マスターデュエル_スペルスピードアイキャッチ

遊戯王マスターデュエルのスペルスピードの仕組みについて解説しています。スペルスピード一覧やモンスター効果の分類・見分け方に関しても記載していますので、遊戯王を始めたばかりのプレイヤーは参考にご覧ください。

関連記事
最強デッキランキング リセマラ当たりランキング
シークレットパック一覧 おすすめ設定と変更方法

遊戯王マスターデュエル攻略トップ

スペルスピードとは?

全てのカード効果に設定されている優先順位

マスターデュエル_スペルスピード解説4

「スペルスピード」とは、全てのカード効果に設定されている1〜3までのスピード(優先順位)のことであり、発動したカードよりもスペルスピードが遅いカードはチェーン発動することができないというルールが定められている。

また《虹の古代都市-レインボー・ルイン》など1枚で複数の効果を持つカードの場合、それぞれの効果の発動条件によってスペルスピードが変動することがあるので注意が必要。

なお、スペルスピードは「スペルスピード1」が最も遅く「スペルスピード3」が最も速い。

「チェーン」の仕組みと解説はこちら

スペルスピード一覧

スペルスピード1

マスターデュエル_スペルスピード解説1
スペルスピード1のカード効果は、スペルスピードの中で最も遅い上に「自発的に」チェーン発動することができない。

例外として、《クリッター》と《黒き森のウィッチ》が同時に墓地に送られるなど「スペルスピード1のカード効果が同じタイミングで発動する」場合はチェーン発動することができ、また通常のチェーン処理とは異なり「ターンプレイヤーが発動したカード効果のチェーンを組み終えた後に相手がチェーンを組めるようになる」ので注意が必要だ。

「チェーン」の裁定を利用したテクニック

スペルスピード2

マスターデュエル_スペルスピード_解説2

スペルスピード2のカード効果は、スペルスピード1スペルスピード2のカード効果に対してチェーン発動することができる。

特に、タイミングを選ばずに発動できるカードや相手ターンでも任意に発動できるカードが分類されており、モンスター効果の中でも「誘発即時効果」に分類されるカード効果がスペルスピード2に設定されている。

スペルスピード3

マスターデュエル_スペルスピード_解説3

スペルスピード3のカード効果は、どのスピードに対してもチェーン発動することができる最も速いカテゴリであり、《カウンター罠》のみが属している。

つまり《カウンター罠》に対しては《カウンター罠》でしかチェーン発動できず対抗できないため、効果を妨害されずに通しやすいのが特徴的。

【例外①】スペルスピードを持たない効果

スペルスピードが設定されていない効果
永続効果
効果を発動せずに自身を特殊召喚する効果
『フィールドから離れた場合に除外される』効果
『特殊召喚またはリリースなしで召喚したこのカードの元々の攻撃力は~になる』効果
『魔法カード扱いとして手札から魔法&罠ゾーンにセットできる』効果
『自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない』効果
『融合素材モンスター1体の代わりにできる』効果
『~を素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る』効果
『モンスターゾーンで破壊された場合、墓地へ送らずに永続魔法カード扱いとして自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる』効果

例外として、フィールド・墓地に存在し続ける限り効果が適用される《永続効果》や効果発動をせずとも適用される《ルール効果(分類されない効果)》などのチェーンブロックを作らないカード効果にはスペルスピードが存在しない。

【例外②】ダメージステップではカードの発動制限がある

ダメージステップ中に発動できる効果
《カウンター罠》のカード効果
テキストに『〜する・〜しなければならない』と記載された強制効果
『ダメージステップ時』と記載されている効果
『ダメージ計算を行わず』と記載されている効果
『ダメージ計算前・計算時』と記載されている効果
『ダメージを受けた時』と記載されている効果
『戦闘を行った・戦闘で破壊された時(場合)』と記載されている効果
『リバースした時(場合)』と記載されている効果
『手札に加えられた時(場合)』と記載されている効果
モンスターの攻撃力・守備力を変動させる効果
『カード・効果の発動を無効にする』効果の魔法・罠カード
『カード・効果の発動を無効にする』効果の誘発即時効果

攻撃宣言後に移る「ダメージステップ時」では、スペルスピードに関わらず効果を発動できないカードが存在する。

基本的にはテキストに「ダメージステップ時」や「戦闘を行った時」などと記載されたカード効果とモンスターの攻撃・守備力を変動させる効果、カウンター罠が発動可能。

しかし、魔法・罠カードや誘発即時効果の中でも「カード・効果の発動を無効にする」効果はダメージステップ中にも発動できるが、「カード・効果を無効にする」効果は発動できないとややこしい部分もあるので注意が必要だ。

