ポケモンGO(ポケモンゴー)をプレイする際にスマホを取り出さずにプレイできる拡張アイテム「ORA-2」の詳細を紹介しています。歩きスマホの防止にも繋がるのでぜひ参考にしてください

ポケモンGOWikiトップページ

ARヘッドマウントディスプレイ「ORA-2」まとめ

ORA-2

ARメガネの最新型

大人気のARゲームアプリ「ポケモンGO」に対応したARヘッドマウントディスプレイORA-2」を、通信販売サイト「Welte」が取り扱いをスタートしています。

歩きスマホの抑止効果

「ORA-2」は、米Optinvent社が開発したARヘッドマウントディスプレイです。米Kickstarterにおいて、10万ドル(約1,000万円)を集めて製品化された「ORA-1」の後継機種で、世界で初めて「ポケモンGO」に対応したARヘッドマウントディスプレイとなっています。

「ポケモンGO」をまるで【スカウター】のように表示し、ユーザーがスマートフォンを取り出すことなく、ポケモンの位置を表示・確認・操作することができるので、昨今問題となっている「歩きスマホ」することなく安全にプレイすることができます

価格は高額なので、なかなか手が出づらいかもしれませんが、「ポケモンGO」の新たな楽しみ方にトライしたい方は、是非チェックしてみてください!

「ORA-2」詳細

ヴェルテは、ポケモンを集める人気アプリ「Pokemon GO」に対応した米Optinvent製AR(拡張現実)ヘッドマウントディスプレイ「ORA-2」を発売する。直営店による完全予約販売となり、早期購入者は122,800円の割引価格で入手可能。

9月1日以降は142,800円となる。出荷開始は10月末より。

ORA-2はKickstarterに登場し、10万ドルの資金を集めて製品化された「ORA-1」の後継モデルで、世界初のPokemon GO対応ARヘッドマウントディスプレイで、Android AOSP(Android Open Source Project) 4.4.2を搭載。

Webサイトに詳細な説明がなく、不明な点が多いがPokemon GOをプレイでき、“歩きスマホ”による危険性などを軽減できるとしている。

本体は両耳にかけるメガネ型になっており、メガネをしていても装着可能。右レンズ側に500万画素のカメラを実装するほか、トラックパッドを備えており、この部分を使用して操作するようだが、Pokemon GOをフルに操作できるかは不明。

IEEE 802.11n無線LAN、Bluetoothといった無線機能を装備し、バッテリ容量は1,200mAh。Micro USBケーブルにより充電を行なう。

主な仕様は、ディスプレイの画面比が16:9、解像度は42ピクセル(126セパレートRGB)、画面サイズは4m先に61型相当の大きさ。

輝度は3,000cd/平方m。ジャイロ/加速度/コンパスといった9軸センサーを搭載。そのほか、イヤフォン、マイクも備える。

本体重量は90g。

出典:ポケモンGOまとめますたー

販売価格

「ポケモンGO」に対応したARヘッドマウントディスプレイ「ORA-2」を、通信販売サイト「Welte」が取り扱いスタート。

価格 備考
122,800円
(税+送料含む)
〜8/31(水)まで
142,800円
(税+送料含む)
9/1(木)以降〜

歩きスマホの抑止効果もある「ORA-2」

「ポケモンGO」をスカウターのように表示し、ポケモンの位置を表示・確認・操作可能。

スマートフォンを取り出す必要はありません。
歩きスマホをすることなく、安全にプレイできます。

出典:ポケモンGO攻略BOX

プロモーション動画