デュエルリンクス攻略Wiki

コナミが提供する対戦型カードゲーム「遊戯王デュエルリンクス」における最新情報のまとめや攻略、カード紹介やリセマラの方法などをまとめ、記事にしています。

攻略情報一覧

  • ゲーム権利表記

  • © Konami Digital Entertainment
    記事編集:AppMedia
    ※当カテゴリ内のすべての記事は、AppMedia編集部及びライター独自の判断に基づき作成しています。
    ※当カテゴリ内のすべての記事・データ・画像等について、無断での使用・転載を禁じます。
AppMedia

記事

【遊戯王デュエルリンクス】第3回KCカップ日本2位「fghhyh@2冠達成」使用デッキとインタビュー

遊戯王デュエルリンクスの第3回KCカップに出場し、日本2位(世界4位)の成績を収められた「fghhyh@2冠達成」さんの使用デッキレシピと回し方、インタビューをお届けします。是非トッププレイヤーのデッキとその胸中をご覧下さい。

【求人】ゲームライター・インフラエンジニア・プログラマー等を募集中!

※敬称略
第3回KCカップ入賞者リンク
s_つんつんアイコン日本1位「つんつん」 s_fghhyhアイコン日本2位「fghhyh」
s_松アイコン日本3位「(松)」 s_keiアイコン日本4位「Kei」 icon_けんぞうさん日本6位「けんぞう」

第3回KCカップ日本2位「fghhyh」さんインタビュー

金アイコンにこだわった

初めまして、「fghhyh」さん。この度は取材を受けて頂きありがとうございます!

日本2位(世界4位)という素晴らしい成績。しかも2つ目の金アイコン獲得!!おめでとうございます!

今回の大会は過去に例がない程環境が混沌としていましたが、如何でしたか?

はじめまして、よろしくおねがいします。ありがとうございます。

今回は1位~10位まで僅差だったので、ランクインした後デュエルを続けるべきか様子見するべきか非常に悩みました。

1位も狙えるし、逆に10位にもすぐ追いつかれそうだし…。

この環境なら10位のボーダーもそんなに上がらないと思っていたため、最終日の夜中3時頃には終了ポイントと同じポイントで、それ以降結局デュエルしないという選択をしました。

金アイコンはすでに1個持っていて、柄もほぼ同じアイコンなので世界1位を狙うためにデュエルをしようか悩んだんですが、結局確実に金アイコンを取る方を選択しました。

金アイコンの為にボーダーを見極め、引くべきところは引く。
そのクレバーな判断が2度のKC上位入賞に繋がったのかもしれませんね。

もし私だったら、不安で不安で気が気じゃなかったと思います(笑)

辛い時間帯もあった

イベント中のお気持ちは如何でしたか? 様々な方に取材していますが、一様に辛かったというお声を耳にします。

そもそも土曜日の昼時点までデッキに迷走し全く勝てなかったです。

1度落ち着いて、見れるデッキが単純に多いバーンデッキ(通称:害悪)を使い、とりあえず時間がかかってもいいやと思いながら確実にポイントを増やしました。

日曜昼頃には害悪デッキも視野に入れたデッキが多く環境に見られるようになり、そこからは恐竜に変えて終了時のポイントまで増やしました。

ただ恐竜使用時、同じ相手(機械天使)に4連続であたり、1-3で60000から50000代に落とされた時が精神的に1番きつく、そのままズルズルとポイントを持っていかれるかと思ったんですが、そこ以外は順調だったので良かったです。

やはり大きくポイントが下がった時が一番メンタルに来るのですね。それでも最終的に日本2位のポイントで抜ける実力は流石です。

続いては環境についての雑感をお聞きしたいと思います。

難しい環境が肌に合っていた

今回の環境は以前のようなサクリファイス主体の環境や、機械天使忍者主体の環境のようにパワーで押す環境というよりは柔軟性が求められる非常に難しい環境だったと思います。

ただ自分は機械天使のようなパワーデッキは使うのが苦手(下手)で、バックも混ぜながら攻めるスタン系統のデッキの方が得意で自信もあったので環境に噛み合ったのかなと感じました。

実際デッキ分布もバラバラで勝ち続けられる人は非常に少なかったように思いましたね。

仲間とデッキ調整

リミットレギュレーションやスキル修正は今回のデッキ構築に影響を及ぼしましたか?

