アニメ『一週間フレンズ。』の作品概要やあらすじ、出演声優を紹介しています。放送時期や制作会社などの情報も合わせて掲載しています。

「一週間フレンズ。」の概要

一週間フレンズ。 ©葉月抹茶/スクウェアエニックス・「一週間フレンズ。」製作委員会
タイトル 一週間フレンズ。
ジャンル #青春/学園#恋愛/ラブコメ#日常/ほのぼの
放送時期 2014年 春
制作会社 ブレインズ・ベース
タグ#泣ける
公式サイト 公式サイトはこちら

出演声優(キャスト)

山谷祥生 雨宮天 細谷佳正
大久保瑠美 中原麻衣 間島淳司
浅沼晋太郎

※主要キャラの一部を掲載しています。

あらすじ

僕らは、一週間を繰り返す、何度も何度でも――。

高校二年生の長谷祐樹は、普段から人と関わろうとせず、いつもひとりでいるクラスメイト、
藤宮香織と友達になりたいと思い、彼女に話しかける。
だが、彼女は「私、友達の記憶…一週間で消えちゃうの…」とそれを拒む。
少年との思い出を失い続ける少女と、
その思い出をひとつひとつ紡ぎあげていく少年―。
たくさんの“切なさ”と“ひたむきさ”が詰まった、珠玉のストーリー。引用: http://oneweekfriends.com/index.html

一週間フレンズ。の見所

切なすぎる1週間だけの記憶

――友達との記憶が一週間で消えてしまう少女・香織。
どんなに楽しいことがあっても、1週間で記憶がリセットされてしまうという設定はあまりにも残酷で、あまりにも切ないものです。
香織は、そんな切なさを抱えながら長年生活してきました。そして、そんな自分にどこか諦めを感じているようでもあります。
香織の記憶が消えなくなる日は来るのか。本作を観る際にはハンカチ常備でお願いします。

楽しければ楽しいほど失うショックも大きい

失うこととは、多くを積み上げるほどショックが大きくなるものです。香織の記憶も同じで、1週間の記憶が楽しければ楽しいほど、忘れたときのショックが大きくなります。
しかし、香織本人は記憶を失ったことを覚えていません。覚えているのは周りの人たちで、主人公の祐樹は、初めてその様子を目の当たりにしたとき、大きなショックを受けています。
覚えていないことは救いであるように感じますが、とても残酷なことです。いつか香織が喜びを積み上げられるようになることを祈るばかりです。

どこまでも真っすぐで素直な主人公・祐樹

本作の主人公・祐樹は、どこまでも真っすぐで素直な少年。香織から記憶が1週間で消えてしまうことを告げられたときも、到底信じられないと思いつつも、その言葉を信じる素直さを見せています。
真っすぐで素直な祐樹の気持ちが、香織の閉ざされた心を開くことができるのか、2人の行く末が気になります。

アニメ関連のニュース記事