モンスト禁忌の獄30(禁忌30/きんきのごく30)の攻略手順やギミック、適正(適性)キャラのランキング、無課金編成などを紹介しています。『禁忌の獄(三十ノ獄)』に勝てずお困りの方はぜひ攻略の参考としてご活用ください。

《禁忌の獄》攻略記事
モンスト_禁忌29アイコン
禁忌(29)
モンスト_禁忌30アイコン
禁忌(30)
モンスト _阿頼耶EXアイコン
阿頼耶(30EX)
▶︎『禁忌の獄』の全クエスト攻略・報酬まとめ

禁忌の獄(30)の基本情報・ギミック

クエスト基本情報

クエスト名 禁忌の獄”三十ノ獄”
常闇の奈落
開催期間 4/23(金)正午~5/10(月)11:59まで
雑魚の属性 火・水・木・光・闇
ボスの属性
ボスの種族 魔人
スピクリ 12ターン
報酬 戦型の書_モンスト戦型の書×1、称号*

*称号は三十ノ獄を初クリアした際に1度のみ獲得可能です

出現するギミック・キラー

ギミック 詳細
▼要注意ギミック
ワープ 対策必須
減速壁
▼その他のギミック
属性倍率超絶アップ
ハート無し
一部の弱点は
弱点効果アップ
ウィンド
ブロック
反射/貫通制限
最大HP減少攻撃 アドゥブタが使用
混乱
天使 回復弾を放つ
キャノンベース
キャノンユニット
弱点効果アップパネル
SSターン遅延攻撃
妖精キラー ボスが所持
鳥獣封じ
亜侍封じ
神キラー モロクが所持
魔封じ サンダーバードが保持

各ステージの出現ギミックと反撃・ドクロ効果

タップで表示

EXステージ『阿頼耶』が極稀に出現!

モンスト_阿頼耶_攻略アイキャッチ

刹那や那由他などと同じように、三十ノ獄をクリアすると超低確率で新EXステージ「阿頼耶」が出現します。

入手難易度にふさわしい性能となっているので、阿頼耶が欲しい方はこのステージを周回して遭遇することに期待しましょう。

阿頼耶の関連記事
▶︎阿頼耶の評価 ▶︎阿頼耶(EX)攻略 ▶︎出現確率は?

禁忌の獄(30)の攻略・立ち回り

AWP+反減速壁キャラが活躍

ワープ・減速壁が大量に展開されます。両ギミックに対応したキャラでないとまともに立ち回ることができないため、AWP+反減速壁キャラで固めて挑みましょう。

反射タイプを多めに編成

クエストを通して敵通しの間や壁との隙間を利用した火力出しが必要となります。貫通タイプも便利な場面はありますが、火力が心もとないため反射タイプを3体以上の編成をオススメします。

光属性キャラを3体以上

難関となるのはアドゥブタからボス戦までの闇属性ステージの削りです。有利である光属性キャラが少ないと、アドゥブタステージ以降の削りが非常に大変なので、基本的には光属性キャラ3体以上の編成で挑戦しましょう。

なお、火力・サポートで突出しているオニャンコポンが2体いるなら、光以外のキャラが2体いてもそこまで難易度を上げずに攻略可能です。

闇・木属性キャラが欲しい場面あり

道中では1周目轟絶ボスが全て出現しますが、ラウドラステージもボス削りの難易度は高めです。属性有利である闇属性キャラを1体いれることで火力不足が解決しますので、アルセーヌやキリトの編成はオススメです。

また、EXステージである阿頼耶を想定するなら、木属性キャラもおすすめです。

強力な光属性キャラがおり、対闇への火力が問題ことは前提となりますが、他属性のキャラも目的や苦手なステージに応じて適度に編成しましょう。

過去の禁忌・轟絶ギミックが盛りだくさん

これまで登場した禁忌のギミックと第1弾轟絶の仕様を詰め込んだクエストです。

ドクロや回復手段が異なる場合はあるものの、基本的な立ち回りは変わっておらず、ここまで登ってこれた方にはおなじみの立ち回りで進めていくこととなります。

手順を踏んだ雑魚処理・ボス削りを各ステージ進めていく必要があるため、ステージごとのギミックに合わせた攻撃方法でボス削りまでを行いましょう。

紋章やレベルの書での強化もしたい

有効な紋章
不屈の必殺
不屈の必殺
対闇の心得アイコン
対○の心得
対弱の心得
対弱の心得

クエストを通して弱点を殴って火力を出していく必要があるため、“対弱の心得”が非常に有効です。

属性に対しての“対○の心得”は基本的にはボスに有効な「闇」がオススメですが、ラウドラ戦や阿頼耶(EX)などの自身の目的や編成、苦手なところに合わせて使うのがベストです。

