像 ステータス
s_オルタセイントグラフ HP 11286
ATK 9528
クラス ライダー
スキル、宝具の評価
セイバーアルトリア組と比べてランクが1段階落ちたものの、バスターカードの倍率を大きく上げられる魔力放出を持っているため非常に火力が出しやすいサーヴァント。宝具、スキルレベル最大時は本家に分があるが、確実に宝具レベルを最大にできるのは大きな魅力。また任意の味方のHPを大回復できるので、主力を長持ちさせたい時にとても便利なので、魔力放出共々スキルレベルを上げる有用性が高い。
総合評価
イベント入手サーヴァント第3弾。宝具、スキル、ステータスいずれも高水準で、生存力こそマリーに及ばないが同じ星4のライダーと比較しても戦力としての有用性が頭一つ抜けている。

サンタオルタの評価とステータスはこちら
サンタオルタの評価とステータス

 

ハロウィンエリザベート

画像 ステータス
s_ハロウィンエリザベート HP 11404
ATK 8616
クラス キャスター
スキル、宝具の評価
スター獲得状態を付与させながら戦えるため、ジャンヌ・ダルク等と一緒にアーツパを組むと手堅いパーティーが組める。ジャンヌオルタの竜の魔女の対象サーヴァントだが、全体宝具ということとクラス補正、低ステータスということもあり9.5に上がるにはやや火力が物足りない。
総合評価
スキル、クラススキル、コマンドカードが素晴らしくかみ合い、ガッツスキルなど延命手段にも長ける万能サーヴァント。カレイドスコープに頼らなくとも宝具をを撃つことができ、そのまま火力ソースとなってしまう使い勝手の良さは配布サーヴァントの域を遥かに超えており、全てのプレイヤーの味方となってくれる。

ハロウィンエリザベートの評価とステータス
ハロウィンエリザベートの評価とステータス

 

ナーサリー・ライム

画像 ステータス
s_ナーサリー HP 11882
ATK 8629
クラス キャスター
スキル、宝具の評価
“自己改造”が非常に強力なキャスターです。クリティカルをしなければならないため、星を生成できるパーティに組みこみたいところです。星を獲得することができれば、キャスターとは思えない攻撃性能を発揮できるサーヴァントといえるでしょう。ダメージを効果的に抑える高ランクの”変化”と合わせて、その容姿とは裏腹に殴り合いに長けています。クリティカルすればNP獲得量も増えることを考えると、NP獲得を行なう”一方その頃…”よりも“自己改造”を主軸に上げていきたいところです。宝具の防御力ダウンとクリティカルをあわせればより高いダメージを叩き出すことができます。幸か不幸か、オーバーチャージ効果は乗らないため積極的にブレイブチェインを狙っていきましょう。
総合評価
非常に攻撃性能に長けたキャスターです。星を集めて戦うならばクリティカルパーティのような状態であるほうが輝くでしょうが、アーツパであれば“無辜の怪物”を持ったサーヴァントと共に編成するのがいいでしょう。回復宝具を持つサーヴァントには負けますが自衛力は高い方で、キャスターの攻撃役として適任といえるサーヴァントです。

ナーサリー・ライムの評価とステータスはこちら
ナーサリー・ライムの評価とステータス

 

エレナ・ブラヴァツキー

画像 ステータス
s_エレナ HP 11882
ATK 8629
クラス キャスター
スキル、宝具の評価
味方全体のNPを増やすことができる、という点で孔明のような役割を期待されているサーヴァント。クイックは一枚ながらも星の生成数は多く、マハトマによるスター獲得状態も含めて多くの星を供給してくれる見込みがあります。三種のカード性能をアップさせる”未知への探求”は、効果は低いもののどのようなサーヴァントとも組み合わせることができる上、持続ターンが長いため腐ることがありません。宝具のオーバーチャージ係数は高いようですので、弱体付与を狙いに行きたいときは積極的に狙っていくといいでしょう。
総合評価
“魔力同調”と”未知への探求”のおかげで、どんなパーティでも一定の支援を行なうことができるサーヴァント。コンセプトが定まっているプレイヤーにはやや見劣りするかもしれませんが、シナジーパーツが揃っていないプレイヤーには非常に嬉しいキャラクターでしょう。全体NP獲得と絡めて宝具で畳み掛けることを得意としていますが、自衛力は無くスキルのCTも長いため、どちらかと言えば短期決戦向けといえるでしょう。

エレナ・ブラヴァツキーの評価とステータスはこちら
エレナ・ブラヴァツキーの評価とステータス

 

