FGO(FateGO)で第二部Lostbelt(ロストベルト)No.3紅の月下美人”人智統合真国シン”のintroで登場した新登場人物、新たな伏線などを考察しています。今後のストーリーを楽しむ参考になれば幸いです!

3章人智統合真国 SINまとめはこちら

登場人物についての考察

シオン

ムービー収録-2

アトラス院の魔術師シオンが登場。新たな拠点として、彷徨海の一部を提供した。事前にこの状況を察知していた様子で、彷徨海が安全とわかった上でカルデアを待っていた。

シオンの考察はこちら

キャプテン

FGO_キャプテン

シオンが召喚したサーヴァントで幻霊。様々な要素がより集まっているようで、現状真名は明らかになっていない。

キャプテンの真名考察はこちら

マシュ

FGO_マシュ

マシュの装備オルテナウスをシオンが自身の研究「天寿」を利用して改良?する模様。また、ギャラハッドのギフトを再現するのは今の地球では不可能と断言された。2部の間はオルテナウスで戦っていくことになりそう。

オルテナウスの詳細はこちら

芥ヒナコ

download_file-7

劇中、コヤンスカヤに対して激昂した際に思いっきり”犬歯”が写った。ここで「芥ヒナコは頑なにドクターの検診を断っていた」という件が気になる。

検診で何かがバレてしまうのが問題と考えるなら、犬歯であることから”死徒”絡みである可能性もある。そしてあのシオンが登場している事、月下美人というタイトル…全てがそう結びついていないとは言い難いのが怖い。

コヤンスカヤ

プロローグ7

今回一番新情報が多かったのでは?と思われる存在。やはりな要素が多く、3章での活躍に期待したい。

①単独顕現スキル持ち

FGO_単独顕現

やはりと言うかビーストクラス特有のスキル単独顕現を所持している模様。他のサーヴァントで所持しているのは殺生院キアラやセイバーの両儀式、マーリンなどヤバいやつばかり。ビーストの要素を持つサーヴァントであることは間違いないだろう。

②異星の神のサーヴァントはアルターエゴ

FGO_アルターエゴ

ベリルによると「異星の神」の3騎のサーヴァントはアルターエゴと判明。これまでコヤンスカヤの正体と思われていた2部のアサシンとはクラスが違う模様。しかしホームズのように、実装時はクラスが違うケースも少なくない。

2部のアサシンの真名考察はこちら

③ゴルドルフが暴露

FGO_玉藻

ゴルドルフがコヤンスカヤをTV(タマモヴィッチ)と呼ぶ。バレバレ気味だったが、やはりタマモナインの1人のようだ。あり方は完全にアルターエゴなので、現状のクラスもアルターエゴで間違いなさそう。

キャットはアルターエゴでバーサーカーだったが、実際に登場する時はどうなるのか気になるところ。

異星の神のサーヴァントの現状

①言峰綺礼

FGO_言峰綺礼

言峰綺礼ことラスプーチンはギリシャの海で交戦中の模様。たちと言われているので、複数で行動しているようだが、誰と行動を共にしているのだろうか?また、ギリシャと言うことで、キリシュタリアの勢力圏に近く、登場は5章からになると思われる。

②キャスターリンボ

FGO_キャスターリンボ

陰陽師のアルターエゴといえば、亜種特異点Ⅲで登場したキャスターリンボで間違いなさそう。インドの異聞帯から離れないと言うことで、登場は4章になるだろう。

キャスターリンボの詳細はこちら

各異聞帯の状態

①異聞深度についての設定が確定

FGO_異聞帯

異聞深度が高いほど、汎人類史から離れた人理と確定。中国異聞帯の深度Eと言う浅さがやはり気になる。

②大西洋異聞帯

FGO_大西洋

これまでギリシャ異聞帯と予想されていた、キリシュタリアの異聞帯だが、その正体が大西洋異聞帯と判明。更に4大文明より前から続き、人類の版図ではない場所。単純に考えると大西洋に沈んでいるとされるアトランティスである可能性は高いだろう。

③ブリテンの異聞帯

FGO_イギリス

ベリルが担当していると思われる第六の異聞帯はブリテンに存在。シオンによるとこの世界に馴染めていないようで、ベリルの人間狩りも関係しているのか、数ヶ月で人類が消滅すると思われている。

光の壁とは?

FGO_ブリテン

異聞帯を覆うのは嵐の壁ではなく、「光の壁」。イギリスで光の壁といえば、6章でも印象深い「ロンゴミニアド」または「アヴァロン」のどちらかである可能性が高そう。また、6章のタイトルには円卓が入っているため、ほぼ間違いなくアルトリア・ペンドラゴンと関連する話になりそう。

マシュに執着するベリル

FGO_ベリル

ベリルは明らかにマシュに執着しているようなセリフが多々あり、主人公を明らかに敵視している。マシュ自身にはカルデア以前の過去がないため、何らかの因縁があるとすれば彼女に手を貸していたサーヴァントギャラハッドにありそう。そうなると彼が円卓の異聞帯にいることも納得できる。

その他の怪しい伏線

ホームズについて

ムービー収録-7

クラスチェンジやシグルド(スルト)による純粋なサーヴァントではない発言など、怪しげなポイントしかなかったホームズに更に怪しいポイントが追加される。ゴルドルフの生存すら予想できていた彼女の予想にホームズはいなかった。また、詳しい意味はわからないが、トライヘルメスに触れても廃人になっていないなど彼を疑う要素は十分にある。

ディヴィッド・ブルーブックの存在

FGO_エリア51

バイクで漂白された世界を走る謎の人物。クリプターデイビッドと名前が近いが現状は繋がりが見えてこない。向かっている場所エリア51はアメリカのUFOの聖地となっている米軍基地。現実世界では現在も周辺地域でさえ撮影は禁止で、不法侵入すると拘束されてしまう。飛行することすら禁止なほどの筋金入りの秘密基地と言えるだろう。

FGO攻略 関連リンク

FGO攻略 関連リンク
FGO攻略wikiトップページへ
星5最強-min星5ランキング 星4最強-min星4ランキング
お役立ち情報
霊基再臨素材-min素材ドロップ効率まとめ ストーリー&フリクエ報酬-minストーリー攻略まとめへ

ぐだぐだ邪馬台国2020イベント

FGO_ぐだぐだ邪馬台国2020
イベント攻略記事
ちびノブイベントまとめ ぐだぐだイベントストーリー攻略
埴輪ノッブハニ台国まとめ 伝承結晶高難易度攻略
闇の新鮮組屯所変則フリクエ敵編成 マスターミッションフリクエ3T周回
バルバトスアイコンレイドまとめ(終了) FGO_芹沢鴨_アイコン芹沢鴨は実装される?
イベント関連記事
卑弥呼卑弥呼の性能・評価 斎藤一斎藤一の性能・評価
呼符卑弥呼は引くべき? 織田信勝織田信勝の性能・評価
フレポ信勝の排出率検証 星4EXP礼装_ようこそ邪馬台国_アイコンフレポ回すべき?
ぐだぐだ邪馬台国2020攻略まとめ

AppMedia厳選ランキング