シャドウバース攻略Wiki

サイゲームスが提供する「シャドウバース(シャドバ)」の効率的なリセマラ方法・ランキング・攻略法・最新情報・おすすめカードなどを紹介しています。

攻略情報一覧

AppMedia

記事

【シャドウバース】風神の評価や使い方/ニュートラル

星神の伝説環境デッキを公開中!
▶新環境デッキレシピ一覧

シャドウバースの「風神/ニュートラル」の評価やステータス、効果、使い方を紹介しています。風神と相性のいいカードやデッキ構成も考察していますので、パックで当たった方は攻略の参考にして下さい。

掲示板一覧

▶︎雑談掲示板 ▶︎フレンド募集掲示板
▶︎デッキレシピ掲示板 ▶︎質問掲示板

リセマラランキングはこちら
シャドウバースリセマラ当たりランキング!

風神の効果とステータス

カードの詳細
コスト 5
レアリティ ゴールド
クラス ニュートラル
タイプ
攻撃力 1(3)
体力 5(7)
入手方法 スタンダードパック/レッドエーテル800

風神のカード効果

進化前 進化後
風神 風神+
進化前 ファンファーレ 自分のフォロワーすべてを+1/+0する。
自分のターン開始時、自分のフォロワーすべてを+1/+0する。
進化後 テキストなし

風神の評価や使い方

風神の評価

並べるデッキで強い

フォロワーを多く出せるデッキ全般で強いカードですが、特にロイヤルとエルフで強いと評価されています。

火力を残しやすい

風神は、プレイしたターン以降自分ターン開始時に味方全てのフォロワーすべてを+1/+0するので、+1/+0された複数のフォロワーより優先して除去する必要があります。

風神の使い方

ロイヤルデッキで使う

ロイヤルデッキは常に多くのフォロワーが場に出ているので、いつでも使えます。体力5の風神の破壊を優先することで、+1/+0された他のフォロワーが生き残りやすくなるのが魅力です。

エルフデッキで使う

エルフデッキも常に多くのフォロワーが場に出ているのでとても相性がよいです。ただ、ロイヤルデッキに比べると風神を入れるのがオススメなデッキは限られます。

守護カードと使う

守護フォロワーと一緒に使って風神が1ターンでも長く生き延びることができるように使うのもありです。守護カードが複数ある状態で風神を出せば、風神が生き残って攻撃力アップする可能性が増します。

相性のいいカードやデッキ構成

風神と同時編成した際に有用となるカード、組み合わせを紹介しています。

相性のいいカード

カード 解説
アセンティックナイトアセンティックナイト 風神を出す前に「アセンティックナイト」のようなカードでフォロワーの数的優位を確立しておくと良いです。

相性のいいデッキ構成

「風神」は、エルフ、ネクロマンサー、ヴァンパイアなど多くのクラスで使えますが、ロイヤルデッキと一番相性がいいです。ロイヤルデッキのフォロワーは積極的に破壊されることも計算に入れたうえで、5ターン目くらいから場をフォロワーでいっぱいにできるデッキ構成にしましょう。

代わりに使えるカード

風神の代用となり得る効果、性能を持つカードを紹介しています。

カード 解説
セージコマンダー修正後セージコマンダー ファンファーレなので一度だけですが「自分の他のフォロワーすべてを+1/+1する。」効果で体力まで上げてくれるのは魅力です。「風神」と一緒にデッキに入れるのもオススメです。

シャドウバース攻略情報

デッキレシピ

人気記事_14最強デッキ TOPランカートップランカー
クラス別
エルフデッキ一覧エルフ ロイヤルデッキ一覧ロイヤル ウィッチデッキ一覧ウィッチ ドラゴンデッキ一覧ドラゴン
ネクロデッキ一覧ネクロ ヴァンパイアデッキ一覧ヴァンプ ビショップデッキ一覧ビショップ

カード作成

人気記事_分解分解おすすめ 人気記事_デッキ生成おすすめ
シャドウバース攻略TOPへ戻る
【楽しく利用するためのルール】
  • 他人に不快な思いをさせるような内容の書き込み
  • 外部サイトへの誘導・宣伝する内容の書き込み
  • アカウントの売買など金銭が絡む内容の書き込み
  • 各ゲームのネタバレを含む内容の書き込み
上記の書き込みを禁止とし、コメント削除や書き込み制限措置を行う可能性もありますのでご了承ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

注目情報

アプリ配信カレンダー

今月の配信アプリ

PUBG Corporation
iOSAndroid
エイチーム
iOSAndroid
BANDAI NAMCO Entertainment
iOSAndroid
Netmarble Games
iOSAndroid
NEXON/NAT Games
iOSAndroid
配信カレンダーをもっと見る