また、頻繁にSSターン遅延攻撃が行われます。いざという場面でSSを使えなくなるのを対策するために“不屈の必殺”もあると安全です。

禁忌の獄(30)の適正キャラランキング

※アイコン・キャラ名をタップで個別評価ページへ。

Sランク(最適キャラ)

キャラ 推奨理由
モンスト_オニャンコポン_獣神化①仮アイコン
反射
オニャンコポン(獣神化①/天空神)
超AWP/反減速壁/対闇。加速友情がサポートに優秀。キラーと強力なSSで火力が非常に高い
※モロクのキラー対象
モンスト_ロイゼ_獣神化改アイコン
反射
ロイゼ(獣神化改)
超レザスト+反減速壁(超AWP/対幻獣L)。超レザストがHP管理に貢献。軽めの自強化SSも便利
※コネクトスキル:自身と種族が異なるキャラ2体以上
or合計ラック100以上

Aランク(適正キャラ)

キャラ 推奨理由
モンスト_アルセーヌ_アナーキアイコン
反射
アルセーヌ(獣神化/アナーキー)
AWP/対ファースト+超反減速壁/対連撃/SSブースト。ラウドラの削りに大きく貢献できる。壁すり抜け乱打SSはバトル6、7のボス削りに有効
※ボスのキラー対象
※ボスへの火力は不足しやすいため1体まで推奨
ペリノア_獣神化アイコン_モンスト
反射
ペリノア(獣神化)
超AWP+反減速壁。サイドダブルエナサーL+全敵レーザーL。自強化+周囲攻撃SS
モンスト_アスカマリ獣神化_アイコン
反射
アスカ&マリ(獣神化)
シンクロ/超AWP/超レザスト+反減速壁/ソウルスティール。超強スパークバレット+超強防御ダウンブラスト。固有の自強化+周囲攻撃SS
※阿頼耶(EX)で大活躍
※ボスへの火力は不足しやすいため1体まで推奨
モンスト_キリト_獣神化アイコン
反射
キリト(獣神化)
ユイの応援/超ADW/友情ブースト+超AWP/反減速壁。超強トライブパルス+超強次元斬。自強化+弱点効果アップ+追撃SS
※ボスのキラー対象
※ボスへの火力は不足しやすいため1体まで推奨
モンスト_ヘスティア_仮アイコン
反射
ヘスティア(進化)
超AWP/反減速壁/対レザバリ。対レザストが一部の雑魚敵処理に優秀。貫通弾+チェインメテオSS

Bランク(使えるキャラ)

キャラ 推奨理由
モンスト_黒瀬ひばなα_獣神化アイコン
貫通
黒瀬ひばなα(獣神化)
AWP/幻竜封じM+反減速壁/ダッシュ。スクランブルレーザーL+ボムスロー。自強化+シールド&ビットン破壊SS
リボンα獣神化_アイコン_モンスト
貫通
白雪姫リボンα(獣神化)
全属性耐性M/無属性耐性M+超AWP/反減速壁。超強オールレンジバレット+超強クロスウェーブ。打撃+レーザーSS
モンスト_阿鼻_神化アイコン
貫通
阿鼻(神化)
回復S/AWP+反減速壁/SSチャージ。超強電撃+パワーフィールド。自強化+加速or減速壁にふれる毎にパワーアップSS
モンスト_ケテル進化_アイコン
反射
ケテル(進化)→超絶
AWP/反減速壁+対妖精。長薙ぎ払い。バウンドトライブパルスSS

禁忌の獄(30)の道中ステージ攻略

道中戦の各ステージ攻略
▼バトル1 ▼バトル2 ▼バトル3 ▼バトル4 ▼バトル5

バトル1

①開幕②処理後
モンスト_禁忌30_バトル1
モンスト_禁忌_30__バトル1呼出後

攻略の手順

①2体のフェンリルを同時処理
→敵が召喚
②ギャラクシーの反撃起動後、弱点側に挟まる
→禁忌(21)と同じ手順

立ち回りの注意点・コツ

基本的な立ち回りは禁忌(21)と同じステージです。

相互蘇生を行うフェンリルを同時に処理し、ドクロ効果でギャラクシーが呼び出しましょう。

呼び出されたギャラクシーは開幕に反撃モードとなり、発動することで玉が透過します。そのため、反撃誘発後にシュリンガーラの弱点と敵の間に挟まっていきましょう。

バトル2

①開幕②処理後
モンスト_禁忌30_ステ2
モンスト_禁忌29_ステ2_処理後

攻略の手順

①魔導師4体を同時処理
→全処理でブロックがオン
②玉は壁際で攻撃
→2つとも弱点攻撃で倒す
③カルナはキャノンベースで攻撃
→弱点側のキャノンベースを利用する

立ち回りの注意点・コツ

ここでは禁忌(12)・禁忌(22)と似た立ち回りのステージとなっています。

まずは相互蘇生を行う魔導師を4体全てを同時に倒しましょう。魔導師処理によるドクロで弱点効果アップ+ブロックの切り替わりが行われます。

カルナに対してはキャノンベースでの攻撃が有効ですが、玉を処理しないとキャノンベースがカルナに当たりません。玉はカルナとダメージ共有をしているため、なるべく玉でダメージを稼ぎつつ残ったカルナのHPをキャノンベースで削りましょう。

