ポケモンソードシールド(剣盾)攻略Wiki

ポケモンソードシールド(ポケモン剣盾)の攻略Wikiです。新ポケモンや発売日などの最新情報を掲載しています。発売後はストーリー攻略チャートからクリア後の要素まで、お役立ち情報を最速で更新していきますので、攻略の際にご活用ください。

AppMedia
記事

ポケモンソードシールドをレビュー!全クリした後の評価・感想まとめ【ポケモン剣盾】

ポケモンソードシールド(ポケモン剣盾)のレビューと評価・感想をまとめています。全クリした後に思った、良かったところ、気になったところを紹介しているので、買うべきが悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

はじめに

レビュー感想まとめ1_ポケモンソードシールド

2019年11月15日、全世界待望の『ポケットモンスター ソード・シールド』がついに発売されました。ニンテンドースイッチでは初となる「ポケモン完全新作」の登場に、ファンの熱狂は収まるところを知りません。しかし一方で、あまりにも長寿なシリーズ故に「今作から始めても楽しめるのか」といった不安や、逆に「過去作に比べてどんな違いがあるのか」といった疑問をお持ちの方も多いのではないかと思います。

本記事では、過去作を全部ではないが殆ど遊んだことがある程度の「ガチ勢では全くないものの完全な初心者でもない」という中途半端なスタンスの筆者が、実際に作品を最後までプレイし、『ソード・シールド』における「良かったところ」と「気になったところ」をまとめてみました。主観100%かつご紹介できるのは本作のほんの一部ではありますが、宜しければご購入の際の参考にしていただければ幸いです。

ソードシールド(剣盾)の良かった所

ハードの進化がもたらす圧倒的な没入感

レビュー感想_良かったところ1_ポケモンソードシールド当然ながらグラフィックは大幅に向上

3DSからニンテンドースイッチへとハードが進化したことに伴い、飛躍的なグラフィックスの向上がなされました。加えてマシンスペックの向上は画面を美麗にするだけでなく、これまでの見下ろし型に近いような視点から、肩越しの没入感溢れるカメラアングルをも実現。遠景までしっかりと描写された、世界の奥行きが感じられるようなビジュアルとなっています。

また、こうした“世界観の広がり”はシナリオにも直結しており、ゲームを終えた今ストーリーを思い返すと、一地方でバッジを集めたというよりは国中を巡る壮大な旅を終えたという思いが強く残っています。ポケモンという最強のIPに隠れがちな、純粋な「RPGとしての面白さ」を再認識させられました。

ダイ迫力のポケモンバトル

レビュー感想_良かったところ3_ポケモンソードシールドダイマックスはとにかくインパクト大!

そうしたグラフィックの向上がもたらす没入感は、物語性の部分だけにとどまりません。

過去作品とは比べ物にならないほどリアルになったポケモンバトルはまさに圧巻の一言。一方で基本的なゲーム性は変わらず「ゆっくりと考えてコマンドを選ぶ」という極めてシンプルなもので、今作が初ポケモンの方や久しぶりの復帰の方にも全く問題なく馴染めるものとなっています。

しかしながらそのような馴染み深いバトルシステムは、安心感をもたらす一方で「代わり映えしない」というマンネリ化と隣り合わせでもあります。そんな深刻な問題を文字通り“ちっぽけ”な存在にしてしまうのが、本作から登場した「ダイマックス」というシステムです。

レビュー感想_良かったところ7_ポケモンソードシールド レビュー感想_良かったところ8_ポケモンソードシールド

なんとガラル地方では全てのポケモンを巨大化させ、凄まじい攻撃力を持たせることが出来るのです。見上げるようなポケモンたちによる暴力的なまでの火力の応酬は、まさに怪獣映画のワンシーンそのもの!

どうしても見た目のインパクトが印象に残りがちなダイマックスですが、個人的には「メガシンカ」や「Z技」といった過去作にあった要素よりも明確にわかりやすくなっており、より取っ付き易くなっているというゲームデザイン面の改良も嬉しいポイントでした。

夢にまで見た「ワイルドエリア」

レビュー感想_良かったところ4_ポケモンソードシールド豪雨(雷)だと、でんきタイプが出やすい等

これでもかと新要素が盛りこまれた本作の中でも、最大の革命といえるのが「ワイルドエリア」です。ワイルドエリアはガラル地方の中心に位置する自然豊かなフィールドで、プレイヤーはこの広大なエリアを自由に探索し、出逢ったポケモンとバトルすることができます。初めて訪れたプレイヤーは、右スティックでカメラを自由に動かせることに驚いた方も多いのではないでしょうか。

