モクバイベント開始!氷炎の双竜をゲットしよう!
▶モクバイベント攻略チャートはこちら!

遊戯王OCGにおける、2017年7月から適用される新リミットレギュレーション/新制限改訂のまとめ・紹介をしています。今後の環境予想なども載せているので、ぜひデッキの調整や大会に挑む際の参考にしてください。

新リミットレギュレーション

新リミットレギュレーションまとめ

変更があったカード

2017年7月施行【新リミットレギュレーション】
禁止カード
十二獣ブルホーン
制限カード
真竜剣皇マスターP
妖精伝姫-シラユキ
ドラゴニックD
準制限カード
EMペンデュラムマジシャン
黒き森のウィッチ
彼岸の悪鬼 スカラマリオン
レスキューキャット
異次元からの埋葬
命削りの宝札
儀式の準備
機殻の生贄
テラフォーミング
ブラックホール
ユニオン格納庫
揺れる眼差し
竜の渓谷
神の通告
制限解除
カオスソルジャー -開闢の使者-
慧眼の魔術師 
ゴヨウガーディアン 
終末の騎士 
DDスワラルスライム
爆竜剣士イグニスターP
氷結界の龍 ブリューナク
洗脳-ブレインコントロール

弱体化するデッキ

十二獣

s_十二獣ブルホーン
《十二獣ドランシア》《十二獣の会局》の禁止、《十二獣モルモラット》の制限に続く《十二獣ブルホーン》の禁止により、今度こそ純十二獣の勢いは衰えると思われます。しかし《十二獣ヴァイパー》や《十二獣ライカ》などの強力なモンスターは依然と存在し、十二獣モンスター1枚から《ミセスレディエント》までアクセス可能なため、出張パーツやコンボギミックとしてまだまだ使用される機会があるかと思われます。

真竜

真竜マスターP
《真竜剣皇マスターP》の制限と《ドラゴニックD》の制限を受け、かなりの弱体化となりました。特にサーチもできて任意の自分のカードを破壊することができる《ドラゴニックD》は、デッキの核となるカードなため、純真竜にとっては大きな痛手となります。

強化されるデッキ

EM

s_EMペンデュラムマジシャン
強力なサーチ効果を持つ《EMペンデュラムマジシャン》が制限から準制限に緩和されました。また純粋なEMカードではないものの《慧眼の魔術師》の制限解除も本デッキの強化に一役買うと思われます。

ABC

ユニオン格納庫
《ユニオン格納庫》が制限から準制限に緩和されたことにより、また以前のような《ABCドラゴンバスター》による先行制圧が息を吹き返しつつあります。《テラフォーミング》が準制限に指定されてしまいましたが、《盆回し》による《ユニオン格納庫》のサーチが可能なので、あまり弱体の影響はないかと思われます。

カオス

s_カオスソルジャー開闢の使者
《カオスソルジャー -開闢の使者-》《終末の騎士》の制限解除、《黒き森のウィッチ》準制限への緩和を受けて、カオス系統のデッキが力を取り戻しつつあると思われます。カオス系統のデッキはカードの種類もさることながらデッキのタイプも無数に存在するので、

DD

DDスワラルスライム
DDの初動のキーカードである《DDスワラルスライム》が制限解除されたことにより、本来の強力な展開が安定して行えるようになると思われます。新ルールと折り合いをつけて、新規カードを取り込めばまた強力なカテゴリになるかと思われます。

彼岸

s_彼岸 スカラマリオン 2
《彼岸の悪鬼 スカラマリオン》が準制限に緩和されたことにより、《魔界発現世行きデスガイド》をサーチしやすくなりました。また《カオスソルジャー -開闢の使者-》の制限解除により、カオスに寄せて制圧力を高める構築にすることも可能です。