バトル3

①開幕②入れ替え後
モンスト_禁忌29_ステ3
モンスト_禁忌_30__バトル3入れ替え後

攻略の手順

①倒しやすい雑魚から倒す
②天使は2ターン以内の処理が理想(4ターン以内には必ず処理)
→ヴィーラが左側に移動
③ヴィーラの壁際で攻撃
→天使が召喚されたら最優先
※感染毒の扱いに要注意

立ち回りの注意点・コツ

ここでは禁忌(18)と似た立ち回りのステージとなっています。

基本的には手番のキャラの倒しやすい敵を倒し数を減らしていけば良いですが、天使が2ターン後にDWを展開してきます。そのため、天使の処理は2ターン以内に行うのが理想です。

天使を倒すことで回復弾の発射とヴィーラとルーペの配置が入れ替わりますが、この入れ替わりはルーペの左数字の行動でも行なわれます。そのため、4ターン以内に一度天使を倒しておき、ルーペの行動で位置を戻されたら再度蘇生した天使を処理してヴィーラを右側に配置させましょう。

ヴィーラの削りは壁との隙間で弱点を攻撃することで大きく削ることができますが、ヴィーラのHPが高めのため2回、3回繰り返す必要があるでしょう。

また、このステージでは感染毒をヴィーラが行いますが、次ステージでは動き回る立ち回りが求められるため、必ず毒状態を解除して突破できるようにしましょう。

バトル4

モンスト_禁忌29_ステ4

攻略の手順

①反射制限を同時処理
→加速雑魚に反撃モードを付与
②反撃で弱点効果アップさせてサンダーバードを同時処理
→禁忌(24)と同じ手順
③反撃で弱点効果アップさせつつ、ラウドラの弱点を攻撃
※スモッグのダメージには要注意

立ち回りの注意点・コツ

このステージは禁忌(24)と同じ立ち回りとなります。

反射制限を同時に処理した後、加速雑魚の反撃効果による弱点効果アップ状態の弱点を攻撃してサンダーバードを同時に倒しましょう。

禁忌(24)で厄介であった弱点効果アップまでのラグがこのステージでも難点となります。加速雑魚の加速効果が大きいため、なるべく薄めの角度で弾いて貫通状態で1筆書きをしましょう。

ボス削りも弱点効果アップ後の殴りが重要となります。ラウドラからの被ダメージが高いため、ダメージスモッグ展開時は次の攻撃に耐えられるようにしっかりとHP管理を行いつつ立ち回りましょう。

バトル5

モンスト_禁忌30_ステ5

攻略の手順

①2体のモロクを同時処理
②キャノンユニットでターバンを同時処理
→薄めの横カンで処理
→処理でHWが展開
③キャノンユニットでアドゥブタの弱点を攻撃
→弱点とユニットを結ぶ角度で弾こう
→自走効果のあるSSは使用するのもOK

立ち回りの注意点・コツ

アドゥブタ+禁忌(19)の立ち回りが合わさったステージです。

まずは処理をしやすいモロクを直殴り+キャノンユニットを利用して素早く同時処理します。その後のターバン処理は薄めの動きで左右からキャノンユニットを出すのが理想ですが、オニャンコポンやアルセーヌを編成している際は友情コンボも利用するといいでしょう。

雑魚処理後はアドゥブタでお馴染みのキャノンユニットを利用したボス削りです。弱点とキャノンユニットを結んだ角度で弾き、キャノンユニットをボスの弱点に当て続けましょう。

角度が少しでもずれてしまうと一方の弱点に当てることができないため、何度か弾いていく上で角度に慣れていきましょう。また、雑魚処理に手間取ってしまった場合は自強化系SSを使って行動距離を伸ばすかの判断を早めに決めるのが大切です。

バトル6

①開幕②処理後
モンスト_禁忌30_ステ6
モンスト_禁忌30_ステ6_処理後

攻略の手順

①蘇生ペアごとに雑魚処理
→レザバリの有り同士・無し同士でペア
→禁忌(15)と同じ手順
②ムラマサを倒して中ボスを防御力ダウン
③ダウン状態で中ボスの壁際に挟まる
→HP削りが鬼門なので、SSを使用するのもOK
※蓮華の反撃(回復弾)で適宜HP回復

