パズドラの”冥鉄弐角”は強いのかどうかや、リーダー、サブとしての使い道を紹介しています。冥鉄弐角の入手方法、スキル上げをするべきかについても記載していますので、入手された方は攻略の参考にしてください。

冥鉄弐角のステータスと入手方法

s_冥鉄弐角

リーダーとしての強さ Bランク
サブとしての強さ Aランク

最強リーダーランキングはコチラ

冥鉄弐角のステータス

モンスター名 煉獄の乱刃・冥鉄弐角
レア度 ☆6
属性 drop_dark/drop_dark
タイプ s_攻撃/s_体力
コスト 30
最大レベル 99
スキル
ドロップ変化・命獄X
drop_treedrop_darkdrop_lights_回復ドロップに変化
drop_darkを強化
ターン数(11→8)
覚醒スキル
s_2体攻撃s_2体攻撃s_スキルブーストs_操作時間延長

おすすめの覚醒スキル覚醒方法を紹介
能力覚醒のやり方とたまドラの使い道

冥鉄弐角の入手方法と実装時期

入手方法

・パズドラレーダーの「コレクション」機能の達成報酬のダンジョンにて撃破時にドロップ

レーダーの使い方や出来ることはコチラ

実装時期

2016.9/8

冥鉄弐角の評価

リーダーとしての評価

闇をつなげて火力アップ

闇を6個以上つなげることで3倍の攻撃倍率が発動するシンプルな列リーダーです。攻撃タイプに常時倍率が発生し、攻撃タイプの不安な回復力を補えるので、なかなかバランスのとれたパーティとなります。

どうしてこうなった

列リーダーと思いきや覚醒は2体攻撃2個とうまくスキルとリーダースキルがかみ合っていません。実際リーダーとしては火力不足なので、遠回しでサブ運用してねというメッセージが込められている可能性すらあります。

サブとしての評価

明智の色違い

攻撃色と回復を同時に生成し、ドロップ強化まで行える明智光秀と同じタイプのスキルです。変換色はパンドラと同じなので、アーマードバットマンとともに編成すると闇多めの2色盤面を作り出せます。

高い攻撃性能

2000に迫る攻撃力と2体攻撃を2個持っているので、2体攻撃を活かせるパーティに編成してあげると力を発揮しやすいです。

パンドラに装備しよう

攻撃性能は高いですが、覚醒は4個と少なく封印耐性もありません。2体攻撃を活かせるパーティ以外に編成するのならば同じ変換色のパンドラのアシストモンスターにした方がいいでしょう。

スキル継承に関してはコチラ
スキル継承システムとは
スキル継承おすすめモンスター一覧

冥鉄弐角の使い道

サブとしての使い道

オススメの就職先となるリーダー

2体攻撃複数持ちを活かせるパーティへ就職させましょう。

リーダー 適正度 テンプレ
覚醒ヨミ ☆☆☆☆・ テンプレ
覚醒セポネ ☆☆☆☆・ テンプレ
覚醒ハク ☆☆☆・・ テンプレ

適正度について
☆5:最適(テンプレに入る)
☆4:適正(テンプレの代用として有用)
☆3:使える(代用候補とまではいかないが使える)
☆2:妥協(リーダーの邪魔をしない)
☆1:間に合わせ程度

クロスコラボモンスター一覧

レーダー連携クロスコラボモンスター

カゲヌエ クニヌエ カミヌエ
s_ユミツカミノミコ・カゲヌエ 2 s_ヨミツカミノミコ・クニヌエ 2 s_ヤマツカミノミコ・カミヌエ 2
s_評価用_アイコン s_テンプレ用暗転_アイコン s_評価用_アイコン s_テンプレ用暗転_アイコン s_評価用_アイコン s_テンプレ用暗転_アイコン
炎鉄双角 森鉄両角 冥鉄弐角
s_炎鉄双角 2 s_森鉄両角 2 s_冥鉄弐角 2
s_評価用_アイコン s_テンプレ用暗転_アイコン s_評価用_アイコン s_テンプレ用暗転_アイコン s_評価用暗転_アイコン s_テンプレ用暗転_アイコン
火水サムライ
トロール
水火サムライ
トロール
木火サムライ
トロール
s_火水サムライトロール 2 s_水火サムライトロール 2 s_木火サムライトロール 2
s_評価用_アイコン s_テンプレ用暗転_アイコン s_評価用_アイコン s_テンプレ用暗転_アイコン s_評価用_アイコン s_テンプレ用暗転_アイコン
火木ハンマー
トロール
水木ハンマー
トロール
木水ハンマー
トロール
s_火木ハンマートロール 2 s_水木ハンマートロール 2 s_木水ハンマートロール 2
s_評価用_アイコン s_テンプレ用暗転_アイコン s_評価用_アイコン s_テンプレ用暗転_アイコン s_評価用_アイコン s_テンプレ用暗転_アイコン

パズドラ攻略情報

最強リーダーランキングはこちら
▶︎最強リーダーランキング

リセマラでおすすめのモンスターはこちら
▶︎最新リセマラランキング

おすすめの潜在覚醒スキル/付け方を考察
おすすめの潜在覚醒スキルや付け方