最新イベント実施中!
▶パンドライベント攻略チャート

遊戯王デュエルリンクスで実施されたKCカップにおいて、北米・南米ランキングにて見事1位を獲得された「野原ひろしさん使用デッキ」(KCカップ北米・南米一位)のデッキレシピと回し方、インタビューをお届けします。是非デュエルリンクストッププレイヤーのデッキとその胸中を参考にご覧下さい!

KCカップの総括はこちら
DPランキングのボーダーとKCカップの総括はこちら

注目のランキング記事一覧はこちら
ランキング一覧
リセマラリセマラ 最強デッキ最強デッキ 最強スキル最強スキル
UR交換おすすめカード ニューロン育成おすすめキャラ ゲートキー周回おすすめキャラ
サクリファイスデッキリンク
遊戯王_サクリファイス1 サンドラサクリファイスデッキ
遊戯王_サクリファイス1 サクリファイスデッキ
ハーピィの狩場 狩場サクリファイスデッキ
サンダードラゴン KCカップ北米・南米1位サクリファイスデッキ
ディザーズ 悪魔送りサクリデッキ
パラオさんアイコン 世界大会日本代表「名もなきパラオ∞さん」使用デッキ

KCカップ北米・南米1位ガーディアンスタチューデッキの概要とおすすめデッキスキル

ガーディアン・スタチュー

KCカップ北米・南米1位ガーディアンスタチューデッキの概要/コンセプト

相手をジリ貧に持ち込む

アマゾネスの鎖使い》や《ガーディアンスタチュー》等のカードを利用してコツコツアドバンテージを取ることで相手をジリ貧に持ち込んでいくデッキです。

KCカップ北米・南米1位ガーディアンスタチューデッキおすすめのデッキスキル

所持キャラ スキル ワンポイント解説
遊戯-min ディスティニードロー 抜群の対応力を持つため劣勢を覆しやすい優秀なデッキスキルです。状況次第では能動的に発動可能なのもポイント。バランスとどちらがいいか悩んだもののサクリファイス対策も考え初手の安定感より対応力をとっての採用だそうです。

デッキスキルの一覧ページはこちら

KCカップ北米・南米1位ガーディアンスタチューデッキのデッキレシピとおすすめカード

KCカップ1位

KCカップ北米・南米1位ガーディアンスタチューデッキレシピ

モンスターカード

レア度 枚数 カード名
UR 3 クリボール
SR 3 エレクトロ軍曹
R 3 ガーディアンスタチュー
R 1 アマゾネスの鎖使い
R 2 憑依するブラッドソウル

魔法カード

レア度 枚数 カード名
SR 1 ツイスター
SR 2 エネミーコントローラー

罠カード

レア度 枚数 カード名
UR 3 銀幕の鏡壁
R 1 亜空間物質転送装置
R 1 イタクァの暴風

エクストラデッキ:5枚まで

レア度 枚数 カード名
- - 今回採用なし
採用カード内訳
モンスター 12枚
魔法 3枚
5枚
エクストラ 0枚
合計 20枚

KCカップ北米・南米1位ガーディアンスタチューデッキのキーカード紹介

カード名 説明
ガーディアン・スタチューガーディアンスタチュー モンスターを毎ターン手札に戻すことでボードアドバンテージを積み重ねていきます。打点こそ低いものの非常に優秀なモンスターといえます。エレクトロ軍曹と合わせて二体並べてフィールドを制圧するのが主戦術となります。
エレクトロ軍曹エレクトロ軍曹 このデッキのキーカードです。相手の反撃の手を封じながらコツコツとアドバンテージを取っていくカードです。制圧力が高いので非常に活躍できる幅が広いモンスターです。

KCカップ北米・南米1位ガーディアンスタチューデッキの回し方の手順

デュエル序盤の手順

手順1 アマゾネスの鎖使いを召喚する
手順2 アマゾネスの鎖使いの効果でアドバンテージを得る
手順3 状況に応じてディスティニードローを発動し有利な状況を作る

アマゾネスの鎖使い》はライフコストは重いもののうまくいけば破格のアドバンテージを取ることができるカードです。野原ひろしさんは非常にアドバンテージを意識した動きや構築を意識されているようでした。

