ポケモンGO(ポケモンゴー)がどれぐらいの経済効果をもたらしているのかを記載しています。ポケモンGOに関する情報も掲載していますので参考にして下さい。

ポケモンGO攻略はこちら

ポケモンGOの経済効果

s_510677_pcl 2

トータル10兆円規模

米国などで配信が始まった6日以降、任天堂の株価は約2倍に上昇。時価総額は約2兆円はね上がった。コラボする日本マクドナルドは大幅な集客増が見込まれ、今後多くの企業が任天堂の許可を得て、ゲームのアイテムを配置するなどの手法で参入しそうだ。森永氏は「イベントや観光地、商店街の活性化など、いくらでもやりようがある」と多業種に効果が波及すると指摘する。

ゲーム雑誌「ファミ通」を発行するカドカワの浜村弘一取締役は「ポケモンGOは人を動かす集客のインフラとなる。町おこしのツールとしても注目される。多数の人の少額課金に加え、企業などと提携して収入が入ってくるシステムもあり、ハイブリッドのビジネスと言える」とした。

「ポケモンGO」大ヒットの理由を、ITジャーナリスト井上トシユキ氏は「これまでもGPSと連動し、バーチャルリアリティーを売りにしたゲームはあったが、今回のは凄く性能がいい」と分析する。
1996年に誕生したポケモンは今年で20周年。井上氏は「小中学生の頃から慣れ親しんだ20~30代が、ポケモンGOのコアユーザーとみられる。このタイミングの発売も絶妙」と指摘。この世代は、子供の頃に胸躍らせた世界観を鮮烈に持っている。それをリアルに再現するゲームが、成人して金銭に余裕のできた時期に完成した意味は大きいのかもしれない

出典:スポニチ

外出のきっかけ

ポケモンGOを楽しむためには外に出てプレイする必要があります。外を歩き回るためには靴が必要で、歩き回って疲れてくると飲み物や食べ物買いに行き、また長時間プレイするためのモバイルバッテリーを購入したりとポケモンGOをプレイすることで消費促進へとつながります。

ポケストップの設置

ポケモンを捕まえるうえで欠かせないアイテム「モンスターボール」。そのモンスターボールを獲得できるスポットが「ポケストップ」です。このポケストップは各地の名所や施設に設置してあり、これを求めてユーザーがその場所に集中した結果、マクドナルドなどの企業の売り上げが増加しています。
ポケストップとは?詳細はこちら

ポケモンGOによる経済効果まとめ

世界最速セールスNO.1

7/6に配信が始まり、7/22に日本でもサービスが開始されたポケモンGOですが、1ヶ月の売り上げがなんと200億円を超えました。これは今までに類を見ない数字であり、歴史的社会現象の一部となっています。基本的に無料でプレーできますが、ポケモンを集めることを有利にする「ルアーモジュール」や「おこう」などのアイテムをポケコインという有料アイテムで購入できます。その有料アイテムが売り上げの元となっていますが、他企業の広告費もかなりの額が支払われるはずです。開発元となったナイアンテックだけでなく他企業も多大な恩恵を受けているポケモノミクス。この先もまだまだ期待できそうです。

ポケモンGO関連リンク

人気記事一覧
ico_saikyorank ico_rarespot ico_raretable
ico_rarecapture ico_pokemonnest ico_pokemonegg
攻略情報一覧
▶︎バトル勝つ方法 ▶︎チームについて ▶︎個体値について
▶︎星のすな集め方 ▶︎アメの集め方 ▶︎進化と強化
▶︎ポッポマラソン ▶︎電池消費抑え方 ▶︎博士に送る
裏ワザ一覧
近くにいるポケモン イーブイ裏技 ピカチュウ裏技
タマゴ孵化シミュレーター
2kmタマゴ 5kmタマゴ 10kmタマゴ
その他の掲示板
ポケモンGO雑談掲示板雑談掲示板 ポケモンGO質問掲示板質問掲示板
出現報告はこちらから 出現報告掲示板