トップランカーのデッキを公開中!
▶マスターランクのデッキレシピ一覧

シャドウバース(シャドバ)の分解おすすめカードの一覧ページです。使えないカードをまとめていますので、シャドウバース攻略の参考にして下さい!

人気記事一覧
神々新カード 人気記事_14最強デッキ 人気記事_2pick新環境デッキ
人気記事_798無課金デッキ 人気記事_リセマラ最強カード 人気記事_分解分解おすすめ

分解について

そもそも分解とは?

シャドウバースでは使わないカードを分解する事でレッドエーテルというポイントが貰えます。レッドエーテルを消費するとレジェンドを含む全てのカードから好きなものを生成(クラフト)できます
レッドエーテルとは?/カード生成の方法

プレミアムカードの分解について

シャドウバースのカードの中には絵柄が動いているものがあります。これらのプレミアムカードを分解すると、通常よりも多くのレッドエーテルを貰えます。プレミアムカードは生成できないので、気に入った絵柄のカードを分解する時は注意して下さい。

分解する際の注意点

カードゲームでは完全に使えないというカードはほぼありません。使えないとされていたカードの評価が急に上がり、必須とされる場合も多々あります。ここのページでは一部で強いかもしれないけれども現状で使うことが殆どないカードを挙げて紹介しています。

分解おすすめカード一覧

レジェンドカード

カード名 解説
s_フェアリープリンセスフェアリープリンセス フェアリーを手札上限まで手札に加えられるが、フェアリーはあくまでコンボ要員で使用することが多く、フェアリーを5枚以上手札にあって有効なのはローズクイーンのみです。また上限枚数までフェアリーを加わえるためカードをプレイしないと次のターンのドローが消えてしまうため6PPで使用するのは非推奨です。
s_エラスムスアークサモナー・エラスムス 毎ターン相手フォロワーに5ダメージ与える効果は強力ですが、対象がランダムな点とウィッチには除去スペルが豊富にあるためにデッキに採用されません。8コスト5/6スタッツとコストに対してステータスが低いため出した次のターンに場に残っている確率が非常に低いため砕いても問題ないでしょう。
s_ミスリルゴーレムミスリルゴーレム ファンファーレで相手フォロワー全てにミスリルゴーレムをスペルブーストした数だけダメージを与える事ができます。しかしウィッチには9コスト以下で使用できる除去も豊富にあるうえに現状超越ウィッチや秘術ウィッチでも全体除去カードはこれ以上いらないためミスリルゴーレムはどのデッキにも採用されません。
災厄の屍王災厄の屍王 うまくハマれば強力な場面がありますが、進化時のステータスの上昇もなく活躍することは殆どないでしょう。効果を活かすためには墓場を大量に消費してしまうため、他のネクロマンスカードが採用しづらくなる点も低評価の要因です。
竜呼びの笛竜呼びの笛 3コストですが、覚醒状態にならないと効果が発動しないため、序盤で引いた場合は腐ってしまいます。低コストのカードを突進持ちのヘルフレイムドラゴンに変えることができますが、決定打になることが少なく、積極的に採用するカードではありません。
s_ドミネータービーストドミネーター 5コスト6/6という脅威のステータスを持つフォロワーですが、復讐状態でないと次のターン開始時に攻撃力が2下がり、さらに自分のリーダーに2ダメージを与える効果があります。常に復讐状態でいることは難しいため非常に使いにくいカードです。
s_スカルフェインスカルフェイン カウントダウンアミュレットを大量に採用したデッキが現状ランクマッチで戦える性能ではない。今後、強力なカウントダウンアミュレットが採用されない限り出番はなさそうだ。
狂信の偶像狂信の偶像  専用デッキでしか使用されず、現状カウントダウンアミュレットを活かしたデッキで強力なデッキはないため現状では出番のないカード。
ジャンヌダルクジャンヌダルク 効果を活かすためには自分の場にフォロワーが残っている必要があり、8コストのフィニッシャーとしては物足りない性能。