デュエル中盤の手順

手順1 エレクトロ軍曹を召喚し効果を発動
手順2 ガーディアンスタチューで相手モンスターを手札に戻す
手順3 フィールドを制圧したら総攻撃

相手の動きを封殺しながらボードアドバンテージを取っていきます。

デュエル終盤の手順

手順1 相手がサクリファイスを出す
手順2 クリボールなどでしのぐ
手順3 ガーディアンスタチューを召喚し効果を使って安全にサクリファイスを処理する
手順4 処理しきれなかったらディスティニードローで逆転を狙う

サクリファイスは豊富な防御カードで防ぎながら処理を狙っていきます。

アドバンテージを重視する

相手をジリ貧に

このデッキはコツコツとアドバンテージを取っていくことを重視しているデッキです。特に《アマゾネスの鎖使い》が初動で決まるといきなりジリ貧に持ち込んであっさり勝てるケースもあったそうです。また、この効果によってデッキスキル「ディスティニードロー」の発動トリガーにできることも可能な点もポイントだそうです。

軍曹とスタチューを並べるのが鍵

このデッキではいかに《エレクトロ軍曹》と《ガーディアンスタチュー》を並べるかが鍵となっています。豊富な防御カードでしっかり守ってフィールドを制圧しましょう!

KCカップ北米・南米1位サクリファイスデッキの概要とおすすめデッキスキル

サクリファイス

KCカップ北米・南米1位サクリファイスデッキの概要/コンセプト

サンドラ搭載型サクリファイス

サンダードラゴン》の効果を利用したデッキ圧縮システムを搭載したサクリファイスデッキです。

他のサクリファイスデッキはこちら

サクリファイスデッキリンク
遊戯王_サクリファイス1 サンドラサクリファイスデッキ
遊戯王_サクリファイス1 サクリファイスデッキ
ハーピィの狩場 狩場サクリファイスデッキ

KCカップ北米・南米1位サクリファイスデッキにおすすめのデッキスキル

所持キャラ スキル ワンポイント解説
バンデット・キース-min スリカエ 手札を入れ替えることで安定度を増すことができるデッキスキルです。サンダードラゴンと組み合わせることで圧縮しながら実質1枚ドローできることもあり非常に相性のいいデッキスキルです。

デッキスキルの一覧ページはこちら

KCカップ北米・南米1位サクリファイスデッキのデッキレシピとおすすめカード

KCカップ北米・南米1位サクリファイスデッキレシピ

全米サクリファイス

モンスターカード

レア度 枚数 カード名
UR 2 サクリファイス
UR 3 クリボール
UR 2 ソニックバード
UR 3 センジュゴッド
SR 3 サンダードラゴン
SR 1 雷帝神
R 2 憑依するブラッドソウル

魔法カード

レア度 枚数 カード名
R 2 イリュージョンの儀式

罠カード

レア度 枚数 カード名
R 2 亜空間物質転送装置

エクストラデッキ:5枚まで

レア度 枚数 カード名
- - 今回採用なし
採用カード内訳
モンスター 16枚
魔法 2枚
2枚
エクストラ 0枚
合計 20枚

KCカップ北米・南米1位サクリファイスデッキのキーカード紹介

カード名 説明
サクリファイスサクリファイス このデッキのメインモンスターです。野原ひろしさん曰く、サクリファイスを生かすデッキではなくサクリファイスによってアドを取るデッキとのことです。
サンダードラゴンサンダードラゴン デッキ圧縮要因として活躍します。「スリカエ」と組み合わせることで実質一枚ドローできる点も優秀と言えます。

KCカップ北米・南米1位サクリファイスデッキの回し方の手順

デュエル序盤の手順

手順1 サンダードラゴンの効果を発動し二枚に増やす
手順2 サンダードラゴンを一枚スリカエでデッキに戻して一枚ドローする
手順3 残ったサンダードラゴンの効果を発動し圧縮する

この流れで圧縮しながら実質一枚ドローする動きが強力です。また、手札に余った《サンダードラゴン》は《イリュージョンの儀式》でリリースすると無駄がないでしょう。

デュエル中盤の手順

手順1 ソニックバードイリュージョンの儀式をサーチ
手順2 センジュゴッドサクリファイスをサーチ
手順3 サクリファイスを儀式召喚

基本中の基本と言える動きですが《サクリファイス》が強力かつリリースが少なくて済むので非常に安定した儀式召喚が可能となります。

デュエル終盤の手順

手順1 モンスターの攻撃をクリボールで止める
手順2 雷帝神を召喚
手順3 雷帝神で相手モンスターを戦闘破壊して他のモンスターでダイレクトアタック

デッキ自体はアドバンテージ重視のロービートデッキといった動きなので《雷帝神》がかなりいい働きをしてくれます。

アドバンテージを重視した動きを

サクリファイスに頼りすぎない

このデッキは《サクリファイス》は主力ではあるもののあくまでギミックの一つであり《ソニックバード》や《センジュゴッド》、《サンダードラゴン》等によるアドバンテージ獲得に主眼が置かれています。

