平家物語2_1_サムネ

毎週水曜24時55分からフジテレビ他にて絶賛放送中のTVアニメ『平家物語』第二話「娑婆の栄華は夢のゆめ」の先行場面カットとあらすじをご紹介!最新情報をご紹介いたします。

『平家物語』第二話あらすじ・場面カット

第二話「娑婆の栄華は夢のゆめ」

平家物語2_1
©️「平家物語」製作委員会
平家物語2_2_r
©️「平家物語」製作委員会
平家物語2_3_r
©️「平家物語」製作委員会
平家物語2_4_r
©️「平家物語」製作委員会
平家物語2_5_r
©️「平家物語」製作委員会
平家物語2_6_r
©️「平家物語」製作委員会
平家物語2_7_r
©️「平家物語」製作委員会
平家物語2_8_r
©️「平家物語」製作委員会

第二話「娑婆の栄華は夢のゆめ」あらすじ

資盛が天皇の摂政に無礼を働いて制裁を受け、それに清盛が報復したことで、平家に対する批判が噴出する。
重盛は資盛を伊勢に謹慎させ、自身も職を辞することで少しでも批判を治めようとするが、それがおもしろくない清盛。
そんな中、徳子が後白河法皇の息子・高倉天皇に入内することが決まる。

解説コラム「白拍子」

白拍子は、平安時代末期から鎌倉時代にかけて流行した歌と舞のことで、これを演じた人々の呼び名です。もともと白拍子は男性が踊る舞であったので、女性が男装をして舞い、仏や神と人のかかわりや縁を歌いました。白拍子が生まれたのは「平家物語」の舞台となった時代より少し前の事といわれていますから、清盛のころはそれこそ最先端のエンターテインメントで、都で名をあげるものも少なくなかったようです。人々の集まる場所で、神社の神楽のようなにぎやかな伴奏で歌舞を披露し、人々と交流し、大変な人気を得ていました。

そんな白拍子を時の権力者たちが見過ごすわけはありません。朝廷や院、貴族たちはこぞって白拍子を自らの邸宅に招き、その歌舞を披露させました。この物語の第一話に出ていた仏御前もそんな一人でした。一足早く清盛の寵愛をうけていた祇王・祇女によっていざなわれ、清盛の前で当時の流行歌であった今様を歌い、さらにその場の機転でアドリブの今様を歌い、アドリブの舞を披露し、清盛にたいそう気に入られ寵愛されることとなりました。

祇王・祇女や仏御前は平清盛という後ろ盾を得たものの、自由な上演や人々と接する機会が減り、もしかすると自由な創作の心を失っていった、心の自由を失ってしまったのかもしれません。

アニメ『平家物語』公式サイト

『平家物語』作品概要

20211217_平家物語_key
©️「平家物語」製作委員会

『平家物語』声優情報と作品概要・あらすじ紹介

スタッフ

原作 吉川日出男訳「平家物語」河出書房新社刊
監督 山田尚子
脚本 吉田玲子
キャラクター原案 高野文子
音楽 牛尾憲輔
アニメーション制作 サイエンスSARU
キャラクターデザイン 小島崇史
美術監督 久保友孝(でほぎゃらりー)
動画監督 今井翔太郎
色彩設計 橋本賢
撮影監督 出水田和人
編集 廣瀬清志
音響監督 木村絵理子
音響効果 倉橋裕宗(Otonarium)
歴史監修 佐多芳彦
琵琶監修 後藤幸浩

関連記事

AppMediaアニメライター求人バナー

クールごとのアニメ一覧

アニメ関連の最新ニュース