モンスト攻略Wiki

エックスフラッグが提供する「モンスターストライク(モンスト)」の攻略wikiです。最新のリセマラ情報や攻略速報、降臨スケジュール、解放の呪文などを随時更新しています。

AppMedia
記事

【モンスト】ぬらりひょんの運極は作るべき?

正午から『αシリーズ』3体が獣神化!
テキーラαの性能はこちら
ノンノαの性能はこちら
サタンαの性能はこちら
『復刻!夏休みガチャ』も開催!
夏休みガチャ当たりランキングはこちら

モンストの『百鬼夜行の総大将』で入手できる”ぬらりひょん”は運極にオススメなのかなどを紹介しています。

ぬらりひょんの評価はこちら!
ぬらりひょん(究極)攻略はこちら!

ぬらりひょんの運極は作るべき?

運極オススメ度 作成難易度
★★☆ ★☆☆

友情コンボとアビリティ

ぬらりひょんsmall

属性
ボール/戦型 反射/バランス型
アビリティ 神キラーL
友情コンボ
コンボ名 クロスレーザーL
威力 6187 (対神:15468)

ぬらりひょんの評価はこちら!

ぬらりひょんの運極おすすめポイント

対イザナミに優秀な火力!

ぬらりひょんは非常に古い降臨キャラですが、超絶クエストの登竜門的なイザナミで活躍することから、根強い需要があります。

直接殴って強力なほか、重力バリアで動きづらい場面でも友情コンボがダメージソースとなり、15ターンの乱打SSで200万前後の大ダメージを与えられます。

izanami_banner
▲イザナミ(超絶)攻略はこちら!▲

クエストが簡単

木属性キャラを中心にとても周回しやすいクエストです。特にリセマラなどでガブリエルロビン・フッドなどを入手した方は極めてスムーズに周回できます。

ぬらりひょんの微妙なポイント

ギミックに対応できない

イザナミ戦ではザコの蘇生ループを突破するのが少し難しくなります。上手く配置してクロスレーザーをゾンビ2体に当てるなど、立ち回りにある程度のプレイヤースキルが必要になります。

対イザナミ以外ではほぼ活躍しない

イザナミ以外にも神のボスはいますが、ほとんどのクエストでは同じ神キラーLの紀伊の方が優秀です。

イザナミの運極が完成すると全く出番がなくなってしまうキャラですが、それだけが目的でも運極を作る価値は高いと言えるでしょう。

結局、運極にはどうなの?

初運極には?

クエストが簡単なので悪くはないですが、より汎用性の高いクイバタ、あるいは開催中のイベントでラックを上げやすい新キャラを選ぶことをオススメします。

追憶の書庫に対応!

『追憶の書庫』で好きな時間にプレイすることができます。

ソロプレイも可能ですが、マルチだと効率がよりアップします。ホスト側は1日5回までの制限がありますが、仮に4人なら1日20回プレイできます。

追憶の書庫の詳細はこちら

英雄の証を付けることも可能

運極を2体作って合成することで英雄の証を獲得できます。超絶イザナミの周回を少しでも安定させたい方は加撃・加命・ケガ減りなどを付けると役立つでしょう。

しかし、わくわくの力なしでも十分活躍できるキャラですので、通常は必要ありません。他の運極を増やすのに時間やスタミナを使う方が有意義です。
英雄の証を取得できる降臨キャラまとめ

まとめ

ぬらりひょんは超絶イザナミでトップクラスの火力を出せるキャラです。他にも使える降臨キャラが複数いるため必須ではないものの、イザナミのラックを上げるためのステップとして運極を作っておく価値は高いでしょう。

関連記事

ぬらりひょんの評価はこちら!
ぬらりひょん(究極)攻略はこちら!

各ランキング

ガチャあたりボタン スペック最強ボタン 降臨キャラボタン ステータスボタン
リセマラボタン 運極ボタン 獣神化予想ボタン かわいさボタン
【PR】おすすめ事前登録ランキング
【PR】新作アプリおすすめランキング
【PR】人気アプリおすすめランキング

以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 あらかじめご了承ください。


・公序良俗に反する投稿
・スパムなど、記事内容と関係のない投稿
・誰かになりすます行為
・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿
・一度削除された投稿を再び投稿すること
・外部サイトへの誘導や宣伝
・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿
・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿
・その他、管理者が不適切と判断した投稿


また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。

コメント一覧

メールアドレスが公開されることはありません。

注目情報
アプリ配信カレンダー
配信カレンダーをもっと見る