トーマス・エジソン

画像 ステータス
s_エジソン HP 11882
ATK 7952
クラス キャスター
スキル、宝具の評価
初のオーバーチャージの段階アップスキルを保有するサーヴァント、というだけで大きな強みを持つサーヴァント。500%状態の宝具を発動させるための、唯一現実的な手段といえるでしょう。オーバーチャージによって強力な効果を望めるサーヴァントと噛み合った段階で、その強さを実感できるはずです。その他も癖のない使いやすいスキルが揃っているため、低いAtkを除けばきちんと役に立ってくれることでしょう。宝具の効果は宝具封印、スキル封印、そしてクリティカル発生率低下。つまり敵は通常攻撃しかできず、なおかつクリティカル確率も下がっているので、敵の行動に起因する事故を抑制することができます。ダメージ管理に役立ち、戦略に沿った動きをしやすくなることでしょう。
総合評価
天才の名に恥じないユニークなスキルを持ち合わせたサーヴァントです。良くも悪くも概念改良が最大の個性で、これを活かせるパーティであるかどうかが肝となってくることでしょう。唯一無二、他のサーヴァントでは代用できない強みのため、ぴんときた方は是非引きたいほどの魅力があります。Atkは低い上キャスターではスター発生を活かしにくいため、彼をアタッカーとすることは難しいことを念頭においてパーティを編成したいところです。

トーマス・エジソンの評価とステータスはこちら
トーマス・エジソンの評価とステータス
 

エミヤ〔アサシン〕

画像 ステータス
s_エミヤアサシン HP 11168
ATK 8958
クラス アサシン
サーヴァント評価
全サーヴァント随一の星だし性能を持ち、バスターでも星を生み出せるのが大きな強み。また、任意対象を囮にできるスケープゴートの使い勝手が抜群で全体攻撃以外であれば回避や無敵スキル持ちに使うことでパーティー全員を守ることができる。倍率は控えめながらも宝具に合わせてバフを撃つこともできるなど火力も及第点。
ランキング総評
NP効率が劣悪。9.0の評価理由はこの1点に尽きると言っても過言ではない。星をだしてクリティカルでアーツを回してもエミヤのカードを引けないと100%ためるのも苦しい。また、スケープゴートは全体宝具に対しては生存力アップの恩恵を受けられず、星だしスキルとなってしまうことからも、NPチャージスキルを持つ両儀式とは評価に差をつけた。

エミヤ〔アサシン〕の評価はこちら
エミヤ〔アサシン〕の評価
 

アタランテ

画像 ステータス
s_アタランテ HP 12476
ATK 8633
クラス アーチャー
スキル、宝具の評価
新サーヴァントの追加、クイックカード上方修正により、クリティカルスターの需要が高まった環境に適した能力を持つサーヴァント。特に味方全体のクイックカードを強化できる”アルカディア越え”は唯一無二といえるほど強力なスキルとなった。
総合評価
クイックカードの上方修正により、アーツカードの性能の低さをクリティカルで補うことができるようになった可能性(確率)の塊。クラススキルに単独行動を持つため、スターさえあれば恒常的に高火力が出せる。また、アルカディア越えと相性の良いサーヴァントが次々と実装されていることも追い風となっており、場合によっては星5でパーティーを固めるよりも強いまである希少なサーヴァントの一人

アタランテの評価と使い道はこちら
アタランテの評価と使い道

織田信長

画像 ステータス
s_織田信長 HP 11637
ATK 9494
クラス アーチャー
スキル、宝具の評価
継続ターンが長いスキルを揃えるが、その分スキルだけで目を見張る効果は得られにくい。NPゲージを稼ぐことは得意で、全体攻撃、且つ騎乗クラス持ちへの特攻という優秀な宝具でトドメを刺す流れに持っていけると強さを感じるサーヴァント。
総合評価
クリティカル攻撃アップや神性特攻などハマれば強いスキルを持つが、どちらも信長単体で活かし切れるほどの性能は持っていないので、フレンドや三人目のサーヴァントとの組み合わせが重要。バスターとエクストラのヒット数が多く、クイック始動でブレイブチェインを組めば平均以上の星を生成することが可能。ハロウィンエリザベートのような至れり尽くせりではないが、騎乗スキル持ちに対しては滅法強いというアイデンティティを持つ。

織田信長の評価とステータスはこちら
織田信長の評価とステータス

 

