アニメ『サイコパス1期(PSYCHO-PASS サイコパス)』の作品概要やあらすじ、出演声優を紹介しています。放送時期や制作会社などの情報も合わせて掲載しています。

「サイコパス1期」の概要

PSYCHO-PASS サイコパス ©サイコパス製作委員会
タイトル PSYCHO-PASS サイコパス
ジャンル #サスペンス/推理#アクション/バトル#SF
放送時期 2012年 秋,2013年 冬
制作会社 Production I.G
タグ#EGOIST #神曲 #虚淵玄
公式サイト 公式サイトはこちら

出演声優(キャスト)

関智一 花澤香菜 野島健児
有本欽隆 石田彰 伊藤静
沢城みゆき 櫻井孝宏 日高のり子

※主要キャラの一部を掲載しています。

あらすじ

2112年。人格が数値化できるようになった近い未来の話。
人間たちは、性格や心理状態を数値化できるシステム「シビュラシステム」によって犯罪性を判断され、シビュラシステムとリンクした銃「ドミネーター」によって裁かれていた。

この世界ではシビュラシステムが計測する「犯罪係数」がすべて。たとえ罪を犯していない者でも、犯罪係数が規定値を超えれば裁かれてしまうのだ。

公安局刑事課一係に配属された新任監視官常守朱は、犯罪者を裁く銃「ドミネーター」を手渡される。
人を裁く権利と力が手の中にある。その現状に戸惑いながらも現場へ向かう朱。そこで彼女が出会ったのは……。引用: https://psycho-pass.com/archive/

サイコパス1期の見所

近未来SFで描くハードボイルドストーリー

『PSYCHO-PASS サイコパス』の舞台は2100年代の日本。人格は数値化され、「犯罪係数」の数値が高い人間が裁かれるという世界です。 犯罪係数の規定を超えた者は、「執行官」により確保・制圧され、極めて危険と判断されれば「排除」される。合理的とも非人道的とも言える世界観で繰り広げられる、完成度の高いハードボイルドストーリーは、本作が人気作たる由縁です。

脚本を虚淵玄氏が担当し持ち味を余すところなく発揮

脚本を担当しているのは、『魔法少女☆まどかマギカ』のシナリオを担当したことで知られる、ニトロプラスの虚淵玄氏。ダーク&ハードテイストが得意な虚淵氏の持ち味を、余すところなく発揮したシナリオに仕上がっています。 世界に霧がかかったような陰鬱さや、息が詰まる程の緊張感こそ虚淵氏の真骨頂。気づけば、純度の高いダークストーリーにのめり込んでいます。

世界観にマッチした楽曲にも注目

作品の世界観を形作りの要素の一つに、作品に使われる楽曲があります。特に、オープニングとエンディングは、作品全体のイメージに強く関わってくる重要な楽曲です。 本作のOP手掛けるのは、退廃感のある声が魅力的な「凛として時雨」、EDは無機質さすら感じる美しい声が魅力の「EGOIST」。両方の楽曲が作品を美しくパッケージングすることで、作品全体の印象を高い次元へと引き上げています。

アニメ関連のニュース記事