ドラゴンクエストライバルズ攻略Wiki

ドラゴンクエストライバルズ(ドラクエライバルズ/DQR)の攻略Wikiです。リセマラおすすめキャラ当たりランキングやイベント、最新情報の速報などをまとめています。ドラクエライバルズの攻略にぜひご活用ください。

攻略情報一覧

AppMedia

記事

【ドラクエライバルズ】テンポゼシカの立ち回りをレジェンド1位「あーあい」氏が解説【DQR】

新弾「勇気の英雄譚」環境配信中!
視聴はこちらから!

ドラゴンクエストライバルズ(DQライバルズ)にてレジェンドランク1位のあーあい氏が使用する「テンポゼシカ」をご本人が完全解説。使用デッキ紹介と詳しい立ち回り(マリガンガイド)を紹介しています。

▼トッププレイヤーの最強デッキはここでチェック!▼
レジェンドランカーデッキ集

あーあい氏によるテンポゼシカのマリガンガイドと立ち回り解説

マリガン基準

先攻後攻共通のマリガン基準

マリガンは基本的に先攻後攻共通となります。
以下のカードを主にキープし、相手がアグロデッキ想定の場合とコントロールデッキ想定の場合によって所々変えていく形となります。

先攻後攻共通でキープしたいカード
マジックフライマジックフライ 序盤に出して置くことで、後半に必要な特技カードを手札に持ってくることができまる。実質的に手札を減らすことないユニットであり、1コストと余ったコストで召喚することができる非常に優秀なカードです。
相手がゼシカの場合には、セクシービームで奪われて効果を相手に使用されてしまうこともあるため、他ユニットと一緒に出さない&自分からユニットへ攻撃するなどして対策するのも良いかもしれません。
わたぼうわたぼう 先攻3ターン目や後攻2ターン目(テンションを上げ終わった後)の余ったコストで召喚できるドロー効果持ちの2/2ユニットです。処理するために特技やユニットを使わせることができれば亡者のひとだまを出しやすくなりますし、盤面に残ればドロー効果で後半のために手札を蓄えることができます。
わらいぶくろわらいぶくろ こちらも先攻3ターン目や後攻2ターン目(テンションを上げ終わった後)の余ったコストで召喚できるドロー効果持ちのユニットです。ステータスが心許ないので、盤面の取り合いには余り貢献できませんが、手札を蓄えることができるため、ようじゅつしのバリューを上げるための準備をすることができます。
亡者のひとだま亡者のひとだま  4ターン目に置きたいアタッカーです。安全に盤面に置くために4ターン目までにテンションゲージを上げておき、テンションスキルで相手ユニットを処理と同時に召喚することで、一気に優位に立つことができます。基本的にはこのユニットを守りながら戦うことで、相手ライフを大幅に削ることができます。
ようじゅつしようじゅつし 引くことができないと後半の巻き返しが出来ないため、キープ対象となります。ようじゅつしはキープはするものの、焦って出すことはせずに、しっかりと手札に特技カードを溜め込んで一気に放出する動きを心がけると良いでしょう。

後攻時のこの組み合わせはキープ!

ようじゅつしようじゅつし 828186早詠みの杖

後攻の場合ようじゅつし早詠みの杖の組み合わせが初手にある場合には例外でどちらもキープすると良いでしょう。

アグロ相手の場合のマリガン基準

アグロデッキ相手には以下のカードをキープし、序盤の動きに対応できるようにします。
みならいあくまなどを絡め、できる限り少ないリソースで相手ユニットを処理して戦うと良いでしょう。

特にキープしたいカード
828109イオ 相手の盤面全体にダメージを与えることができるため、アグロデッキ相手に非常に優秀です。きとうしと同時に使用できれば全体へ2点のダメージとなるので、一気に盤面を処理できます。序盤安易に使用せず我慢をして、大量に並べてきた時などの最大バリューで使用できるタイミングを待つと良いでしょう。
セクシービームセクシービーム 相手のユニット同士を相打ちさせることで、1枚で2枚のユニットを処理することができます。使用する際は、奪った側のユニットが生き残ってしまうとターン終了時に相手ユニットへ戻ってしまうため、しっかり相打ちを取ることを意識して奪うユニットを選びましょう。

ミッドレンジ・コントロール相手の場合のマリガン基準

ミッドレンジやコントロール相手には以下のカードをキープします。
このキープ基準にはテリー相手も含みます

特にキープしたいカード
828113魔力の息吹 2ドロー効果で後半のための手札を蓄えることができます。序盤中盤で積極的に使用し、手札の準備を進めましょう。打つタイミングが取れない場合は、ようじゅつしを出す前のターンで一気に2枚使用して手札を補充しターンを返すなど、ライフをリソースとして考えてようじゅつしのための準備を進めることが大切です。
バラモスバラモス コントロールデッキ相手には積極的に出していきたいユニットです。召喚ターンに早詠みの杖からイオなどで盤面を一掃したりの動きが非常に強力ですし、手札にようじゅつしがある場合には死亡時効果でようじゅつしのコストを下げて、次のターンに大暴れすることも可能です。

