ぶらどらぶソングサムネ

新作アニメーション「ぶらどらぶ」エンディングテーマに「alan」 & 「Ayasa」の起用が決定!最新情報をご紹介いたします。

「alan」 & 「Ayasa」の起用決定

「ぶらどらぶ」はコメディタッチながら、サブテーマとしては、深いメッセージを含むものとなっております。
その世界観の表現にあたり、愛おしさ、激しさ、切なさ、麗しさ、と多様なテーマソングになっているそうです。

ぶらどらぶソング

alan

生年月日:1987年7月25日
出身地:中国・四川省出身
血液型:O型
2008年、2009年の公開映画『レッドクリフ』シリーズの全世界主題歌「久遠の河」を担当し、オリコン中国出身アーティスト史上最高位を樹立。
その後も数多くの映画主題歌等に起用されている。

Ayasa

生年月日:1991年10⽉19⽇
出⾝地:東京都出⾝
⾎液型:A型
3歳からバイオリンを始め、現在はロックヴァイオリニストとして独⾃の地位を確⽴。
⾃⾝がアニメキャラクターに扮したアニソンカバーYouTube動画は世界各国で注⽬を浴びている。

起⽤までの軌跡

エンディングソングを決定するにあたり、作品の芸術性、また“アニメ”という芸術を表現するための⾳楽として、ヴァイオリンを使った楽曲を作ることになり、様々な候補の中、Ayasaさんの起⽤が決定。そして、アニメ、⾳楽をアジアから世界へ発信、届ける事ができるアーティストの起⽤も同時に考えていたそうです。

Ayasaさんから2019年9⽉に開催されたチャイナフェスのイベントで同じ出演者として出会い、意気投合のもと、コラボレーションをしたいアーティストがいるとの事で、alanさんを紹介され、エンディングテーマの⼆⼈が決定

alanさんは、⽇本で活躍され、その後、中国を代表するアーティストとして現在も活躍されております。Ayasaさんは、⽇本のみならず、中国をはじめとしたアジアを中⼼にその活動場所をアメリカや南アメリカ、ヨーロッパなどへ広げようとされているアーティストです。
この2⼈のタッグはまさにニューアジアスタンダード、アジアから世界に発信する新しい⼀つの形だと確信し、作品とともに、世界に通⽤する新しい形のアーティストをということで今回起⽤にいたったそうです。

「⾚い⾬」のアニメーションは、⻄村監督⾃らが絵コンテ、構成を考え制作、「新⽉」のアニメーションは、よりアニメの芸術性を表現するため、本作品のビジュアルデザイナーである⽔野歌さんのビジュアルを活かした構成にて制作をしているとのことです。

エンディングテーマ情報

alan & Ayasa:楽曲名「⾚い⾬」

楽曲名 「⾚い⾬」
アーティスト alan & Ayasa
作詞 川村サイコ
作曲・編曲 ZENTA
備考 ※国内向け予定

Ayasa:楽曲名「新⽉」

楽曲名 「新⽉」(Instrumental)
アーティスト Ayasa
作曲・編曲 井上泰久
備考 ※海外向け予定

公式ホームページ、公式Twitterにて随時最新情報公開予定。

「ぶらどらぶ」公式ホームページはこちら
◆「ぶらどらぶ」公式ツイッター:@VLADLOVE_ANIME
「AKIBA カルチャーズZONE(ACZ)」ホームページはこちら
◆「AKIBA カルチャーズZONE(ACZ)」公式ツイッター:@ACZ_official
「Ayasa」公式ホームページはこちら
◆「Ayasa」公式ツイッター:@AyAsA_violin

アニメ関連の最新ニュース

アニメ関連イチオシコンテンツ

クールごとのアニメ一覧

ジャンルからアニメを探す