そんなワイルドエリアは時として、私たちに様々な表情を見せてくれます。場所や日によって天候は全く異なり、晴れや雨はもちろん、雷雨吹雪といったものまで複数存在しています。

そしてその天気によって出現するポケモンは全く異なり、いうならば現実世界における自然環境そのもの。見渡す限りの大自然とゲーム的な奥深さを両立したワイルドエリアがポケモンという作品に実装されたことは、もはやゲーム史における一つの“事件”といっても過言ではないでしょう。

既成概念を覆す「マックスレイドバトル」

レビュー感想_良かったところ2_ポケモンソードシールドレイドバトルは非常に新鮮かつやりこみ要素の1つ

冒険における大変革が「ワイルドエリア」ならば、バトルにおける大革命といえるのがこの「マックスレイドバトル」です。このバトルでは、圧倒的な力を持つ“野生のダイマックスポケモン”に対して、4人のトレーナーで力を合わせて立ち向かうという全く新しいポケモンバトルが味わえます。

ワイルドエリアにて野生のダイマックスポケモンと対戦できるのですが、彼らはバトル中ずっと巨大化しており、堅牢な“ふしぎなバリア”を持っていたりと、一人では到底太刀打ちできません。そんな巨大で強大なポケモンを他のプレイヤーと協力して打ち倒す体験は、これまでのポケモンでは決してあり得なかった“共闘”感に溢れたものでした。

ストレスフリーなエンカウント

レビュー感想_良かったところ5_ポケモンソードシールドレアなポケモンを見つけた時の高まりも!

ゲームを実際にプレイする際、地味ながらも非常に重要なのがエンカウントです。設定を一歩間違えれば作品そのものがぶち壊しになってしまうことさえあり、ゲーム設計においては極めてセンシティブな部分といえます。

本作は基本的にはシンボルエンカウントを採用しており、主に草むらにいるポケモンと接触することでバトルが始まります。

但し、草むらを歩いていると「!」の吹き出しが現れ、そこに行くことで(避ける事も可能)シンボルでは出会えないポケモンと戦闘することができます。ストレス軽減や狙ったポケモンのみの戦闘を実現しつつも、偶然性がもたらすワクワク感もしっかりと残した、いわばシンボルエンカウントとランダムエンカウントのいいとこ取りのようなシステムは本作ならではの美点といえます。

育成システムの改善

レビュー感想_良かったところ6_ポケモンソードシールドけいけんアメで経験値が獲得できる!

これまでの作品では、一通りストーリーを終えていざ世界中のプレイヤーとのバトルを志した際に、超えなければならないハードルが多いことがネックになっていました。しかしながら本作では「各種アメによる容易なレベル上げ」「ミントによる性格補正の変更」「アイテムだけで割り振り可能な努力値」など、スタートラインに立つための手間がかなり少なくなりました。

そのためストーリー攻略で苦楽を共にした仲間たちを、そのままガチ対戦に使うといったことも十分可能となっています。ポケモンセンターに「技思い出し/技忘れ」や「姓名判断」といった機能を集約させる細やかな心配りは、まさに本作におけるユーザーフレンドリーな設計思想を象徴しているように感じられました。

ソードシールド(剣盾)の気になった所

ダンジョンなどの「踏破する」場所の少なさ

今作は基本的に、道路で結ばれたそれぞれの街のスタジアムを順々に巡っていくストーリー展開となっており、道を外れて行かなければならないダンジョンなどが非常に少ないです。結果として「最奥まで踏破した」というマップ上での成功体験に乏しく、草原や雪山といったロケーションの違いはあるとはいえ「街→道路→街→道路」という画一的な進行に退屈を感じる方もいらっしゃるかもしれません。

動機付けに使われる“わざレコード”の存在

本作には初期のわざマシンのような、使い捨ての“わざレコード”というアイテムが実装されています。レコードになっているわざはいずれも有用性の高いものばかりで、その多くはワイルドエリアにおいてのみ入手することができます。「マックスレイドバトル」をはじめとしたゲームシステムの仕様上、ワイルドエリアにおける過疎は作品価値を脅かしかねない事もあり、半ば強制的な形で導線を引く必要がある点は理解できます。

しかしながら、敢えてわざマシンとは別に項目を用意してユーザー側に負担を強いる仕様は、本作における柱の一つであろう「育成システムの改善」という方向性と逆行しているようにも感じられ、別の方法もあったのではないかと思いました。

