白猫プロジェクト

白猫プロジェクト攻略Wiki

コロプラが提供する「白猫プロジェクト」の攻略wikiです。最新のリセマラ情報やクエストの攻略、タウンミッションの詳細やキャラのデータなど、様々な情報を網羅しています。

常設クエスト攻略

ノーマルエリア攻略

ナイトメアエリア攻略

4人協力

キャラ情報一覧

武器情報一覧

AppMedia
記事

【白猫プロジェクト】武器「クリーヴ・ゴルム」は強い?ステータス、評価

白猫プロジェクト(白プロ)の★4剣士武器「クリーヴ・ゴルム」のステータス紹介と評価になります。「クリーヴ・ゴルム」は★4剣士ダグラスのモチーフ武器です。ほかの★4武器にもおくれをとらない武器であり、なんといってもダグラスのイベントを一通りクリアすることで手に入るという魅力的な武器です。
以下のステータス紹介と評価を参考にしてみてください。

クリーヴ・ゴルム

CBnhcoL_bXmievT1414662676_1414662689

クリーヴ・ゴルム

クリーヴ・ゴルム
初期 最大
攻撃 20 45
防御 7 14
会心 18 42
追加効果
属性効果
スキル

2進化マーク2_compressed

プルール・ナ・ヴァン

j8NwXgqwAMIITPi1414662536_1414662556

プルール・ナ・ヴァン

プルール・ナ・ヴァン
初期 最大
攻撃 28 63
防御 10 22
会心 26 60
追加効果
属性効果
スキル

2進化マーク2_compressed

ティル・ナ・ノーグ

Jv_xxJhMQJuX5uT1414662589_1414662603

ティル・ナ・ノーグ

ティル・ナ・ノーグ
初期 最大
攻撃 41 81
防御 13 30
会心 34 71
追加効果
属性効果
スキル

クリーヴ・ゴルムはおすすめ?強い点、弱い点

注意 ガチャ排出ではなくイベント限定!

この武器は、ダグラス登場の限定イベント「Brave the Lion」にて配布される武器です。配布武器にしては強いものとなっていますが、配布条件は当イベント「冥府級」をクリアすることとなっており、初心者には難易度が高いものでもあります。

→Brave the Lion「冥府級」攻略動画!!

強い点、弱い点

最終進化の「ティル・ナ・ノーグ」も含めてみていきます。

防御、会心が高い!

この武器で一番強い点は他の★4剣士武器の中でも防御力が最高レベルであるところです。前衛で戦う剣士にとって防御力があがつことはとても大きいです。クライヴのモチーフ武器「ホーリーシュヴェルト」も防御力はあがりますがこちらの武器の方が防御力、会心共に勝っています。しかし攻撃力は負けているのでそこはミッションによって使い分けることができると思います。

攻撃が低いので注意

他の★4武器と比べても武器の全体的なバランスとしてはとても良いと言っても過言ではありません。しかし★4剣士武器なかで攻撃力が低いので注意が必要です。防御力はしっかり確保できるので手数で上手く戦っていきましょう。

相性の良いキャラは?

やはり一番のおすすめはダグラスに装備することです。ダグラスの攻撃力は★4剣士の中でも高い攻撃力があり、この武器の低い攻撃力を補えますし防御力も★4剣士の中でかなり高いので防御力もしっかり確保でき前衛でしっかり役割を果たせます。

他のおすすめのキャラはマイです。マイは★4剣士の中で比べてもかなり防御力が高くこの武器を装備することで申し分ない防御力になります。攻撃力は少し不安になりますが、マイのアクションスキル2で自信を強化すれば問題ないと思います。

※2014.10/30現在このイベントは行われていませんが、11月12月と開催する予定だそうですので是非挑戦しましょう!!

【PR】おすすめ事前登録ランキング
【PR】新作アプリおすすめランキング
【PR】人気アプリおすすめランキング

以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 あらかじめご了承ください。


・公序良俗に反する投稿
・スパムなど、記事内容と関係のない投稿
・誰かになりすます行為
・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿
・一度削除された投稿を再び投稿すること
・外部サイトへの誘導や宣伝
・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿
・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿
・その他、管理者が不適切と判断した投稿


また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

AppMedia - ゲーム情報局
アプリ配信カレンダー
配信カレンダーをもっと見る