余計な魔法・罠は採用していない

通常では必須カード扱いされる《エネミーコントローラー》等すら投入されておらず、極限まで無駄を省いたデッキになっています。そのため事故率がかなり低いデッキとなっています。

KCカップ北米・南米1位「野原ひろしさん」インタビュー

「野原ひろしさん」インタビュー

感想とプレイ中の心境について

AppMedia(以下A):まず最初にKCカップを終わってみての感想をお願いしたいと思います。

野原ひろしさん(以下野):素直な気持ちでいんですかね?(笑)凄く辛かったです(笑)

A:素直で大丈夫です(笑)

野:ランク戦とはやっぱり違うなと思いましたね!

A:確かにランク戦とは全然違いましたね!ちなみに具体的にどのあたりが辛かったですか?

野:えーレベルが高くて(笑)
カテゴリーとしてあるデッキでも自分の知ってる型とはまるで違うなということが多々ありましたね

A:確かに上位陣はものすごいレベルでしたね!上位の人ほど環境に合わせて様々なカードを使っていたみたいですね。ちなみに私は9000点台でストップしてしまいました(笑)

野:いやそうなるのもわかります。僕も何回か思いましたね(笑)

A:やはり上位に食い込むときついですね(笑)ツイートも拝見しましたが、本気で頑張れた理由はなんでしょうか?

野:痛いとこつきますね。俄然報酬ですね!(笑)

A:やはり報酬ですか(笑)URとSRが6枚ずつは素晴らしいですよね!

野:ちょっと魅力的ですよね(笑)元々10以内ならいいなと思っていてやってくうちにもしかしたらって感じでしたね(笑)

A:そのまま頑張れてしまうのがすごい!ちなみにもう交換は済ませたのでしょうか?

野:URはしましたね!

A:おお!何を交換したのでしょうか?

野:アポピス2フォース1ガンドラ3ですね!レッドアイズ以外は3揃いました(笑)

A:レッドアイズ以外は3ですか!すごいですね!

野:ドロップの運が強い方だと…(笑)

A:やはりドロップ運は必要ですよね(笑)私もあやかりたいです。

スタチューデッキについて

野:こんなのになりますけど(笑)

A:おお、スタチューデッキですね!

野:そうですね!面白みはないかと(笑)

A:ぱっと見一枚搭載の鎖使いが気になりますが、やはりサクリファイス対策でしょうか?

野:はい。サクリも確かにそうですけど狩場にしろ何にしろ初動でこれが決まってしまうといきなりじり貧に持ち込めるケースが多々あったのでピンで採用してますね!

プラスでディスティニーのちょっとしたトリガーにすることも可能です!

A:なるほど。確かに初動は強そうです!ディスティニードローも強力ですよね。他にこのカードが!というポイントはどこでしょうか?

野:正直単体のパワーで見てしまうとたいしたことなく見えるんですけどやっぱりいかに軍曹スタチューを並べるかがこのデッキの鍵だと思っています!

なのでバランスの方がいいかなとも思ったのですがKCの環境を見るとどうしてもサクリファイスが多かったのでサクリ相手にバランスでちょうどよく引いたとこで、と思い対応力のあるディスティニーを採用しました。

A:サクリファイスは確かに猛威を振るっていましたよね!私も何度やられたことか。
プレイングはどうでしょうか?何か気をつけていたことや初動はこうする!のように決めていたことはありますか?

野:サクリファイス狩場が多いイメージでしたけど狩場と戦う場合僕はほんとに一切カードを伏せませんね(笑)どのデッキでもです!

サクリファイスデッキサクリが召喚されてからスタチューを場に出しはじめていくのでサクリは問題なく対応できたと思います。それでもダメな場合にはディスティニーに頼るというような感じでしたね!

A:確かにサクリと狩場は多かったですよね(笑)やはり相手に対応するにはディスティニードローが強力ですか。

野:自分がサクリなりスタンダードを使うのであればスリカエの方がと思いますね!(笑)

A:やはりスリカエは強力ですよね(笑)私もスリカエは多用してました!