立ち回りの主な流れ

序盤:手札を増やすことを意識

毎ターン相手の盤面をオールクリアをせず、我慢して戦います。どこまで我慢するかは難しいですが、きとうしみならいあくまからイオなどの動きで後々返せることが多いため、序盤は手札を蓄えることを意識して戦います。
先攻の場合には必ず1~3ターンはテンションを上げ、4ターン目にはテンションスキルが打てるようにしておきます

中盤:ひとだまで攻める

テンションスキルで相手ユニットを処理しながら安全に亡者のひとだまを召喚します。相手が処理に手こずっている場合には、メラゾーマなどで相手のユニットを処理したり、ユニットでブロックしたりして、亡者のひとだまを守るように立ち回ります。
中盤以降はきとうしより上のコストのユニットを守りながら戦うことを意識しましょう。

終盤:貯めた特技で一気に攻める

ようじゅつしでのコンボのために準備をします。ある程度のダメージは気にせずに、しっかり盤面を返せるように手札に特技などを溜め込み、バラモスを出した後に攻めるのか、バラモスが間に合わないのかを判断して戦うことが重要です。バラモスを絡めることができれば非常に楽に勝利できるのも覚えておくと良いでしょう

対戦リーダー別の立ち回り

テリーが相手の場合の立ち回り方

テリー

テリーはテンポゼシカにとって厳しいマッチングの一つです。

テリーは序盤にそこまで大量のユニットを並べてこないので、魔力の息吹わらいぶくろで手札をどんどん蓄え、なるべく手札を使わないようにします。0コストの特技は必ずみならいあくまようじゅつしと絡めるようにしましょう。
そして、相手のユニットが残っても1体になるようし、ユニットを出す場合はなるべく盤面に2枚のユニットを出すことを意識して戦っていきます。(リーダーが攻撃できるのは1ターンに1回なので、盤面にユニットが残りやすいため)

手札に特技が多くあって、ようじゅつしでの勝利ルートが見えている場合には、先に亡者のひとだまを出し処理にテンションスキルを使わせて、次のターンにようじゅつしを出すことで処理されにくくすること。逆に手札的にようじゅつしでの勝利ルートが見込めない場合は、先にようじゅつしを出して処理にテンションスキルを使わせ、次ターンに亡者のひとだまを出すなどの、処理されにくいターンに重要ユニットを召喚することが非常に大切です。

ククールが相手の場合の立ち回り方

ククール

基本的には相手リーダーの体力は減らさず、後半まで手札を蓄えてようじゅつしみならいあくまと絡めた特技で一気にライフを削りきるプランで戦いましょう。

序盤に少しずつダメージを与えても回復されてしまう上、回復時の効果も発動してしまうので、盤面のユニットの処理にダメージソースは使うようにすると良いでしょう。

アグロデッキが相手の場合の立ち回り方

ゼシカ

全てのユニットを処理しながら戦いますが、1体1体を丁寧に取る必要はありません。ライフも一つのリソースとして考え、しっかり我慢をして、みならいあくまを絡めた特技カード等少ないリソースで序盤の盤面を対処していきます。

ようじゅつしまで繋げることができればそこからの処理は簡単ですし、この頃には相手もリソース切れを起こしている頃合いなので、序盤で焦らずしっかりと立ち回ることが大切です。

コントロールデッキが相手の場合の立ち回り方

ピサロ

ライフでダメージを受けながら手札を貯めて、終盤でダメージを叩き出すのがコントロールデッキ相手への勝ち方となります。
バラモスをうまく利用しバラモスを出したターンで決める訳ではなく、処理をされた次のターンにようじゅつしでの大ダメージを与えることを意識して立ち回りましょう。(ようじゅつし2枚出しからのコンボなど)

メラヒャドなどは体力が1のユニットがいても使わずに手札に温存しておきます。(回復効果のあるククールは別)
逆にメラゾーマなどのコストが高いカードはどんどん処理に使っても構いません。

特技による打点の計算方法

ようじゅつしみならいあくまを絡めた打点計算は意外と簡単です。覚えておくべきなのは

a×b+c=ダメージ量
a(このターン使える特技の枚数)
b(ようじゅつしは2、みならいあくまは1、どちらもいる場合は3として考える)
c(特技カードの効果による打点)

となります。これを覚えておけば、簡単に打点計算ができます。

スクリーンショット 2017-11-17 15.14.44
例えばこの手札。相手の盤面にユニットが並んでいない場合には相手ライフへ何点ダメージを与えることができるでしょうか?少し考えてみてください。

・このターン使える特技の枚数は5枚(ヒャドを自身のユニットに打つ仮定で)なのでaの値は5
ようじゅつしみならいあくまが両方いるので、bの値は3
・メラミが2枚で6とメラ1枚の1を足して、cの値は7

これを先ほどの計算式に当てはめると
5×3+7=22
となり、このターン相手ライフに与えることができるダメージは22点となります。もしテンションスキルも打てるようなら1ターンで25点を叩き出せることになりますね。

ユニットがいる場合には色々と変わってはきますが、合計打点を計算することでそのターンにコンボをするかどうかの判断基準にもなるため、覚えておいて損はないでしょう。

あーあい氏考案テンポゼシカのデッキレシピ

テンポゼシカの情報

デッキ提供者 あーあい氏
生成錬金石 11,720
プレイング難易度 ★★★★★

上位勢に大人気のテンポゼシカの回し方を徹底解説!

