アニメ『坂道のアポロン』の作品概要やあらすじ、出演声優を紹介しています。放送時期や制作会社などの情報も合わせて掲載しています。

「坂道のアポロン」の概要

坂道のアポロン ©小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会
タイトル 坂道のアポロン
ジャンル #音楽/アイドル#青春/学園#恋愛/ラブコメ
放送時期 2012年 春
制作会社 MAPPA、手塚プロダクション
タグ#菅野よう子 #ノイタミナ
公式サイト 公式サイトはこちら

出演声優(キャスト)

木村良平 細谷佳正 南里侑香
遠藤綾 諏訪部順一 北島善紀
岡本信彦 村瀬歩 佐藤亜美菜

※主要キャラの一部を掲載しています。

あらすじ

1966年初夏。

高校一年生の西見薫は、父親の仕事の都合で横須賀からひとり、親戚のいる九州へ引っ越してきた。 それまで優等生で周囲に心を閉ざしがちな薫だったが、“札付きのワル”と恐れられる破天荒なクラスメイト・川渕千太郎との出会いが彼を変えていく。
千太郎を通じて知ったジャズの魅力、そして初めての「友達」と呼べる存在。
仲間と奏でる音楽がこんなにも楽しいなんて!

千太郎の幼なじみで心優しいレコード屋の娘・律子、ミステリアスな上級生・百合香、憧れの兄貴分、淳兄…。
アメリカの文化漂う海辺の街を舞台に、友情・恋心・音楽がまぶしく交錯する青春群像劇!引用: https://www.noitamina-apollon.com/

坂道のアポロンの見所

ノイタミナ枠で贈る超本格ジャズアニメ

本作は小玉ユキ氏の漫画が原作。男子高校生の西見薫がジャズに出会い、その魅力に引き込まれていく物語を描いています。
本作は『のだめカンタービレ』や『四月は君の嘘』を世に放った、ノイタミナ枠ということもあり、放送前から期待されていたアニメでした。
放送されると、そのクオリティは視聴者の期待を超えるほどにハイレベル。まるでジャズバーにいるような本物のジャズサウンドが流れ、一気にジャズの世界に引き込まれます。

『カウボーイ・ビバップ』の黄金コンビ再び!

『カウボーイ・ビバップ』というアニメをご存じでしょうか。BGMにジャズを使ったファンクな雰囲気のオリジナルアニメで、今なお高い評価を集め続けるサンライズの名作アニメです。そのとき監督を務めたのが渡辺信一郎氏、そして音楽を担当したのが菅野よう子氏でした。

そして、ジャズを題材にした本作で、まさかの「渡辺信一郎×菅野よう子」が再びタッグを組むことに!
2人の得意分野である「ジャズ」を題材に、一体どんな演出や音楽が飛び出すのか。ゴールデンコンビの実力をご覧ください。

カウボーイ・ビバップの詳細はこちら

ジャズの楽しさをそのままに届ける演奏シーン

ジャズという音楽は、アドリブにこそ楽しさがあると言います。ベースを鳴らし始めたところにドラムが乗っかり、さらにピアノが乗っかり、いつしか心地よい音楽が形作られていく。ジャズとはそういう自由な音楽なのです。
本作では、楽器が集まって音楽が「できていく」シーンから描かれています。何気なく鳴らしたメロディラインが心地よい曲になっていく。この作品は、そんなジャズの楽しさをそのままに届けてくれるアニメなのです。

アニメ関連のニュース記事