レビュー・感想まとめ

レビュー感想_良かったところ9_ポケモンソードシールド

広大なワイルドエリアを気ままに探索していたら、偶然出会ったレアなポケモンをゲットを出来た喜び。

長旅に疲れて設営したキャンプで、愛するポケモン達に癒される瞬間。

本作『ソード・シールド』を一言で表すなら、「ポケモンファンが思い描いていた長年の夢」という表現が最も相応しいでしょう。観客の大声援の中、一歩一歩スタジアムへと歩みを進める「みらいのチャンピオン」の姿に、アニメ『ポケットモンスター』におけるサトシの姿が思い起こされたのは筆者だけではないと思います。

レビュー感想_良かったところ10_ポケモンソードシールド

その一方で、ある意味でポケモンにおけるメインコンテンツともいえるやり込み要素のハードルを極限まで下げており、初心者がポケモンバトルへと一歩踏み出す後押しをしたい!という開発陣の熱意が作品の随所で滲み出ているのも印象的でした。無論そうした配慮はコアユーザーにとっての負担軽減にもなっており、結果として初心者から上級者まで誰もが末長く楽しめる作品となっています。

そうした意味で本作は、赤緑の時代から連綿と受け継がれてきた“ポケモンというゲーム性”を尊重しつつも、決して守りに入らない大変革によって「新しいポケモン」の方向性を提示した記念碑的作品であると言えます。

グラフィックの進化は勿論、ゲームシステムにおいても幾多の革新的要素を盛り込んだ『ソード・シールド』。十年後にポケモンの歴史を振り返った際、本作の発売が大きなターニングポイントになっているであろうことに疑いの余地はありません。だからこそ、是非とも皆様にも「ガラルちほうへのだいいっぽ」を踏み出してもらい、そんな新しいポケモン史の生き証人になって頂きたいと、バトルタワーから泣いて逃げ帰る弱小チャンピオンは強く願っています。くれぐれも3万円のおこづかいを、ファッションに全部つぎ込まないようにしてくださいね。

それでは、新たなポケットモンスターの世界、ぜひ堪能してみてください!(買いです)

ポケモンソードシールド関連記事

ランキング・対戦お役立ち

対戦お役立ち
ポケモン_最強ポケモン_アイコン環境最強Tierランキング ポケモン剣盾_対策必須な強ポケモン一覧_topbanner対策必須ポケモン ポケモン剣盾_育成論一覧_アイコン2育成論一覧
ポケモン剣盾_初心者向け対戦パーティ構築_topbanner初心者向け
対戦パーティ構築
ポケモン剣盾_中級者向け対戦パーティ構築_topbanner中級者向け
対戦パーティ構築
対戦アイテム・もちもの入手方法/効果まとめ対戦アイテム

育成全般

育成全般
ポケモン剣盾_初心者向けポケモン簡単育成チャート_topiconポケモン
簡単育成チャート
ポケモン剣盾_厳選のやり方と準備しておきたいもの_topbanner厳選方法
と事前準備
ポケモン剣盾_孵化厳選のやり方_topicon孵化厳選
のやり方
ポケモン剣盾_夢特性おすすめポケモンと入手場所夢特性おすすめ ポケモンソードシールド_ニンフィア遺伝解説 ポケモン剣盾_努力値とは?振り方や下げる方法_topicon努力値解説

各種仕様まとめ

各種仕様
個体値 種族値 性格補正
特性 夢特性 タマゴ技

ポケモン一覧

ポケモン一覧
ポケモンソードシールド_ガラル図鑑_topiconガラル図鑑 ポケモンソードシールド_ガラル地方_icon世代別一覧 ポケモンソードシールド_600族_topicon600族
ポケモンソードシールド_ガラルポニータ_topiconガラルの姿 ポケモンソードシールド_特殊進化_icon特殊進化一覧 ポケモンソードシールド_リストラ_iconリストラ一覧

攻略情報

ストーリー攻略
ポケモンソードシールド_攻略チャート_icon攻略チャート 御三家の進化系_メッソン御三家おすすめ 21_ココガラ旅パおすすめ
ポケモンソードシールド_ジム攻略_iconジム攻略 ポケモンソードシールド_お役立ち_iconお役立ち/人物 ポケモンソードシールド_クリア後_iconクリア後
ワイルドエリア攻略
ポケモンソードシールド_アイコン_ワイルドエリア仕様ワイルドエリア仕様 ポケモンソードシールド_アイコン_捕獲おすすめ捕獲おすすめ ポケモンソードシールド_アイコン_天候天候について
マックスレイド攻略
リザードンレイドソロ攻略 ポケモンソードシールド_ムゲンダイナ_icon攻略おすすめ一覧 ポケモンソードシールド_アイコン_キョダイマックスキョダイマックス
一覧/入手手順