発動を無効化する(ダメステ発動可能)
召命の神弓-アポロウーサの画像召命の神弓-アポロウーサ ヴァレルロード・S・ドラゴンの画像ヴァレルロード・S・ドラゴン 崇光なる宣告者の画像崇光なる宣告者 オルターガイスト・プロトコルの画像オルターガイスト・プロトコル
効果を無効化する(ダメステ発動不可)
死霊王 ドーハスーラの画像死霊王 ドーハスーラ 灰流うららの画像灰流うらら 閃刀機-ウィドウアンカーの画像閃刀機-ウィドウアンカー 無限泡影の画像無限泡影
効果を無効化+攻守変動(ダメステ発動可能)
禁じられた一滴の画像禁じられた一滴 禁じられた聖杯の画像禁じられた聖杯 巨神封じの矢の画像巨神封じの矢 迷い風の画像迷い風

モンスター効果の分類と見分け方

起動効果

星杯剣士アウラムの画像星杯戦士ニンギルスの画像星遺物の守護竜メロダークの画像

起動効果はスペルスピード1の効果であり、自分メインフェイズ中にのみ発動することができる効果のことを指す。

基本的にはテキストに「自分メインフェイズに〜して発動する(できる)」と記載されているものが該当し、似たテキストであってもメインフェイズ以外で発動できる効果は「誘発効果」や「誘発即時効果」になるので要注意。

また、《XYZ-ドラゴン・キャノン》のようにテキストにターン制限が記載されていない起動効果は1ターンに何度でも発動することが可能だ。

誘発効果

星杯の妖精リースの画像星遺物-『星杯』の画像星杯の守護竜アルマドゥークの画像

誘発効果はスペルスピード1の効果であり、「スタンバイフェイズ時」や「墓地に送られた場合」など効果発動のタイミングが指定されている効果のことを指す。

起動効果とは異なり「相手ターンでも条件を満たせば発動できる」効果であり、同じタイミングで発動条件を満たした場合は例外としてスペルスピード1のカード同士でチェーンを組むことも可能。

なお、誘発効果の中でも「〜フェイズに発動する」とテキストに記載された効果に関しては、テキストにターン制限が記載されていなくとも1ターンに1度しか発動できないという点には注意が必要。

誘発即時効果

星杯の守護竜の画像増殖するGの画像灰流うららの画像

誘発即時効果はスペルスピード2の効果であり、相手ターンにも任意のタイミングで発動できる効果のことを指す。

基本的にはテキストに「この効果は自分・相手のメインフェイズに発動できる」や「この効果は相手ターンでも発動できる」と記載されているものが該当し、中でも発動フェイズが指定されていないものは「フリーチェーン」と呼ばれている。

相手のカード発動に直接チェーンする場合は誘発即時効果扱い

誘発効果の中でも「魔法・罠・モンスター効果が発動した場合(時)に〜できる」など、相手のカード効果に対して直接チェーン発動するカードも誘発即時効果に分類される。

代表例としては《灰流うらら》や《ヴァレルロード・S・ドラゴン》が該当。

永続効果

星杯神楽イヴの画像星遺物-『星盾』の画像夢幻崩界イヴリースの画像

永続効果はスペルスピードを持たない(チェーンブロックを作らない)効果であり、そのカードが表側表示で存在する限り自動的に適用される効果を指す。

基本的にテキストに「このカードが存在する限り〜する」や「このカードは〜されない」と記載されているものが該当し、その適用条件を満たした瞬間から発動を介さずに効果が適用されるのが特徴的。

遊戯王マスターデュエル関連記事

遊戯王マスターデュエル_攻略TOPへ 遊戯王マスターデュエル攻略TOPページはこちら

おすすめ注目記事

お役立ち情報
マスターデュエル_最強デッキランキング最強ランキング マスターデュエル_デッキレシピ一覧_アイキャッチデッキレシピ一覧 マスターデュエル_リミットレギュレーションレギュレーション
マスターデュエル_アイキャッチ_生成おすすめカード生成おすすめカード マスターデュエル_ソロモード一覧と報酬まとめソロモード攻略 マスターデュエル_新パック追加新パック情報

各種掲示板

掲示板記事
マスターデュエル_雑談掲示板雑談・質問掲示板 マスターデュエル_フレンド募集掲示板フレンド募集掲示板 マスターデュエル_アイキャッチ_デッキレシピ投稿掲示板デッキレシピ投稿掲示板
マスターデュエル集会所(Discord)に参加する
記事執筆者 主な経歴
Twitterアイコン_素材のコピー
マスターデュエル
攻略班
遊戯王歴20年以上(元遊戯王日本代表)
ゲーム攻略ライター歴5年
現在は弊社で遊戯王部門を担当
マスターデュエルではダイヤモンドTier1まで到達
カードコレクションが趣味(総額1000万円以上…!?)
AppMediaゲーム攻略求人バナー