聖杯戦線-2-2

FGOの「影の国の舞闘会(スカサハ祭り/影の国の舞踏会)」の「聖杯戦線」についてご紹介している記事です。影の戦線クエスト一覧や攻略のポイント、開放日程や報酬の紹介していますので、Fate/Grand Order(フェイトグランドオーダー)を攻略をする際にぜひお役立てください。

聖杯戦線リンク
カーミラ戦線1「開幕戦」 哪吒戦線2「急がば回れ」
ジャンヌ戦線3「お宝大作戦」 呪腕のハサン戦線4「死の足音」
カルナ戦線5「狭撃戦術」 源頼光戦線6「狂乱の宴」
アストルフォ戦線7「終幕戦」 -

「影の国の舞闘会」の攻略とクエスト一覧

聖杯戦線の攻略クエスト一覧

聖杯戦線日程・報酬一覧

クエ/日程 報酬
スクリーンショット_2020-09-18_19_00_10
「開幕戦」
呼符×1、聖杯の雫×1、黒獣脂黒獣脂×5、戦士の名札名札×300
スクリーンショット_2020-09-18_19_00_10
「急がば回れ」
呼符×1、聖杯の雫×1、混沌の爪混沌の爪×5、戦士の名札名札×400
スクリーンショット_2020-09-18_19_00_10
「お宝大作戦」
呼符×1、聖杯の雫×1、悠久の実悠久の実×5、戦士の名札名札×500
スクリーンショット_2020-09-18_19_00_10
「死の足音」
呼符×1、聖杯の雫×1、精霊根精霊根×5、戦士の名札名札×600
スクリーンショット_2020-09-18_19_00_10
「狭撃戦術」
呼符×1、聖杯の雫×1、智慧のスカラベ智慧のスカラベ×5、戦士の名札名札×600
スクリーンショット_2020-09-18_19_00_10
「狂乱の宴」
呼符×1、聖杯の雫×1、竜の逆鱗竜の逆鱗×5、戦士の名札名札×600
スクリーンショット_2020-09-18_19_00_10
「終幕戦」
呼符×1、聖杯の雫×1、真理の卵真理の卵×5、戦士の名札名札×600

聖杯戦線の攻略ポイント

敵マスター撃破orサーヴァント全撃破でクリア

スクリーンショット 2020-09-18 22.48.11

聖杯戦線の勝利条件は敵マスター撃破か敵サーヴァントを全撃破。

サーヴァントを全て倒すのが最善の策ではないので、それぞれのクエストに適した戦い方をするのがおすすめ。

行動に必要な行動力を把握する

行動 必要行動力
1マス移動 5
位置の入れ替え 10
攻撃 10

クエストによって指定されているのか不明だが、1ターンの行動力には制限があるため、自分がそのターン何ができるのかを把握するのが重要になる。

開幕戦の行動力は25なので、マスの移動は最大5マス、攻撃は最大2回行えるということになる。

バフを獲得できるマスが追加

種類 効果
ムービー収録-4
攻撃アイコン
攻撃力50%アップ(1T)
ムービー収録-3
カードアイコン
カード性能50%アップ(1T)
ムービー収録-2
NPアイコン
NP100%チャージ(orチャージ+5)
影の戦線_スターアイコン
スターアイコン
スター20個獲得(クリティカル発生率50%アップ/1T)
ムービー収録
防御アイコン
防御力50%アップ(1T)
ムービー収録
ガッツアイコン
ガッツ付与(1回・1000回復)
影の戦線_回避アイコン
回避アイコン
回避付与(1T)
ムービー収録-2無敵アイコン 無敵付与(1T)

3戦目のお宝大作戦以降はマスにスキルアイコンが置かれていて、そのマスを通ると各種効果を受けられる。敵のサーヴァントが踏んでも発動するため、無敵や回避などは自身のサーヴァントで踏んでいきたい。

スキルCTやバフの消費タイミングを覚えよう

マーリン幻術ターン消化せず

防御バフは敵の攻撃ターン終了時に消費

防御系バフは敵の攻撃ターン終了時に消費される。ちなみにターン制の無敵を付与したターンに、敵に行動させず倒し切ってしまえば無敵は消費せず次の戦闘まで持ち越しとなるので覚えておこう。防御系は主に防御アップ・無敵・回避・ガッツが該当する。

仮にこちらから攻撃を仕掛け続け、すべて1ターンで倒しきることができれば防御系バフは常に残ることになる。もちろん敵からの先制攻撃を仕掛けられると消費されるので勘違いしないように。