エリザベート・バートリー

画像 ステータス
s_槍エリザベート HP 11870
ATK 9122
クラス ランサー
スキル、宝具の評価
スキル構成が優秀で、ランサーながら陣地作成スキルを持つなどアーツカード自体は1枚ながらNP回収効率は悪くない。宝具の威力がやや低いが、雑魚散らしには十分で槍オルタの代役や、対アーチャー戦では同時編成も強力。
総合評価
ジャンヌオルタ竜の魔女のバフ対象となったことで火力不足は多少改善された(同時編成する必要はあるが)。槍オルタの存在がチラつくとはいえ、最も手に入れやすい高レアランサーという地位は変わっていないので、クーフーリンと合わせて対アーチャー対策用に優先的に育てていける。

エリザベートの評価とおすすめ概念礼装はこちら
エリザベートの評価とおすすめ概念礼装

 

アイリスフィール〔天の衣〕

画像 ステータス
s_アイリスフィール HP 12476
ATK 8237
クラス キャスター
サーヴァント評価
味方全体にガッツを付与できる破格の宝具を持つ。ガッツ付与効果を持つ礼装や、戦闘続行などとのブッキングはなるべく避けたい。が、宝具を撃たれてしまいそうな時は迷わず撃って構わないだろう。HP回復手段もメディアリリィほどではないが豊富に所持しており、ヒーラーとして十分に機能するのもポイント。
ランキング総評
ヒーラーとして味方を回復させながら、敵宝具をガッツ付与で凌げるが非常に強力。特に回避や無敵がスカされる可能性もある、黄金律など敵のゲージチャージスキル使用によるターン終わり(3回行動目)の宝具をケアできる点が非常に大きい。無敵による緊急回避も長期戦になりやすい性能と噛み合う。ただし、NP効率が並で、メディアリリィのようにNPゲージチャージスキルも持っていないので、最大開放したカレイドスコープや、最初から前線に立たせておいたり、オーダーチェンジで保険として前もって呼び出しておく必要がある。前者は編成コストが、後者はパーティー火力や貴重なチェンジ枠を消費してしまうので、強力ではあるものの、ガッツ発動後はパーティーが半壊、追撃で落ちる可能性も考慮すると、どうしても宝具を撃たせる前に倒せない場合に使用する程度にとどめておきたい。

アイリスフィール〔天の衣〕の評価はこちら
アイリスフィール〔天の衣〕の評価
 

カーミラ

画像 ステータス
s_カーミラ HP 10473
ATK 9408
クラス アサシン
スキル、宝具の評価
二つしか持たないものの、敵のチャージを減らしながら自身のゲージチャージできる吸血が使いやすい。宝具の追加効果で3ターン継続する攻撃力バフを持っているため、宝具発動の次ターンにカーミラのクイック、アーツカードが合計3枚以上ある場合は、バフ中の宝具再発動を狙い、星5サーヴァントのゲージ回収を止めてでもカーミラのブレイブチェインを狙うのも手。
総合評価
星生成量はアサシンの中では控えめなものの、クイックカードでのゲージ回収効率が高く宝具の複数回発動が現実的となっている。通常時の主力がクイック、宝具がバスターとなっているので、概念礼装で火力を補強する際は注意が必要。

カーミラの評価とおすすめ概念礼装はこちら
カーミラの評価とおすすめ概念礼装

セイバーリリィ

画像 ステータス
s_セイバーリリィ HP 10623
ATK 7726
クラス セイバー
スキル、宝具の評価
スキル・宝具ともに優秀であり、印象としてはカリスマを抜いたかわりにNP獲得量上昇を追加したアルトリア。直感のランクがひとつ落ちていることを除けば非常に手堅いスキル構成であり、魔力放出のおかげで同Atk帯での火力であれば非常に高い位置を保つことのできる良構成といえるでしょう。とはいえ、”花の旅路”はユニークスキルではあるものの性能自体はそれほど高くありません。あくまでもカリスマと互換的なスキルであると思っておきましょう。セイバーウォーズイベントにおいて宝具レベル5に出来た人も多いでしょうが、魔力放出持ちの全体宝具は増えてきていますので、需要としては高いとはいえません。
総合評価
スキル・宝具ともに優秀な彼女ですが、反面、先行配布の性か基本ステータスがダントツで低いことがネックです。星4というよりは星3に近い性能であり、魔力放出の有用性を含めてようやく、といった感じです。全体で見れば悪くはない性能をしていますが、ステータス比で見た場合のコストが重いため印象としては星3.5という印象が拭えません。モーションあたりのNP獲得量などはアルトリアと変わりませんので、お試し版といった感じでしょう。

セイバーリリィの評価とステータスはこちら
セイバーリリィの評価とステータス

 

