ウマ娘(うまむす、うまむすめ)の登場キャラクター「シンボリルドルフ」のキャラクターの詳細や評価、担当声優について紹介しています。ぜひ参考に利用してください。

最新リセマラ当たりランキングはこちら

シンボリルドルフの基本情報

制服Ver. 勝負服Ver.
シンボリルドルフ_制服 シンボリルドルフ_勝負服
誕生日 3月13日
身長 165cm
体重 かなり理想的
3サイズ B86/W59/H85
CV 田所あずさ

シンボリルドルフのステータス初期値

パワー スピード スタミナ ガッツ ウィズ
SSR
SR
R
N

シンボリルドルフの評価

シンボリルドルフってどんなウマ娘?

シンボリルドルフ1

トレセン学園の生徒会長を務めるウマ娘

周囲から“皇帝”と呼ばれ、後輩ウマ娘達から畏敬の念を抱かれている。
性格は冷静沈着、公明正大。とてもストイックな性格だが、実はかなりの心配性で保護欲が強い。

シンボリルドルフってどんな馬?

sinnbori

“史上初の七冠”を達成した競走馬

冠名である「シンボリ」と神聖ローマ帝国の皇帝「ルドルフ」にちなんで名付けられたシンボリルドルフ。彼の走りは”皇帝”そのものだった。

デビュー戦は柴田騎手を騎乗させる予定であったが、ルドルフの調子が良く出走が早まったことと、柴田騎手が北海道に遠征にいってたため、岡部騎手へと変更された。
急な騎手変更であったがそんなことはお構いなしに新馬戦を余裕の1着でフィニッシュすると、続くいちょう特別、オープン戦でも素晴らしい走りをみせ見事勝利を収めた。

4歳はGⅡ弥生賞からスタート。このレースでは、休み明けで+18kgの場体重であったが、1番人気のビゼンニシキを1馬身3/4で抑え勝利。続くGⅠ皐月賞で再び、ビゼンニシキとの2強対決となるが、直線で一騎討ちとなると1馬身1/4抑え、レースレコードを叩き出し無事に一冠を達成。続く、日本ダービー(東京優駿)では騎乗した岡部のゴーサインに反応しないことに会場が騒然とするも、ルドルフ自らスパートをかけ、前をいく3頭を差し切り2冠を達成した。

ダービ後は海外遠征を視野に入れていたが、右前脚に故障が見つかり中止された。

その後、無事に回復し、前哨戦であるセントライト記念をレコードタイムで優勝すると、三冠最後のレースである菊花賞に出走。道中、中団に位置し、最後の直線で抜け出すと他馬の追走を振り切り見事に勝利。日本競馬史上初である無敗の三冠馬となった。

次走のジャパンカップでは3着に敗れはするものの、同年の有馬記念を制し、翌年には天皇賞(春)・ジャパンカップ・有馬記念を制し、七冠を達成し、歴史に名を刻むこととなる。

▶︎競馬用語集で分からない単語をCHECK!

シンボリルドルフの強い点

編集中

編集中

シンボリルドルフの弱い点

編集中

編集中

シンボリルドルフの総評

編集中

ウマ娘の攻略関連リンク

ウマ娘プリティーダービー攻略&最新情報
umatoppu7
ウマ娘の注目記事
リセマラランキングリセマラランキング リセマラは可能?リセマラは可能?
事前登録情報配信日・事前登録情報 全ウマ娘評価一覧全キャラ評価一覧
ウマ娘のお役立ち記事
▶︎ウマ娘可愛いランキング ▶︎声優一覧
▶︎スリーサイズ一覧 ▶︎誕生日一覧
▶︎ゲームシステムまとめ -

※横にスクロールできます

おすすめゲームランキング