攻撃バフは味方の攻撃終了時に消費

攻撃系バフは自身の攻撃ターンが終了すること消費される。(上の画像だと、ターン終了時に英雄作成のクリ威力バフが消滅していることからわかる)

こちらはいつもと変わらないためあまり考えなくて良い。

戦闘でのCT短縮は2パターン

攻撃仕掛ける側 処理
マスター
自身
・戦闘終了時に1進む。
スクリーンショット_2020-09-18_19_00_10
・敵の攻撃後にこちら側のターンが回ってくれば1進む。

上記の通り、こちらから仕掛ける場合と敵側から仕掛けられた場合で若干CTの進行が異なるようだ。(検証中)

戦線ターン終了でもCTが1溜まる

敵の行動が終わり「戦線ターン」がこちら側に返ってくることでもCTが1進む。

また、アタッカーを先に全て倒すと敵の行動が完全に止まることがあるため、その場合は「戦線ターン終了を繰り返すだけでCTを全回復」できる状態も作り出せるので、戦術の一つとして覚えておこう。

フレンドの力を借りることができない

gateway

聖杯戦線はフレンドからサーヴァントを借りて挑むことができない。全ての戦力を自前で揃えなければならないため、必要なクラスのサーヴァントの育成が行き届いていない場合は、ボックスガチャでサーヴァントのレベル上げだけでも終えておくのがおすすめ。

単騎で強いサーヴァントを使う

オジマンディアス

移動コスト的に常にサーヴァント同士を隣接させて動くのは厳しい。単騎でもHPを維持しやすいサーヴァントを使って戦闘するのがおすすめ。

ブレイクでHPが回復する仕様的に、ステータスの高い高レアサーヴァントほど強いと言えるだろう。

コストが限られているので概念礼装はいらない

編成コストがかなり限られているので、概念礼装は装備してコストを埋めるくらいなら、高レアサーヴァントを複数編成する方が強力なパーティになる。無理に概念礼装を装備しようとするのはおすすめしない。

隣接すれば単騎以外でも戦えるが・・・

味方と隣接することで単騎以外でも戦闘を行えるが、狙ったカードが引けないなどのデメリットの方が大きいため、積極的に狙う必要はない。

耐久系スキルを持つサーヴァントがおすすめ

クーフーリンオルタ_アイキャッチ

今回のクエストは敵を撃破する能力はもちろんだが、いかに撃破されないかというのも大切になってくる。回数回避やガッツといった耐久手段を持つサーヴァントが有用なので積極的に編成するようにしたい。

自分でHPを回復するスキルを持っているサーヴァントも強力なので、自前のサーヴァントのスキルを把握して挑みたい。

聖杯戦線で有用な効果
回避無敵回避 ガッツガッツ 防御アップ防御カット 回復回復

同じ色のカードを3枚持っているサーヴァントが強い

コマンドカード

基本的に単騎で戦うことになるため、同色を3枚所持しているサーヴァントは確実に色チェインの恩恵を受けることができる。合わせて同色チェインのブレイブチェインはEXアタックにボーナスが乗るため、同じ色のカードを3枚持っているサーヴァントのアドバンテージは凄まじいものがある。

同じような育成度合いなら特定の色のカードを3枚所持しているサーヴァントを選ぶのがおすすめ。

マスター礼装はアトラス院がおすすめ

アトラス院

サーヴァントのスキルCTを短縮できるアトラス院がおすすめ。主力となるアタッカーのスキルのCTを短縮させよう。

敵の先制攻撃に注意

敵サーヴァントが攻撃を仕掛けて来ると、先制攻撃が発生する。防御系のスキルを使うことができず、一方的に攻撃を受けることになるので、敵サーヴァントと隣接するマスにサーヴァントを配置する場合は攻撃される危険性があると考えておこう。

FGO攻略 関連リンク

FGO攻略 関連リンク
FGO攻略wikiトップページへ
星5最強-min星5ランキング 星4最強-min星4ランキング
お役立ち情報
霊基再臨素材-min素材ドロップ効率まとめ ストーリー&フリクエ報酬-minストーリー攻略まとめへ

影の国の舞闘会

影の国の舞闘会
影の国の舞闘会攻略
スカサハ祭イベント攻略まとめ 聖杯の雫聖杯戦線攻略
戦士の名札ボックスガチャは何箱開ける? クーフーリン英雄級と伝説級どっちを周回?
メディア伝説級の周回編成例 水着ジャンヌ英雄級の周回編成例
おすすめフリクエ
カイニス伝説級の敵編成 マスターミッション伝説級周回編成掲示板
オルタニキ英雄級の敵編成 マスターミッション英雄級周回編成掲示板
影の国の舞闘会の詳細はこちら
おすすめゲームランキング