マリー・アントワネット

画像 ステータス
s_マリー HP 12348
ATK 8293
クラス ライダー
スキル、宝具の評価
霊基再臨1段階後のスキルが3回攻撃を受けるまで無敵と非常に強力。タマモキャットジャンヌなどの宝具のデメリットを消してくれるためそれらのサーヴァントと組むと特に強力。ランスロットほどではないが宝具のスター発生率がそこそこ高く、自身のクイックカード2枚を使用した”クイックブレイブチェイン”を組めば、一人でスターを30個以上生成することも可能
総合評価
保有スキルと宝具の弱体解除効果によりジャンヌダルクなどと組ませるととても粘り強く戦うことができる。ハロウィン・アレンジメントを装備させサブメンバーに編成することで、単体宝具を一人で防ぎきる荒業もタイミングさえ合えば可能。クリティカルスターをアタッカーに吸わせることが重要になってきた昨今の戦闘事情から、スター吸収率の高さがほんの少し勿体ない。

マリーの評価とステータスはこちら
マリーの評価とステータス

 

メディア〔リリィ〕

画像 ステータス
s_メディアリリィ HP 13070
ATK 7766
クラス キャスター
スキル、宝具の評価
宝具レベルが上がる毎に回復量上昇するため、役割を考えるとピックアップ時に狙うのもアリ。チャージタイムを考えると全てのスキルを上げておくことが望ましいが、”高速神言”はスキルレベル4で100チャージを超えるため、カンストさせるのは”うたかたの恋”か”耐毒”からがおすすめ。
総合評価
圧倒的な回復力を持つHP回復スキルを持ち、FGOで非常に珍しい(というか唯一)ヒーラーという役割を持ちます。スキルレベルをあげることにより宝具の連射が容易。コマンドカードのヒット数が多いため、星生成やアーツチェイン目的で参加はする分には悪目立ちすることはない。概念礼装のコストを抑えても強みが失われないため、回復が必要になるまでサブに置くことを考えればアーツパだけでなく、全てのパーティーで採用が考えられる。

メディアリリィの評価とステータスはこちら
メディアリリィの評価とステータス

 

エミヤ

画像 ステータス
s_エミヤ HP 11521
ATK 9398
クラス アーチャー
スキル、宝具の評価
1T回避&防御力上昇、スター発生率上昇、アーツ性能アップと実にバランスの取れた堅実なサーヴァント。しかし致命的なことは自身の宝具がバスター属性であるということです。つまりせっかくのカード性能アップも活用しきれるわけではなく、どうしても残念な印象になってしまいがちです。また、アーツ枚数が多いために千里眼を活かしづらいこともネックで、スキル構成が噛み合っていない点が気になってしまうでしょう。しかしながら、アーツ強化によりNPと火力を強化しながらアーツブレイブを回していくなどしてNP回転効率を高めることはできるため魔術はまったくの無駄とも言えず、また回避・防御上昇の心眼(真)は非常に優秀なスキルでもあります。手堅くまとまっていることには間違いなく、決して弱くはないため、千里眼は宝具に絡めるなど工夫を凝らしていきたいサーヴァントでしょう。
総合評価
アーツ三枚持ちであるという点からも、アーツパに組み込めるアーチャーとして注目されているサーヴァント。魔術と宝具のかみ合わせは残念ですが、手堅くまとまったスキル構成はさすが万能な弓兵といったところでしょう。死にがちな千里眼も宝具と合わせることで高効率を狙え、残念なサーヴァント、というよりは”惜しいサーヴァント”というのが適切か。現状でも役割が無いわけではありませんので悲観する必要はないかと思われます。

エミヤの評価とステータスはこちら
エミヤの評価とステータス

 

フィン・マックール

画像 ステータス
s_フィン HP 12750
ATK 8930
クラス ランサー
スキル、宝具の評価
宝具とアーツアップはよく噛み合っているものの、モーションヒット数の関係で千里眼を活かし辛い。女難の美も確率に依存するためスキル上げしてからが本番といったスキル。自己完結するには少々物足りないため、仲間による補填がほしいところでしょう。特にNP効率はよろしくないため礼装などによるフォローは必須。
総合評価
決して弱くはないですが、その強みを体感するためにはスキル上げは必要です。貴重な槍アタッカー枠であり育てる価値は十分にあります。相手の攻撃を引き付けつつ無効化することができるのは強みでもあり、NPを貯めるための手段でしょう。

フィンの評価とステータスはこちら
フィンの評価とステータス

 

