アニメ『サイコパス2期(PSYCHO-PASS サイコパス2)』の作品概要やあらすじ、出演声優を紹介しています。放送時期や制作会社などの情報も合わせて掲載しています。

「サイコパス2期」の概要

PSYCHO-PASS サイコパス2 ©サイコパス製作委員会
タイトル PSYCHO-PASS サイコパス2
ジャンル #サスペンス/推理#アクション/バトル#SF
放送時期 2014年 秋
制作会社 タツノコプロ
タグ#EGOIST #神曲
公式サイト 公式サイトはこちら

出演声優(キャスト)

花澤香菜 野島健児 佐倉綾音
藤原啓治 櫻井孝宏 伊藤静
沢城みゆき 木村良平

※主要キャラの一部を掲載しています。

あらすじ

2112年。人格が数値化できるようになった近い未来の話。
人間たちは、性格や心理状態を数値化できるシステム「シビュラシステム」によって犯罪性を判断され、シビュラシステムとリンクした銃「ドミネーター」によって裁かれていた。

ドミネーターを行使する組織、公安局刑事課一係の常守朱は、配属2年目の監視官。配属当初より数々の修羅場を切り抜けてきたことにより、現場にも対応できるようになっていた。
しかしそんなとき、東京の繁華街で連続爆破事件が起こる。犯人を見つけるも、ドミネーターによる執行をすぐにしない朱。彼女は、シビュラシステムに対する疑問を抱き、犯人のある可能性に賭けようとしていた……。引用: https://psycho-pass.com/archive/

サイコパス2期の見所

まさかの主人公登場無し?先の読めないストーリー展開

『PSYCHO-PASS サイコパス2』では、1期から1年半後の世界が描かれます。2期となると、1期キャラクターたちがどう活躍するか気になるところですよね。 しかし驚くことに、2期では1期の主人公「狡噛慎也」が登場しないのです。 2期の主人公を務めるのは、花澤香菜さんが演じる常守朱。ストーリーの視点から変えてしまう新展開に、先の読めない面白さを感じます。

人々を裁くシビュラシステムの価値観に注目

1期冒頭から登場したシビュラシステムは、本作の根本となる設定項目です。 犯罪係数という数値で人間を計り、必要に応じて確保・制圧・排除する。論理が通っているようで残忍さも感じるシステムです。 本作ではシビュラシステムの正当性について描かれるシーンが増えてきます。人が人を裁くことの正当性について考えさせられる作品です。

1期の1年半後を描くヒロインの成長も見どころ

2期では1期の1年半後が描かれています。1期では新米だったヒロイン・常守朱もすっかり一人前になり、その行動や価値観にも変化が現れます。 刑事として成長したのはもちろんですが、常守は彼女なりにシビュラシステムや世界の在り方に意見を持てるようになります。彼女の行動・思考・価値観、そういった内面的な点にも注目して視聴してみてください。

アニメ関連のニュース記事