モンスト攻略Wiki

エックスフラッグが提供する「モンスターストライク(モンスト)」の攻略wikiです。最新のリセマラ情報や攻略速報、降臨スケジュール、解放の呪文などを随時更新しています。

攻略情報一覧

AppMedia

記事

【モンスト】森の王グリンデの評価とステータス

特別デザインの限定キャラが登場!
『Xmas激獣神祭』の詳細はこちら
サンタガチャや新イベント情報など!
最新『モンストニュース』はこちら
『ヘラ』の獣神化が決定!
キャラ性能・評価はこちら

ノーマルクエストなどで入手できる「グリーンリドラ」の最終進化形「森の王グリンデ」の評価とステータスを紹介しています。ラック90を作りやすく初心者にお勧めのモンスターです。ぜひ参考にしてください。

目次

森の王グリンデの評価

森の王グリンデの強い点・使える場面

ノーマルクエストでラックが上げやすい

グリーンリドラはノーマルクエスト「ティエラの森」の中の「森の竜」、「素晴らしき碧獣」の中の「素晴らしき森の王」などでドロップしやすいです。3段階進化させると森の王グリンデになり、グリーンリドラを計75体合成することで上限のラック90(75+ボーナス15)になります。ラックが増えるほどクエストでのラックボーナスが入手できる確率が上がり、様々なメリットがあります。

それなりに使えるステータス

森の王グリンデは約15000のHP・攻撃力がそこそこ優秀です。スピードは約220と遅いですが、ダメージウォールなどの危険なギミックを避けやすい利点があります。

クィーンバタフライの降臨で使える

☆5モンスターのラック90を完成させたら、次は☆6の降臨モンスターの運極(ラック99)を目指すのが重要なステップになります。中でもクィーンバタフライの降臨クエストはクリアしやすく、しかも性能が高いため人気があります。最初の運極にお勧めです。

ラック90を作るモンスターとしては、レッドリドラの最終進化形「恐竜王レチリード」に圧倒的な人気がありますが、水属性を苦手とするためクィーンバタフライの降臨に連れて行きづらいのが難点です。
森の王グリンデのラック90を作っておくと、クィーンバタフライの降臨とは属性の相性が良く、運枠として使うことができます。少数派ですが最初の運枠として森の王グリンデを選ぶのは良い選択肢だと思います。

森の王グリンデの弱い点、使えない場面

アビリティがない

ギミックに一切対応できません。重力バリアやワープがあると動きが制限され、ダメージウォールや地雷に触れると受けるダメージに注意が必要になります。ギミックの多い高難易度クエストでは使いづらいです。

友情コンボが微妙

砲撃型で友情コンボの威力が高めになっていますが、拡散弾EL3は無駄になる弾が多く、評価が低いです。

森の王グリンデの総合評価

あくまでもラック90にしてラックボーナス目当てで使うことが前提になります。クィーンバタフライなどの運極が完成するまでの間は、あまり難しくないクエストであれば運枠として十分役立つでしょう。

森の王グリンデのステータス

grinde

森の王グリンデ

レア度 ☆5
属性
種族 ドラゴン族
ボール 反射
タイプ 砲撃型
アビリティ
ステータス
HP 攻撃力 スピード
最大 12978 12864 185.30
+上限 (+2460) (+2240) (+39.10)
限界値 15438 15104 224.40
ストライクショット
森竜の大進撃
ふれた最初の敵を乱打し、拡散弾で追い討ち
ターン数(14)
友情コンボ
拡散弾EL3
16方向に特大属性弾を3発ずつ乱れ打ち
威力(2812)

進化前の+上限値

進化段階 HP 攻撃力 スピード
グリーンリドラ +480 +560 +24.48
グリーンドラゴン +780 +700 +26.52
グリンデ +1400 +1280 +33.32

タスキャッチをする際の参考にしてください。

各ランキング

リセマラランキング

降臨ランキング

【PR】おすすめ事前登録ランキング
【PR】新作アプリおすすめランキング
【PR】人気アプリおすすめランキング

以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 あらかじめご了承ください。


・公序良俗に反する投稿
・スパムなど、記事内容と関係のない投稿
・誰かになりすます行為
・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿
・一度削除された投稿を再び投稿すること
・外部サイトへの誘導や宣伝
・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿
・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿
・その他、管理者が不適切と判断した投稿


また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

注目情報