ジークフリート

画像 ステータス
s_ジークフリート HP 14165
ATK 8181
クラス セイバー
スキル、宝具の評価
HPが高く、回復スキルを持つものの、低いATKを補う手段が竜特攻だけでは戦力になり続けるのは難しい。ジャンヌオルタの持つスキル、竜の魔女のバフ対象であることを含めても、同じセイバークラスで魔力放出持ちのセイバーリリィがいる(しかも竜の魔女対象)ため、やはり竜特攻以外で活躍することは難しい。
総合評価
マラソンイベントに頻繁に出現する大型ドラゴンとスキル一つで渡り合える。しかしATKの低さから防御はともかく攻撃に関してはクラス相性有利サーヴァントを連れて行ったほうが良い。竜殺しの回転率は良好だが、大型ドラゴンが2バトル連続で出現したクエストは存在しないので強みとは言い難い。クラス相性有利で染めるとイベント礼装に無理が生じる場合の選択肢として有用。

ジークフリートの評価とステータスはこちら
ジークフリートの評価とステータス

 

アストルフォ

画像 ステータス
s_アストルフォ HP 11172
ATK 8937
クラス ライダー
スキル、宝具の評価
不確実なものが多いがいずれも優秀と言えるスキルが並ぶ。宝具も火力はともかく規定回数回避が付いている点は破格と言える優秀さ。怪力のバフ値がやや低いものの、スキル構成だけで言えば上位陣と全く遜色ない。
総合評価
優秀なスキルに宝具、高ランク騎乗スキル持ちでクイックカード3枚持ちと、パラメーターから窺える性能は非常に優秀なものの、クイックカードの星生成性能、アーツカード含めたNP獲得量が劣悪で、アストルフォの強み全てを台無しにしてしまうほど。攻撃性能は強力な部類なので、ライダークラスのアタッカーとして運用する分には悪くない戦果をもたらしてくれる。パーティーの華としてアストルフォを活かすようなパーティー編成が望ましい。

アストルフォの評価とステータスはこちら
アストルフォの評価とステータス

 

マルタ

画像 ステータス
マルタ HP 13068
ATK 8014
クラス ライダー
スキル、宝具の評価
高いHPと二つの回復スキルを持つため一定の耐久力を持つ。ただし、エネミーの火力が上昇してくる推奨レベル60以上では焼け石に水程度にしかならないことも多い。アーツカード3枚持ちで星吸収率が高いため、アーツカードでクリティカルを出せれば一気にゲージを回収することもできる。ATK値の低さから火力そのものは低いものの、優秀な防御デバフが付いているのでパーティー火力の底上げに重宝するため、ゲージを溜める有用性は高め。アーツカード3枚持ちゆえに味方をアーツチェインに巻き込みやすく、サポート兼サブアタッカーとしての扱いやすさは上々。
総合評価
ATKが低く自己バフも持たないため、アタッカーには不向きだが、サポート要員として起用しようとしても星吸収率の高さが災いしてパーティーに組み込みにくい。結果として全体的に中途半端な性能にまとまってしまっているが、宝具自体は優秀な全体宝具なので今後のスキル追加、宝具強化クエスト実装次第で再び輝くことも十分にあり得る。

マルタの評価とステータスはこちら
マルタの評価とステータス
 

ステンノ

画像 ステータス
s_ステンノ HP 11518
ATK 8985
クラス アサシン
スキル、宝具の評価
保有スキルは二つしか持っていないものの、吸血はいわずもがな、魅了スキルもランクが高いためメイヴよりも安定して決まるため使い勝手は中々。また、NP効率が非常に高く、AQQEXでクリティカルやオーバーキルなしでも67%回収できる。吸血などを合わせれば宝具を連発することも可能なほど。気配遮断スキルのランクも高いが星出し性能は標準よりやや上程度で、アサシンの中では低い部類。クラススキルによりデバフに対しては全サーヴァントの中でも屈指の抵抗力を持つ。
総合評価
星出し性能こそアサシンとしては物足りないものの、非常に高いNP回収効率や、男性限定ではあるものの高い成功率を持つ魅了スキルなど基本性能は優秀。しかし、ゲージを溜めるまでは良いが、宝具が男性相手にしかほぼ機能しないのが大きな向かい風となっている。即死を狙うならば同じ星4アサシンの両儀式〔アサシン〕のほうが成功率、使い勝手、即死を外した時の総ダメージなど後状況がほとんど良いのも悩ましい。

ステンノの評価とステータスはこちら
ステンノの評価とステータス

星4最強ランキングについて

ランキングやランキングの設定基準が違うと思われた場合は、理由や実際の使用感などを添えてコメントやツイッターにご意見いただけると助かります
FGO攻略ライター募集中(在宅ワーク可)
AppMediaゲームライター募集要項
 

FGO攻略情報

星5サーヴァント限定の最強ランキングこちら
星5サーヴァント最強ランキング

リセマラにおすすめのサーヴァント
リセマラランキング