ゴールドカード

カード名 解説
忌むべき悪魔の像忌むべき悪魔の像 厳しい条件のため、効果が発動できずそのままプレイすることになることが多い。2コストで体力3、守護持ちは優秀ですが、攻撃力が0のため相打ちを取れず、相手に盤面を取られてしまいます。同じ2コスト守護フォロワーのベルエンジェルの方がドローの効果を持っているため採用率が高いです。
アテナアテナ 場に出しターン味方フォロワーの受けるダメージを0にすることができるカード。フォロワーが生き残っている必要があり、コストも重いため、活躍する機会が少ないカードで、優先的に採用する事は殆どないでしょう。
フェアリーケージフェアリーケージ 常にコンボ発動のためのフェアリーを手札にキープすることができますが、盤面を圧迫してしまい、4ターン目にプレイする場合は痛いテンポロスにつながるため、採用する機会はほとんどない。
s_ペタルフェンサーペタルフェンサー  ペタルフェンサーが全滅しない限り場に出たフェアリーをペタルフェンサーに変身させることができるが全体除去に弱く、ペタルフェンサー自体も4/2/2とかなり低いスペックのため使い所がない。
s_ノーブルフェアリーノーブルフェアリー  自身のターン中にカードを2枚以上プレイした後にノーブルフェアリーをプレイすれば相手のフォロワー全ての体力を1にすることができるが、体力が1になっても相手フォロワーは場に残るので除去するためにはもう1枚相手を除去するカードが必要なため使いにくい。
宝石のエルフ宝石のエルフ 味方に突進を付与する事ができますが、自身のスタッツが低く生き残り辛い。終盤の同一ターンに大量にフォロワーを展開した場合でも、敵リーダーへ攻撃する事はできないため活躍する場面が少ないカード。
s_ティターニアの妖精郷ティターニアの妖精郷 コストが重く、場に大量のフォロワーを展開するフェアリーにとって盤面を圧迫してしまう点は致命的です。優先して採用したいカードではありません。
s_エンシェントフォレストドラゴンエンシェントフォレストドラゴン 8コストの大型守護フォロワーだが決定力に欠ける上にエルフデッキにとってコストが非常に重いためまったくデッキに採用されない。
最前線最前線 毎ターン、ターン終了時にランダムに+1/0を与えることのできるカード。1コストと使いやすいですが、即効性がなく盤面を圧迫してしまうため、優先的に採用するカードではありません。
s_宝杖の司令官宝杖の司令官 効果が発動するのが進化時のうえに宝杖の司令官のステータスが低い、ロイヤルの進化枠はフローラルフェンサーホワイトパラディン等の優秀な効果を持つカードが他にいるため宝杖の司令官に進化を使う余裕はない。事実ランクマッチで宝杖の司令官を見たことはない。
s_騎士王の威光騎士王の威光 騎士王の威光はコスト1のフォロワーしか疾走を付与できません。早い段階で攻めたてるデッキにはフィールド制限でフォロワーを4体しか展開できないのが非常に痛く、中盤から終盤にかけて戦うデッキだと1コストを多くデッキに採用できません。現状では中途半端なカードとなってしまっています。
竜識の老魔導士竜識の老魔導士
土の秘術で突風のドラゴンを出す効果は悪くはないが、秘術ウィッチのフィニッシャーとしては物足りない。採用する機会は少なそうだ。
s_ファーストカースファーストカース 使用することで、次々とスペルを手札に加えることができ、アドバンテージを得ることができますが、どのスペルもコストに見合った性能はなく、テンポロスに繋がりやすいです。ウィッチには、シルバー、ブロンズにも優秀な除去スペルが揃っているため、積極的に採用することはないでしょう。
s_神秘の獲得神秘の獲得  スペルブーストした数だけドローが可能。このカード一枚で9枚以上ドローすることも可能だが、ドローカードのみに6コスト使用するのはリスクが高くあまり推奨されない。
s_ドラゴンメイジドラゴンメイジ  7コストでステータスが4/2とかなり低く次の自分のターンに生き残っている確率は限りなく低い。また現状使用率の高い超越ウィッチ秘術ウィッチ冥府ウィッチのコンセプトともあわないため砕いても問題はない。
プリンセスマナリアアンプリンセスマナリア・アン ウィッチのデッキに採用するにはコストが重すぎる。今後コントロールタイプのウィッチが出てきた場合は採用される可能性はあるが、現状では使う機会が殆どないカード。
s_竜化の塔竜化の塔 竜化の塔は3コスト以下のランダムな味方フォロワー1体を自ターン終了時に5/5のドラゴンにする効果を持ちます。専用のデッキを作る以外で使用する事はないです。分解候補となるカードです。
戯曲の竜剣士戯曲の竜剣士 3コストにしては非常に強力なステータスを持っていますがデメリット効果が厳しく採用するには何らかの工夫が必要になり、非常に使いづらいカードです。
マナリアドラコグレアマナリアドラコ・グレア ドラゴンの高コストには優先して採用したいカードが多いため、出番は少ない。他の高コストのカードが集まるまでの繋ぎには使える。
悪霊の饗宴悪霊の饗宴 ネクロマンスする度にゴーストを場に出すアミュレット。スタンダード環境のカードプールでは、細かくネクロマンスするよりも「腐の嵐」「死の祝福」といった強力なカードを打ち込む方が効果が高い。低コストのフォロワーが増え、アグロネクロの幅が広がれば活躍の機会はある。
ファントムドラゴンファントムドラゴン 他のフォロワーが破壊される度に潜伏状態になる特殊な効果を持ったネクロマンサー。効果はキラリと光るものがあるが、欠点として守護持ちに非常に弱い。単体除去が横行する時代にならチャンスがある、かもしれない。
愛の福音愛の福音 リーダーを含め全体を3回復することのできるスペル。序盤で引いても意味がなく、回復をするだけなのでアドバンテージを失いやすい。回復に特化したエイラビショップでも使用されていないため、現状では出番のないカード。
祈りの集約祈りの集約 毎ターンデッキからアミュレットを場に出すことができますが、即効性がなく、サーチ先はカウントダウンアミュレットになるため、さらに即効性がありません。
黄金都市の姫・リテュエル黄金都市の姫・リテュエル スタッツは申し分ないですが、攻撃時に他のフォロワーか自分のリーダーにダメージを与えるというリスクがあるため採用が難しいカードです。

分解おすすめカードのまとめ

シャドウバースはレジェンドやゴールドよりも強いシルバーやブロンズカードが沢山あります。作りたいデッキに合わせて使わないカードは分解してしまいましょう!

▼各クラスの分解おすすめカードはこちら

エルフエルフ ロイヤル ロイヤル ウィッチ ウィッチ
ドラゴン ドラゴン ネクロマンサー ネクロマンサー ヴァンパイア ヴァンパイア
ビショップ ビショップ ニュートラル2ニュートラル

シャドウバース攻略情報

デッキレシピ

人気記事_14最強デッキ TOPランカートップランカー
クラス別
エルフデッキ一覧エルフ ロイヤルデッキ一覧ロイヤル ウィッチデッキ一覧ウィッチ ドラゴンデッキ一覧ドラゴン
ネクロデッキ一覧ネクロ ヴァンパイアデッキ一覧ヴァンプ ビショップデッキ一覧ビショップ

カード作成

人気記事_分解分解おすすめ 人気記事_デッキ生成おすすめ
シャドウバース攻略TOPへ戻る