リミットレギュレーションやスキル修正についての影響は特にありませんでした。

他の人も条件は同じなので、いつも与えられた環境で結果を出すことだけを考えています。

とはいえ、一人で黙々と、ということはなくWCS10位入賞のとしや(@E_3658)さんと雑談しながらデッキ調整は行いました。

仲間の存在がデュエルリンクスにおいて大切、という点は過去の様々な入賞者様も言っておられました。
「fghhyh」さんも同様に、仲間の支えがあって2度の金アイコンに到達しています。

世界大会への意気込みはどうでしょう?

次に狙うは世界の舞台

もちろん目指します。時間の許す限り頑張りたいです。

ありがとうございます!

それでは最後に、記事を見てくれた方や応援してくれた仲間達に一言お願いします。

応援ありがとうございました。

あまり為になるようなことは書けていませんが、少しでもお役に立てば幸いです。

この度は本当にお疲れ様でした。

今後のご活躍も期待しています!KCカップ日本2位おめでとうございました!

第3回KCカップ日本2位「fghhyh」の使用デッキ紹介

世界4位fghhyh式恐竜

メインデッキ
ヴェルズサラマンドラ ヴェルズサラマンドラ ヴェルズサラマンドラ 暗黒ブラキ 暗黒ブラキ ハイドロゲドン
ハイドロゲドン ハイドロゲドン コズミックサイクロン コズミックサイクロン s_化石調査 炎舞玉衝
炎舞玉衝 炎舞玉衝 s_エネミーコントローラー-エネコン s_エネミーコントローラー-エネコン s_エネミーコントローラー-エネコン 銀幕の鏡壁_遊戯王デュエルリンクス
銀幕の鏡壁_遊戯王デュエルリンクス 銀幕の鏡壁_遊戯王デュエルリンクス
モンスターカード 枚数
ヴェルズサラマンドラ 3
暗黒ブラキ 2
ハイドロゲドン  3
魔法カード 枚数
コズミックサイクロン 2
化石調査 1
炎舞玉衝 3
エネミーコントローラー 3
罠カード 枚数
銀幕の鏡壁 3
エクストラ 枚数
ブラフで5枚採用 5

恐竜デッキの採用スキル

所持キャラ スキル ワンポイント解説
ダイナソー竜崎-min竜崎 恐竜王国 ジュラシックワールドを発動するスキル。デッキコンセプト通り順当に採用。

「fghhyh」さんが使用デッキを解説

恐竜デッキの使用について

非常にカオスな良環境となった今回のKCカップ。fghhyhさんが選択したのは恐竜デッキでした。

こちらのデッキはどのような経緯で使うことになったのですか?

よろしくお願いします。

恐竜になる前・・・最初はデスドロスタンアンデアイズも使っていました。

迷走した後にバーンデッキ(通称:害悪)、を使うことになるのですが、どれもこれもしっくり来なくて最終的にこの恐竜を選択しています。

恐竜デッキのプレイングには自信があり、使ってみて強かった点も大きいですね。

デッキ分布が墓場アイズ害悪が6割、天使が2割、他2割という感覚だったので上記のような構築になりました。

またバルキリオンデッキも開催前から強いと感じていたのですが、1度も使ったことがなく、大会3日前ということで作ったり、練習する時間がなかった事もあり見送っています。

恐竜デッキを使ったのはラスト30000Pぐらいで、ずっとデュエルを続けてたら世界1位も狙えてたんじゃないかと思うぐらい強かったです。詳しくメモを取っていないので体感ですが、このデッキだけで勝率7割強ぐらいあり、一気に駆け上がれました。

本当に負ける気がしませんでしたね。

全体の勝率について

最終的な勝率は59%でした。

fghhyhさんによる立ち回り解説

ここからは、ご本人による立ち回りの解説です。

fghhyhさん、よろしくお願いします!

