image

白猫プロジェクトにおける5000万記念限定キャラクターであるシャルロット(剣士)とオウガ(斧)のどちらの方が当たりなのかを紹介しています。様々な観点から考察していますので是非参考にしてみてください。

【5000万DL記念キャラ】

オウガ シャルロット
オウガ シャルロット

シャルロットとオウガはどっちが当たり?

どちらも性能が高く、甲乙つけがたいですが様々な使用状況を想定してどちらの方が当たりなのかを考察していきたいと思います。

リセマラをする際などに参考にして、どちらを狙うか決めてみましょう。

ストーリー攻略ではシャルロットが有利

シャルロットにはオートスキルに「移動速度+50%」が付いている為、移動の多いストーリーにおいて攻略速度が著しく上がります。このオートスキルはスキルにも反映される為、移動しながら攻撃出来るスキル1の射程も伸び、移動しつつ敵を出現させ倒すというショートカットも出来る点からシャルロット有利と考えます。

ボス面では小型モンスターが大量に出現するマップでは敵を吸い込めるスキル1、移動しながら追尾するスキル2を持っているオウガ有利ですが大型相手なら即撃破できる点、ボス面よりも移動する場面の方が多い点からこの項目ではシャルロットの勝利です。

高難易度クエストや協力プレイでは互角!

どちらも攻略プレイではかなり大活躍するキャラクターです。シャルロットはスキル1のバリアとリジェネで安全性と小型モンスターの処理に優れ、大型モンスターに対してはスキル2で瞬殺できる為一人いるだけで攻略難易度がグッと下がります。育成のしっかりとしたシャルロットであれば現状の協力プレイで出現する大型モンスターならほぼワンパンできるので味方や自身の被弾リスクも下げられる点が高評価です。

オウガはオートスキルに「敵撃破時被ダメージ−6%」のオートスキルで最大60%まで被ダメージを下げられ、元の防御値も高めに設定されている為圧倒的な防御力を実現します。またスキル2では敵に与えたダメージを吸収する為上記二つが合わさる事で圧倒的な耐久力を持つ事ができます。ですが火力面はシャルロットに大きく劣り、リジェネのような味方を助けるスキルは持っていないのでその点ではシャルロットに少し劣ってしまいます。ですがそれを補って余るくらいの耐久性とソロ性能を持っているので、この項目では互角とします。

リセマラではシャルロットがおすすめ!

リセマラにおいてキャラを引いても☆4の武器がなくてはそのキャラクターの強さを最大限まで活かす事は難しくなってしまいます。この点から見ると現在開催中の呪いの剣イベント呪剣を入手可能なシャルロットが有利だと言えます。更に呪剣は現状シャルロットに一番合う武器だと言えるのでイベント開催中の今であればやはりシャルロットがおすすめです。ストーリー攻略も移動速度と使い易いスキル1の点でサクサク進められる点も嬉しいですね。

オウガの場合は強みを出すのに時間がかかる

リセマラして序盤は☆4キャラであれば職にもよりますが敵のダメージはとても小さくあまり気にしなくても問題ないですが、オウガの強みがオートスキルを活かした耐久性です。

これは序盤ではあまり必要ではなく、もう一つの「攻撃速度+50%」は斧の攻撃力の高さも噛み合って非常に協力でサクサク進められるのですが、こちらは友情覚醒後に習得できるオートスキルになっています。リセマラ当初のタウンだと親密度ボーナスもないので一回のクエストで親密度は2。最大値280まで上げるのに140回クエストをこなす必要があります。

スキル2は移動しながら敵を追尾して攻撃するので便利ですが連発出来るほど消費SP量は低く設定されていない為速度面ではやはりシャルロットに劣る印象です。

まとめ

リセマラであれば相性抜群の☆4武器をジュエルを使うことなく手に入れられる点やストーリーもサクサクになるシャルロットが圧倒的におすすめだと言えます。ですが既に始められている方や高難易度攻略にも取り組んでいる方にとってはどちらも同じくらい当たりだと言えます。難易度が上がれば上がる程敵の攻撃力が上がるので受けるダメージも増えていきます。

シャルロットはバリア持ちですが多段ヒットする攻撃には弱く、元の防御力はそこまで高くはない為死んでしまうケースもあるでしょう。その点オウガはウッホ種の回転攻撃を受けても余裕で耐えられる耐久性を持っている点や斧という職の都合上、面倒なムカデ種などをすぐに片付けられる点は非常に優秀です。総合的な評価で言えばリセマラ、序盤、高難易度の攻略全てに隙がないシャルロットの方が当たりだとこの記事ではまとめさせていただきます。もちろんどちらも大当たりキャラなのに違いはありません。

【白猫】お役立ち情報

▶︎リセマラランキング

▶︎武器ランキング

AppMedia求人バナー