FF7リメイク_難易度

FINAL FANTASY VII REMAKE(FF7リメイク)の「難易度」について記述している記事です。難易度による違いをはじめ、おすすめの難易度や変更方法を掲載していますので、ファイナルファンタジー7リメイクの攻略に活用ください。

難易度による違い

難易度 特徴
CLASSIC 攻撃やガードを半自動で行ってくれる。
EASY 敵がNORMALよりも弱体化している。
NORMAL 通常の難易度。
HARD クリア後に挑戦可能
プレイ中の難易度変更は不可。
アイテムの使用は不可。
ベンチやクエストクリアでMPが回復しない。
ボスやクエストでスキルアップブックを入手。

クラシックはアクションを自動で行う

難易度「クラシック(CLASSIC)」では、アクション操作をオートで行ってくれます。アクション操作が苦手な人や戦略に集中したい人は、クラシックを選びましょう。

クラシックモードの長所と短所

ノーマルは敵が強化される

難易度「ノーマル(NORMAL)」では、敵のHPと攻撃力が強化します。特にボス戦での違いは顕著で、最初のボス「ガードスコーピオン」でも強敵に変化します。

「ガードスコーピオン」の攻略方法

ハード以外では入手アイテムの違いはない

FF7リメイク_ハードモード_スキルアップブック

難易度を変更してもストーリーや経験値を含む入手アイテムの違いがありません。そのため、自分に適した難易度に変更しましょう。

ただし、ハードではボスを倒した時のアイテムや一部のクエストの報酬がスキルアップブックに置き換わっています。そのため、キャラクターの強さを極めるにはハードの攻略が不可欠です。

■ 関連記事
ハードモード攻略一覧
スキルアップブック一覧

おすすめの難易度

イージーかクラシックがおすすめ

おすすめの難易度は、イージー(EASY)かクラシック(CLASSIC)です。イージーやクラシックでは、ゲームをさくさくプレイできて快適です。

ノーマル(NORMAL)では敵の強化で時間が伸びてしまい、ストレスを感じるのでおすすめしません。

ボス戦のみノーマルに変更する

ボス戦で難易度をイージーやクラシックにすると、弱体化して面白さを削ぎます。そのため、ボス戦前に難易度を変更しておきましょう。

難易度の変更方法

オプションから変更可能

FF7リメイク_難易度_変更方法

難易度の変更は、システムにあるオプションのゲームプレイ設定から変更が可能です。難易度の変更はいつでも可能ですが、戦闘中は変更できません

ハードはチャプター開始直後にしか選べない

FF7リメイク_ハード

難易度ハードは、クリア後に解放されるチャプターセレクトでゲームを開始した際に選べる難易度です。一度ハードでプレイすると、チャプター途中での難易度変更ができなくなります

ハードから難易度を変更する際は、チャプターセレクトの画面でチャプターを変更するか同じチャプターの冒頭まで戻る必要があります。

ハードモード攻略一覧

FF7リメイク関連記事

やりこみ要素
なんでも屋クエストバトルレポート
VRミッション武器成長システム
神羅ボックスモーグリメダル
ジュークボックスコルネオ・コロッセオ攻略
手もみ屋のコースによる違いバースト200%・300%達成方法
ぞくせい2個目の入手方法クリア後の特典と要素
好感度の上げ方デートイベントの分岐条件
ドレスの分岐条件スキルアップブック入手方法
ラストリーヴの武器とメリットリフレクの解除方法
新要素と原作からの変更点
システムの解説
戦闘のシステムとコツマテリアの仕様
難易度による違いクラシックモード
ウェイトモードに入る方法バーストのメリット
リミットブレイクの使い方
お役立ち記事一覧
製品情報
PS4おすすめHDD/SSDFF7リメイクは分作か?
特典の一覧と詳細トロフィー一覧
FF7リメイク攻略Wiki TOP

AppMedia厳選ランキング