モンストの友情コンボ”プラズマ”や”追従型貫通弾”の使い方、攻撃範囲などを紹介していきます。新しく手に入れたキャラの友情コンボについて知りたい方は参考にしてみてください。

プラズマ・追従型貫通弾の解説と使い方

プラズマの特徴

友情コンボプラズマ

味方との間にプラズマを発生させる

キャラに当たると発生するプラズマで、間にいる敵を攻撃します。大ダメージを狙うこともできる強力な友情コンボである一方、上手く扱うためにはキャラの配置などが重要になります。

うまく敵を間に挟もう

プラズマはキャラが動いている間ずっと攻撃判定があるので、敵をプラズマの軌道上に挟んで動き続けることが重要になります。

敵に触れると減速するので、プラズマを最大限活かすなら敵を間に入れつつ、なるべく壁だけに触れるのが理想です。

強すぎたゆえの下方修正

プラズマは実装当初、ワープに飛び込んだ間もヒットし続ける仕様だったため、今以上に活躍の場面が多くありました。

しかしその強さゆえか、ワープに飛び込んだ間のプラズマの挙動が不具合とみなされ、大きく下方修正を受けることに。修正されてもなお強い友情のままですが、弱体化はやはり残念です。

主な所有キャラ

キャラ名 種別
クシナダ(超絶) メイン
スピード型
ルシファー(進化) メイン
バランス型
キスキル・リラ(進化) メイン
砲撃型
妲己(神化) サブ
バランス型
など

追従型貫通弾の特徴

友情コンボ追従型貫通弾

プラズマに似ている

触れた仲間の方向に向かって多数の貫通弾を放つという特性上、プラズマに近い軌道を描いて攻撃します。プラズマが完全な直線なのに対して、追従型貫通弾は曲線の軌道を描きます。

味方の後ろまで攻撃

プラズマと異なり、貫通弾が引っ張っている味方の後ろまで抜けていきます。攻撃範囲がプラズマよりも広いので、ヒット数やダメージ量を稼ぎやすいといえます。

減速をうまく利用しよう

追従型貫通弾をうまく扱うには、「どこで減速するか」の方が重要となります。

追従型貫通弾は、キャラの動きが早すぎると弾が散らばり思ったようなダメージを出せません。キャラが減速し始めてから停止するまでの間が最も弾を集中させられるので、そのタイミングで動かしたキャラとの間にボスが来ると非常に高いダメージを出すことができます。

アラジンとの組み合わせ

反撃モードで拡大爆破弾を出すアラジン(獣神化)と組みわせると特殊な挙動をとります。

反撃モードアラジンの爆破弾の爆発範囲にダルタニャンがいると追従型貫通弾が誘発されます(ここまでは普通)。

このあと、本来アラジンに向かって放たれるべき追従型貫通弾が、どういうわけか近い敵をロックオンして放たれます。弾数の上限が高い上に、近くの敵が倒れると自動で別の敵をロックオンするため、敵のHPによってはこの挙動だけでステージ上のザコを一掃することも可能です。

修正されるべき挙動だったのですが、公式はこの仕様を正式なものとして認め、修正されることはありませんでした。アラジンとダルタニャンの位置関係が重要になりますが、使いこなせると非常に強力です。

主な所有キャラ

キャラ名 種別
ダルタニャン(神化) メイン
ナイチンゲール(進化) メイン
聞仲(神化) サブ

プラズマ/追従型貫通弾まとめ

どちらも使い方に慣れは必要ですが、出せる平均火力の高い優秀な友情コンボです。記事だけでなく、ぜひご自身で使ってみましょう!

各ランキング

ガチャあたりボタン スペック最強ボタン 降臨キャラボタン ステータスボタン
リセマラボタン 運極ボタン 獣神化予想ボタン かわいさボタン