レジェンドランキング1位の「あーあい」氏にマリガンから相手によっての回し方など、テンポゼシカのいろはをインタビューしました!テンポゼシカを使う時だけではなく、テンポゼシカ相手にした時の立ち回りの参考にもなると思います!

テンポゼシカのデッキレシピとじゅもんの発行

「デッキを保存」を押すとじゅもんが発行されます。
じゅもんを発行する
▶︎じゅもんの発行方法はこちら

テンポゼシカのキーカード

テンポゼシカのキーカード

カード 解説
バラモスバラモス ★対コントロールで大活躍
ステータスが高く効果も強力なデッキ唯一の高コストユニットです。盤面に残れば、次ターンのメラゾーマなどの特技ダメージが強力になりますし、処理をされれば死亡時効果でようじゅつしを低コストで召喚し、ようじゅつしの効果で攻めることに繋げることができます。コントロールデッキ相手の重要な勝ち筋として、非常に強力なカードです。
ようじゅつしようじゅつし ★特技を手札に貯めて大放出
このデッキのメインの勝ち筋となるカードです。ようじゅつしの効果を最大限に生かして戦うために、0コストの特技カードなどはようじゅつしを出すまでは手札に溜め込むことが大切です。一気に盤面を取り返すことができ、相手ライフも詰めることができます。
亡者のひとだま亡者のひとだま ★処理させなければ勝ち
このデッキのようじゅつしと並ぶ勝ち筋の一つとなるカードです。特技カードで処理されることが少ないため、相手のユニットをこちらの特技カードで処理し、亡者のひとだまを守りながら戦うことで、亡者のひとだまが毎ターン5点のダメージを相手リーダーへ与えてくれることになります。
828402きとうし ★特技のバリューアップ役
このデッキは3ターン目にユニットを出すことが殆どない(テンションを貯めるターンなので)ため、げんじゅつしではなくきとうしを採用しています。4/4というステータスが優秀で、相手の亡者のひとだまを取れる攻撃力と、ゼシカやテリーのテンションスキルだけでは倒されない体力を持っているため、盤面に残りやすく相手のリソースを減らす役割も補ってくれます。

あーあい氏考案テンポゼシカのまとめ

回すのが非常に難しいと言われているデッキですが、慣れてしまえばそこまで難しくありません。
基本は亡者のひとだまを守りながら戦うだけで、勝利できることが多いです。取られた盤面もようじゅつしで巻き返せるところがこのデッキの優秀な点です。

盤面に置くようじゅつしとみならいあくまの順番も覚えて置くと良いかもしれません。1点ダメージから相手に与えたい場合は優先度の高いマスにみならいあくまを配置するなど。

使いたいけど、使い方がわからない・・・なんて方は是非ともこの記事を参考にして使用してみてはいかがでしょうか?

ドラクエライバルズのプレイ動画

gateway

ドラクエライバルズの動画を毎日更新しています。
よろしければチャンネル登録よろしくおねがいいたします。
動画を見る

ドラクエライバルズ攻略情報

btn_dqr_s-minドラクエライバルズ(DQR)攻略TOPへ戻る
ランキング
dqrリセマラランキング デッキ最強デッキランキング
リーダー別カード一覧
icon_a_01 戦士 icon_a_02 魔法使い icon_a_03 武闘家 icon_a_04 僧侶
icon_a_05 商人 icon_a_06 占い師 icon_a_07 魔剣士 gateway-31 共通
カード効果一覧
召喚時召喚時 におうだちにおうだち 貫通貫通 死亡時死亡時
攻撃時攻撃時 毒 ステルスステルス 必殺技必殺技
2回攻撃2回攻撃 ねらい撃ちねらい撃ち メタルボディメタルボディ 闇の衣闇の衣
ジュリアンテ占い 必中モード必中モード 162078 のコピー封印 竜王超貫通
テンションリンクテンションリンク フローラスキルリンク ベビーパンサー のコピーおうえん ベロニカスキルブースト
パワフルバッジパワフルバッジ ハードメタルボディハードメタルボディ
【PR】おすすめ事前登録ランキング
【PR】新作アプリおすすめランキング
【PR】人気アプリおすすめランキング

以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 あらかじめご了承ください。


・公序良俗に反する投稿
・スパムなど、記事内容と関係のない投稿
・誰かになりすます行為
・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿
・一度削除された投稿を再び投稿すること
・外部サイトへの誘導や宣伝
・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿
・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿
・その他、管理者が不適切と判断した投稿


また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。

コメント一覧

メールアドレスが公開されることはありません。

注目情報

アプリ配信カレンダー

配信カレンダーをもっと見る