野:僕もスリカエが一番好きですね(笑)

A:他のデッキを組む時にもこのカード入れている、といった優先して採用するカードはありますか?

野:クリボールはKCで使ったデッキは3枚積んでいます。あとは基本的にフリーチェーンのカードしか採用しないです!

A:やっぱりクリボールは強いですか。フリーチェーンは軍曹撲滅が刺さらないのがいいですよね。

野:本当その理由でフリーチェーンだけですね!ディスティニースタチューだけ銀幕を積んでいるので矛盾しますが(笑)

A:一応銀幕もフリーチェーンではありますね(笑)

野:あとはブラッドもKCでは2枚必須で積んでいました!

A:ブラッドは一枚差しという話をよく聞きましたがやはり二枚必要ですか。

野:本来ならピンでと僕も思います!
ただKCはサクリが多すぎたのと(笑)狩場でのビーンズマンの採用率が高くてかなり助けられました(笑)
ビーンズマンマインドでも多かったですね!

A:確かにビーンズマンの採用が目立ちましたね。ブラッド登場以降あまり見かけなくなっていましたがこれも環境ということでしょうか。

野:恐らくですけど軍曹の登場からてんとう虫の採用率がまた上がって相対的にというのはあると思います!

A:てんとう虫の採用率は上がってましたね!かくいう私も採用してましたし、しかもビーンズマンに突破された記憶もあります(笑)

野:ロックタイプのもなかなかいましたからね(笑)サンドラサクリに強いのは長所だと思います!

A:確かにフライング寄生相手には強そうですね!上に上がってサクリが増えるにつれも数を減らしていた気がしますがそれが理由だったんでしょうか。

野:少なからずあると思いますね!

サクリファイスデッキについて

野:サクリファイスはこれです!

A:サンドラ型ですね。と思ったらスサノオ

野:そうですねスサノオです(笑)

A:スサノオ採用は盲点でした

野:スサノオは単純に打点解消ですね!
サクリミラーなら困ることはないですがどうしても狩場なりになってくるとグレファに苦しめられます(笑)
一番厳しいデッキは本当たまにあたる恐竜でこれらにはかなり弱くなってしまいました(笑)

A:グレファーは守備力も高いですからね。恐竜は上に行けば行くほど見なくなりましたのでやはり環境次第といったところですか。

野:そうですね!サクリのプレイングではサクリの召喚と効果を通して生かすということは一切考えてませんでした。

サクリを使ってどれだけ早くじり貧に追い込めるか、いまのプールだと戦闘破壊以外ではサクリの処理には2枚消費するのでサンドラ交換→スリカエ→サンドラ交換の実質1ドローの動きとバードセンジュのアドバンテージ差で勝つといった流れでした!

履行を採用してる方もいらっしゃいますけど使う前に2体目で決めてしまおうという感じです(笑)

A:なるほど!サクリに特化したデッキが多い中、頼りきらずにアド勝負に持ち込む戦略だったんですね!

野:なので本来は必須クラスのエネコンも事故要素として考えて不採用でしたね!

A:エネコン難民には朗報ですね!

野:そうですね(笑) 僕の型だとクリボール亜空間でことが足りるのでエネコンを使うタイミングがむしろありませんでした(笑)

A:確かに役割は被りそうですね!大変興味深いお話ありがとうございました!

野:ありがとうございました!

KCカップ北米・南米1位デッキまとめ

非常に気さくな全一プレイヤー

KCカップにおける「北米・南米サーバー」にて見事ランキング1位を獲得された野原ひろしさんのデッキレシピとインタビューをご覧いただきましたが、いかがでしたでしょうか?

突然の申し出にも関わらず、インタビューとデッキレシピの掲載を快諾してくださり、また某アニメのイメージ同様とても気さくな方で、こちらも非常にスムーズにお仕事する事ができました!野原ひろしさん、この度はランキング1位本当におめでとうございます!

野原ひろしさんのツイッターはこちら


デュエルリンクス関連リンク集

各種掲示板
01_デュエルルーム 03_フレンド募集
02_デッキレシピ 04_質問部屋
05_雑談 -
注目記事一覧
最強デッキ最強デッキ リセマラリセマラ ニューロン育成キャラ
最強スキル最強スキル UR交換おすすめ 遊戯王_アイコン_高評価ハイスコア攻略
デュエルリンクスの最新攻略情報 デュエルリンクス攻略Wikiトップへ