アニメ『未来少年コナン』の作品概要やあらすじ、出演声優を紹介しています。放送時期や制作会社などの情報も合わせて掲載しています。

「未来少年コナン」の概要

未来少年コナン ©NIPPON ANIMATION CO.,LTD.
タイトル 未来少年コナン
ジャンル #SF#ファンタジー
放送時期 1980年以前
制作会社 日本アニメーション
タグ#宮崎駿 #富野由悠季
公式サイト 公式サイトはこちら

出演声優(キャスト)

小原乃梨子 信沢三恵子 青木和代
永井一郎 家弓家正 吉田理保子
伊武雅刀

※主要キャラの一部を掲載しています。

あらすじ

最終戦争で地球は荒廃し、人類は絶滅の危機に…。

20年後ようやく自然がよみがえってきた世界。 のこされ島には、おじいとコナンが二人だけで暮らしていた。

ある日、コナンと同年代の少女ラナが島に流れ着く。
他にも人間が生きていることを知って喜ぶコナンだが、科学都市インダストリアの兵士たちがやってきて、ラナはさらわれてしまう。

ラナを助けるため、コナンの大冒険が始まる。引用: https://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=conan

未来少年コナンの見所

今なお色あせないSF作品の超名作

本作がTVで放映されたのは1978年。アレグザンダー・ケイの『残された旅人』という小説を元に、TVシリーズ向きにリメイクされた作品です。
本作はSF作品の超名作として知られ、その評価は今なお更新され続けているほど。時が経つごとに、新たな評価を得続けています。
本作の評価を支えるのは、作中に散りばめられた細かなSF描写。日常生活・機械・軍艦などが、あたかも実在するかのように描かれています。日本SFアニメの金字塔『未来少年コナン』は、アニメファンなら絶対に履修すべき名作です。

スタッフには宮崎駿や富野由悠季も参加

本作を観る上で、スタッフに焦点を当ててみるとまた違った楽しみ方ができます。
じつは、スタジオジブリの宮崎駿氏や、ガンダムの原作者で知られる富野由悠季氏などが制作に参加しているのです。本作を一目見ると分かりますが、作画が『風の谷のナウシカ』にとてもよく似ています。キャラクターデザインにおいては、一瞬ナウシカかと見間違えるほどです。
また、リアルなSF設定は、さすが富野氏と言うべきクオリティ。現在でも一線で通用する練り込まれた設定に、ただ脱帽するばかりです。

『ラピュタ』や『ナディア』にも繋がる作品

本作はその後のアニメ作品に多大な影響を及ぼした作品。じつはあの『天空の城ラピュタ』や『ふしぎの海のナディア』にも繋がる作品なんです。
まず『天空の城ラピュタ』は、『未来少年コナン』の続編案をもとに作られた作品、TVシリーズとして実現されなかった、『未来少年コナン2』の別の姿なんです。
そして『ふしぎの海のナディア』は、このときに没になった案をアレンジして作られたもの。私たちがよく知る名作たちに繋がっていたんですね。

アニメ関連のニュース記事