立ち回りの注意点・コツ

ここでは禁忌(15)と同様の立ち回りとなります。

レーザーバリアの有り・無し同士で雑魚は蘇生するため、蘇生ペア毎に素早く倒しましょう。

雑魚処理を終えるとブロックが切り替わり、ムラマサが呼び出されます。ムラマサは毎ターン中ボスの防御アップを行うため、次の手番が火力に期待できるキャラの場合は必ず倒し奈落を防御ダウンとしましょう。

ここではボス削りが非常に困難となっています。ダウン状態の奈落と壁の隙間に挟まり一気にダメージを稼ぐことも狙えますが、中央の危険攻撃までに余裕がある場合は薄めの横移動で貫通状態で弱点往復で徐々に削るのも一つの手です。

また、回復手段となる蓮華の反撃による回復弾は縦方向に固定で放たれるため、意識して回復弾を拾いに行かないと残りHPが危険な状況となります。ボス火力も大切ですが、HP管理にも注意して立ち回りましょう。

バトル7

モンスト_禁忌30_ステ7

攻略の手順

①がしゃどくろを倒す
→ドクロで小範囲の攻撃アップ爆発
→2体のドクロで最低1体は必ず付与させる(バフ無しの状況だとボス削りがほぼ不可能に)
②蓮華の反撃を発動させつつスプリッツァーを全て倒す
③中ボスの弱点を攻撃して削る

立ち回りの注意点・コツ

ここでは禁忌(20)と同様の立ち回りとなります。

がしゃどくろを倒すことで小範囲の攻撃アップ爆発が行われるため、攻撃アップ状態での殴りで奈落を削る流れとなります。

奈落の削りには弱点を攻撃する必要がありますが、HPが高めのため蓮華が展開する加速壁を利用しても1ターンで削りきるとは困難です。そのため、攻撃アップ爆発はなるべく多くの味方に付与しておけると安全です。

また、攻撃アップ状態を維持した状態でボス戦に突入できると、雑魚処理・ボス削りが有利に行えるため意識しておきましょう。

禁忌の獄(30)のボスステージ攻略

ボスの攻撃パターン

ターン 攻撃の種類 ダメージ等*
左下1
(次5)
全敵毒メテオ 毒:1体1500
右上2
(次3)
反射拡散弾 1列約3000
左上4 全属性ホーミング 合計約20000
右下10
(次2)
電撃 即死級

*ダメージは怒り状態・属性相性などで増減

ボス戦1

①開幕②処理後
モンスト_禁忌30_ボス1
モンスト_禁忌30_ボス1_処理後
ボスのHP

▲ボスの攻撃パターン

攻略の手順

①弱点パネルを踏みつつ騎士の弱点を攻撃
→全処理でブロックオフ+村正が召喚
②村正を倒しボスを防御力ダウンさせつつ弱点攻撃
→防御力ダウンは継続しないので、毎ターン処理が必要
※蓮華の反撃(回復弾)で適宜HP回復

立ち回りの注意点・コツ

弱点効果アップパネルを踏んで騎士雑魚の弱点を攻撃して素早く処理しましょう。騎士雑魚は蘇生をしませんが、左右の2体ずつを2ターンにかけてそれぞれ倒すのが安全です。

騎士雑魚処理でムラマサの呼び出し&ブロックが切り替わります。呼び出されたムラマサを倒すとそのターンのみボスの防御ダウン効果が発動するため、「弱点効果アップパネル+防御ダウン+弱点攻撃」でボスを削っていきます。

防御ダウンが入る前にイレバンをしてしまう可能性が非常に高く、防御ダウン後にボスの下に入り込むことはほぼほぼ運でしかありません。条件が揃った殴りでも致命的なダメージを与えられるわけではないですが、1回でも多く攻撃できるように立ち回りましょう。

また、蓮華が反撃で展開する加速壁は次のキャラの行動時まで展開されます。加速壁により行動時間を伸ばすのは非常に重要なので、蓮華の反撃誘発だけは毎ターン必ず行いましょう。

モンスト攻略関連リンク

《禁忌の獄》攻略記事
モンスト_禁忌29アイコン
禁忌(29)
モンスト_禁忌30アイコン
禁忌(30)
モンスト _阿頼耶EXアイコン
阿頼耶(30EX)
▶︎『禁忌の獄』の全クエスト攻略・報酬まとめ

モンストの各種リンク

モンスト各種リンク
モンストトップページモンスト攻略のトップページはコチラ
!注目の人気記事!
リセマラ当たりランキング_buttonリセマラ当たり 最強キャラランキング_button最強キャラ 獣神化_button獣神化予想
降臨最強ランキング_button降臨最強 運極おすすめランキング_button運極オススメ 追憶の書庫_button書庫オススメ
覇者の塔_button覇者の塔 禁忌の獄_button禁忌の獄 神獣の聖域_button神獣の聖域

AppMedia厳選ランキング