FGO(フェイト/グランドオーダー)の新イベント、「天魔御伽草子鬼ヶ島」に新登場した源頼光。まだまだ謎の多い彼女の謎に迫る解説&考察記事です。あくまでも本ライターの想像の範囲ですので、Fate/Grand orderの公式設定でない点をご了承ください。

鬼ヶ島イベントで手に入る強化素材一覧
3分で分かる鬼ヶ島イベント

星5サーヴァント限定の最強ランキングこちら
星5サーヴァント最強ランキング

源頼光についての解説・考察の目次

源頼光のステータスとスキル

s_源頼光バトルキャラ

源頼光の評価とおすすめ概念礼装はこちら
源頼光の評価とおすすめ概念礼装

源頼光のステータスと霊基再臨素材

源頼光
レア度 星5
クラス バーサーカー
COST 16
声優 戸松遥
最大絆Lv 5
絆礼装獲得条件 未実装

FGOに出演する声優さんまとめ
FGO出演声優一覧

ステータス
HP ATK
初期 1980 1780
Lv50 調査中 調査中
Lv90 13500 11556

霊基再臨に必要な素材はこちら【NEW】
源頼光の霊基再臨素材

パラメーター
筋力 A 耐久 B
敏捷 D 魔力 A
幸運 C 宝具 A+

源頼光主軸のテンプレパーティ考察はこちら
源頼光のテンプレパーティー

源頼光の概要

史実において

化物退治の専門家

鬼の頭領である酒呑童子や、土蜘蛛などの数多くの”魔”を退治してきたことで知られる平安時代屈指の神秘殺し。正面からの斬り合いだけでなく、卑怯とも言える策略・謀略にも通じ、勇猛として知られる酒呑童子も己の身を投げ出すような決死の策によって弱らせ討伐に成功した。これらの活躍は、御伽草子など後世の説話集で語られたものであるが、実際の頼光も朝家(皇室)の守護と讃えられ文武両道を地で行く非常に優秀な人物であったとされている。

頼りになる四人の配下

説話においては、茨木童子と対峙し、その腕を一刃で切り落としたという渡辺綱を筆頭に、坂田金時、碓井貞光、卜部季武ら四人、総称して頼光四天王を率いて多くの”魔”を討伐した。これらの説話が事実であるとするならば、TYPE-MOON世界においても非常に強力な力を持っていた人物であるということは想像に難くない。

FGOにおける謎

頼光の弟、”牛御前”

そんな源頼光がFGO内において女体化したことには秘密がある、とされている。これはおそらく、彼女も関係する“丑御前”の説話が独自解釈された結果なのではないだろうか。丑御前とは生まれながらにして牛の角と鬼の顔を持つ化物であり、このような化生が頼光公の弟として誕生してしまったのである。危うく殺されかけるものの一命を取り留めた牛御前は隠れ潜むようにして成長するが、最終的に、討伐令を受けた頼光によって殺されてしまったという。この丑御前は、「牛鬼」の一種であるとされている。牛鬼は様々な伝承において変化の力を持ち、特に女に化けることが多かったという。

なぜ頼光が女体化したか

さて、これで丑御前という存在についてはご理解いただけただろう。彼女は牛鬼の伝承と牛御前の伝承、そして源頼光本人。これらが何らかのTYPE-MOONによる解釈によりミックスした存在なのではないだろうか。まだ詳細は分からないものの、今のところ牛御前が頼光を騙っている、ということもなさそうだ。牛鬼を殺してしまったものは牛鬼となるという逸話と更に合わさって、頼光が丑御前を殺害した折、妹として変化した牛鬼の姿になってしまった、という線が一番濃そうな気もするが、果たしてどうだろうか。これからシナリオを進めていくうちにはっきりするだろうが、今後の頼光の動向にぜひ期待したい。

鬼ヶ島終盤で明らかに

余談

余談ではあるが、FGOのシナリオライターである東出祐一郎氏は、過去、「あやかしびと」という美少女ゲームのシナリオライターも務めていた。妖怪の末裔たちが現代に生きる姿を描いた本作であるが、ヒロインの一人に「牛鬼」をルーツに持つキャラクターが登場している。この源頼光も、もしかしたら東出祐一郎氏が設定を担当したサーヴァントかもしれない。

FGO攻略情報

ライダー金時の入手方法
3分で分かる鬼ヶ島イベントまとめ

星5サーヴァント限定の最強ランキングこちら
星5サーヴァント最強ランキング

リセマラにおすすめのサーヴァント
リセマラランキング