VS機械天使

よろしくお願いします。

まず機械天使ですが、見ての通り厳しい構築です。
エネコンが引けていればばワンキルさえ凌げればなんとかなるのですが、引いてない場合、横展開されてその後相手ターンでもう1体儀式モンスター出されると負けが決まる。それくらい厳しいマッチアップでした。

砂時計問題を逆に利用し、ほんの気持ち長考するようなプレイングをして、それには結構釣られる人が多かったです。炎舞玉衝を伏せて分断を匂わせたりもしていました。

砂時計の時間は重要なのですが、あまり長く考えすぎるとばれる可能性があるので絶妙な時間で次に行くようにずっと心掛けていました。

VSアンデアイズ

アンデアイズには、デッキ相性的に有利でほぼ負けませんでした。

相手の荒野でこちらの恐竜も打点負けせずに常に上から叩けます。

嵐で破壊されてもハイドロゲドン以外は相手下級に打点で勝っていて、サラマンドラ単体でアンデアイズの上をいけるのも大きいです。横にすれば1枚除外するだけで倒せるので全然苦では無かったですね。

VS害悪

害悪系デッキですが、「デスドロ型」か「行けおじゃま型」かで動きが違うのと相手初手に黄金虫があるかないかによっても変わってきます。

長くなってしまうので要点をまとめると

肥大化を踏まない
おじゃまをなるべく出させない
黄金虫での回復に追いつかなくなる前に倒す

いう点が共通の心がけです。

高レート帯の害悪だと、対恐竜戦での《心鎮壺》警戒で2枚伏せを滅多にしてきません。

こちらのバックに《心鎮壺》が無いと読まれると伏せられる可能性があるので、こちらは2枚以上伏せて相手に《心鎮壺》のプレッシャーは与えるよう心がけていました。

心眼の祭殿》はコズミックサイクロンでしか処理できないので、慎重に使うように気をつけています。

その他のデッキ

他には鳳凰ヘイズなどもいました。こちらの方が元々の打点は高いですが粉砕で超えられるので
銀幕を引けるかどうかの勝負、という感じでした。

デッキ構築のこだわり

一番は《心鎮壷》が入ってないことだと思います。高レート帯だと常に警戒されていて、まともに使えるのがアンデアイズくらいです。

アンデアイズのバックはだいたい予想がつくこともあり、使う場面が少なく効果的な場面もあまりなかったので入れてませんでした。

たらればですが、もしも最終日にポイントが追いつかれそうになりデュエルを迫られた、と仮定するなら、

きっと時間的に害悪は減ると思うので炎舞玉衝コズミックサイクロンの枚数を調整しつつ、

アヌビスの呪い分断の壁底なし落とし穴イタクァ暴風の順番で入れ替えていたと思います。

ありがとうございました。

デッキ構築で足りていない部分を、ブラフのプレイングを巧みに使いかわしている印象を受けました。

その辺の些細なプレイングも恐竜デッキを使いこなしている事の現れですね!

第3回KCカップ日本2位「fghhyh」さんのデッキとインタビューまとめ

第3回KCカップ日本2位という素晴らしい成績を残されたfghhyhさんのインタビュー&デッキ解説をご覧いただきましたが、いかがでしたでしょうか?

まず環境ありきのデッキ構築、それに上積みされるプレイング技術にが素晴らしいデュエリストでしたね!

可能な限りデュエルを重ね、日本代表の座も狙うというfghhyhさんをこれからも応援しましょう。

さらに、今回の日本王者つんつんさんと同じく、fghhyhさんは2度目のKCカップ上位成績者となりました。これにより、その実力が本物である事を自ら証明しました!

fghhyhさん、この度は第3回KCカップ本当にお疲れ様でした!今後のご活躍も応援しております。頑張ってください!

fghhyhさんのツイッター

「fghhyh」さんのツイッターアカウントはこちら!

デュエルリンクス関連リンク集

TOPページへ戻る
注目記事一覧
最強デッキ最強デッキ リセマラリセマラ ニューロン育成キャラ
最強スキル最強スキル UR交換おすすめ 遊戯王_アイコン_高評価ハイスコア攻略
各種掲示板
01_デュエルルーム 03_フレンド募集
02_デッキレシピ 04_質問部屋
05_雑談 -
【楽しく利用するためのルール】
  • 他人に不快な思いをさせるような内容の書き込み
  • 外部サイトへの誘導・宣伝する内容の書き込み
  • アカウントの売買など金銭が絡む内容の書き込み
  • 各ゲームのネタバレを含む内容の書き込み
上記の書き込みを禁止とし、コメント削除や書き込み制限措置を行う可能性もありますのでご了承ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

注目情報

アプリ配信カレンダー

今月の配信アプリ

BANDAI NAMCO Entertainment
iOSAndroid
けものフレンズプロジェクト
iOSAndroid
アルサーガパートナーズ
iOSAndroid
ポノス
iOSAndroid
MorningTec Japan
iOSAndroid
ゲームフリーク
iOSAndroid
配信カレンダーをもっと見る