攻略お役立ち

ストーリーお役立ち情報
▶︎取り返しがつかないこと ▶︎日替わり・時間別イベント
▶︎技教え屋と技忘れ屋の場所 ▶︎ロトムラリーの報酬とルール
クリア後お役立ち情報
▶︎バトルタワーの報酬とクラスアップ条件 ▶︎BPの効率的な集め方
▶︎ジャッジ機能の効果と解放条件 -
どうぐの入手場所
▶︎お金/おこづかいの効率的な稼ぎ方 ▶︎すごいみみせんの入手場所/音量調整
▶︎化石(キメラ)の入手場所 ▶︎木の実の効率的な取り方
▶︎ロトム自転車の入手方法 ▶︎釣り竿について
注目ポケモン情報
▶︎御三家の色違いはある? ▶︎御三家メス厳選のやり方
▶︎伝説のポケモン一覧と捕まえ方 ▶︎ムゲンダイナの入手/厳選方法
▶︎ドラパルトの入手/厳選方法 ▶︎ソーナンスの入手場所と捕まえ方

各種掲示板

掲示板一覧
ポケモン剣盾_交換掲示板_icon交換 ポケモン剣盾_レイド募集掲示板_iconレイド募集 ポケモン剣盾_雑談質問掲示板_icon雑談・質問

ポケモンソードシールド実況攻略

ポケモン剣盾動画リンク
ポケモン剣盾_カビゴンランクバトルランクバトルで最強カビゴンを害悪型にしてみたら...
ポケモン剣盾_ブラッキー育成論と対策ブラッキーの育成論と対策! ポケモン剣盾_ギャラドス育成論と対策ギャラドスの育成論と対策!
ポケモンソードシールド(剣盾)攻略Wiki
【PR】おすすめ事前登録ランキング
【PR】新作アプリおすすめランキング
【PR】人気アプリおすすめランキング

以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 あらかじめご了承ください。


・公序良俗に反する投稿
・スパムなど、記事内容と関係のない投稿
・誰かになりすます行為
・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿
・一度削除された投稿を再び投稿すること
・外部サイトへの誘導や宣伝
・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿
・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿
・その他、管理者が不適切と判断した投稿


また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。

コメント一覧

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 最新のコメントを表示
  • 匿名 ID:cxNzY3ODg より:

    まじありえない
    巨大マックス強くしすぎ
    つまんない
    買って損した
    最悪

  • 匿名 ID:kzNjM4NTA より:

    キャンプでポケモンに表情が付いたり、広大なワイルドエリアでポケモンを眺めた時は感動した。
    だけど本当にそれだけ。ゲーム全体のボリュームとしてはペラペラ、準伝説みたいな枠も無いのでクリア後の追加ストーリー含めてもストーリーの内容が薄い。
    また、レベリングの緩和によりレイド以外での1人で対戦をする意味が無くなりつつあることも面白くない。ポケモンが直ぐに育つようになったのはいいかもしれないが、少なくとも私は中途半端なレベルのポケモンを連れて1日1回ライバルと戦ったり四天王をひたすら倒してコツコツ育ててた方が楽しかった。
    マイルームを作って自由に家具置いてキャンプみたいにポケモン放せたりとか、ポケモンコンテストで好きなポケモンにリボン付けたりとか、そういった要素が欲しかった。
    クリア後のやること全てが「オンライン対戦のため」であり、自己満足のためにやり込める要素がまるで無い。強いていえばカレーコンプくらい。
    元々対戦するゲームとはいえ、対戦するためのゲームになりすぎてしまっている気がする。
    ポケモンと触れ合う楽しみがもっと欲しかった。

  • 匿名 ID:AyNTEyMzE より:

    クリア後に楽しめる要素が対戦しかないのに、簡単になったとはいえ1体いつき3~6時間程かかるのはどうなの?楽しくもない技レコードのためのワット集めとメタモンレイドを延々とやらされるのは苦痛でしかない。もっと対戦へのハードルを下げるべき。プレイヤーがやりたいのは厳選ではなく対戦なんだから。ストーリーも薄いしSMが良作品だっただけにとても残念。正直一番の駄作だと思う。

  • あの ID:cyNzYyNTA より:

    USUMで800以上いたポケモンが400体に大量リストラされた事はふれないの?
    これから買う人にとって重要だと思うんだけど…

  • 匿名さん ID:MyMDIzMTM より:

    マジでゴミゲー
    私は、ソードを買いましたがソロでやるとキョダイマックスしたガジリガメが倒せません(CP U)がゴミすぎて
    なのでストーリーは好きなのですがゴミゲーです
    これから買う人はシールドをお勧めします

  • 匿名 ID:c0NzY3MzM より:

    ワイルドエリアを初めて歩いた時はあまりの広さに感動した。
    けど天候によって出るポケモンを変えて、作中登場するポケモンのほとんどをあのように詰め込んでいるのは、道路や洞窟等を作るのを渋った末の手抜きだと思う。
    あとジムチャレンジがミニゲームみたいで面白かったけど、一度クリアしたら入れなくなる場所をあそこまで広く凝った作りにする必要は無かったのでは。
    前作が非常に面白かったので奮発して買ったのですが、比較にならない位ボリューム不足であり、買ったことを今は後悔してます。

  • 匿名 ID:E3MTI0Nzk より:

    ゲームボーイカラーの金銀以降久しぶりにやったポケモンだったけど面白かったわ
    ジムリーダー戦のダイマックスと歓声がすごくあってて燃えたしトレーナー達の動きも個性があって良かった
    バトル前の手にしたハイパーボールを見つめるローズと、負けた後のくやしさをぐっとこらえて主人公に向き合うホップとダンデが特に印象に残った
    終盤は駆け足な気もしたし、悪役があんまり悪役してなかったのが少々肩透かしだったけどまたポケモンやって良かったと思えるできだったよ
    続編出たら買いたいな

  • 匿名 ID:I3NzkyNDQ より:

    マックスレイドバトルがいらないと思った。毎回思うけど公式は対戦を推奨してる癖に、なんで対戦までの環境を整えるハードルを下げないのか‥と思う。夢特性取られるのがそんなに悔しいのか?

      返信を非表示
    • 匿名 ID:A5NzA4MTg より:

      マックスレイド自体はアリだと思う、シナリオ演出的にもよかったし
      技レコードと、100回願い投げても出ない激渋ポケの存在が無ければね
      ワットはBPと同じもの変えるようにしたらレコードなんて作らなくてもよかったのになー

      あとどや顔でソーナンス出してくるシンイチロウはクビにすべき

  • 匿名 ID:M3ODA1NzA より:

    正直グラフィックなどは格段に向上して、ワイルドエリアという広大な土地を自由に散策しながらポケモンと触れ合えるのはすごいよかった。だが、それに比べてストーリー内容が貧弱すぎる。ワイルドエリアに容量を割いたのか、ストーリー攻略時の洞窟等があるにはあるがお粗末。主人公のジムチャレンジを妨害してくる応援団は最初に、最後のボス最後にちょこっと関わってくるだけ。クリア後にやる事もミニストーリーやるくらい。正直、これまでポケモンのストーリーを純粋に楽しんできて、対戦はそんなにやらないって方は剣盾をしても満足感は無いと思う。これまでの作品の中でものすごくバリアフリーになって誰でも楽しめると思うが、内容がだいぶ物足りない

  • 匿名 ID:g5MTQ0NjM より:

    ストーリー中盤まで楽しかったけど最後決勝で水さされるあたりから一気に萎えたしクリア後にやれることが対戦くらいしかないのが残念すぎる。
    ネットワーク課金してないとマックスレイド☆5は味方NPCガチャした上でシビアすぎるし、キョダイマックスポケモンはまともに捕獲できないし、過去ポケが増えるわけでもないし正直クリア後要素については期待外れも良いところだったよ。

  • 匿名 ID:c2MzM0NTI より:

    好きなポケモンがリストラされた人には悪いけどポケモンの種類も多くなりすぎてたし、個人的には(バグを除けば)今作の作りはスッキリしててサクサク進んで楽しかったしストーリーも面白かったから満足

  • 名無し ID:E5NDQ3ODU より:

    対戦へのハードル下げても対戦環境が同じポケモンしかいなくてその他のポケモンはそれらに勝てないみたいなクソ環境じゃ意味ないやろ

  • 匿名 ID:E0MDM4NTM より:

    逆にこういう技レコ掘りみたいなハクスラ要素もっと増やして欲しい。今までよりクリア後の遊びが段違いに楽しい。

  • 匿名 ID:A5Njc4MTI より:

    レート対戦などで対戦後に互いのポケモンの技や努力値を見れるのはホントでしょーか。

  • 最新のコメントを表示
AppMedia - ゲーム情報局
アプリ配信カレンダー
配信カレンダーをもっと見る