ジョーカー~ギャングロード~における『仁悪喧嘩合戦』の攻略と進め方、ルールやおすすめカードなどの攻略情報を紹介しています。獲得報酬も紹介していますので、仁悪喧嘩合戦を進める際にお役立てください!

抗争攻略情報・イベントまとめはこちら

仁悪喧嘩合戦のイベント概要

仁悪
開催期間
2020年7月6日(月)00:00~2020年7月9日(木)23:59

【4月】報酬に[究極 輝]響 伊月追加!

闘拳の証の交換ラインナップに、[究極 輝]響 伊月のガチャチケが追加!非常に強力な瞬属性”闘魂奥義”を所持しています。

[究極 輝]響 伊月の評価と所持アビリティはこちら

特殊ルール適用で開催!

①「剛仁悪属性優遇」

スクリーンショット 2020-02-14 13.26.42

イベント期間中は仁・悪・剛属性以外のアビリティ効果が1/10に減少してしまいます。基本的には剛・仁・悪アビを活用して戦うことになるので、イベント前に専用デッキの準備をお忘れなく。

②「協力一致」

スクリーンショット 2019-11-12 11.12.35

通常ルールよりもエールコンボ効果が超絶アップする」新ルール「協力一致」が追加。さらに通常エール効果はパラメ1アップに調整されているので、補正を気にせずに通常エールでコンボ数を稼ぐ事が可能です。

③「防衛劣悪」

スクリーンショット 2019-11-12 11.12.35 2

「敵の防御パラメがマイナスになればなるほどダメージが増加する」新ルール「防衛劣悪」が追加!デバフ系スキルの重要度が高まりました。

④「大器晩成」

スクリーンショット 2019-11-12 11.12.35 3

「抗争時間が進むにつれ、パラメータアップアップ効果に対するパラメータ上昇値に応じた補正が緩和される」新ルール「大器晩成」が追加!抗争終盤になるほど高パラメが作りやすくなる!

「闘拳の証」を集めて限定究極KRを手に入れよう

download_file-2

チームランキング報酬「闘拳の証」を集めることで、限定究極KRが出現するガチャチケットなど、豪華報酬と交換する事ができます。「闘拳の証」を集めて、[究極 輝]響 伊月、[究極 輝]ドラゴン、[究極 輝]矢口 広海を手に入れましょう!

抗争イベント限定究極KR
覇拳の証 覇拳の証 覇拳の証
[究極]ウメトラ(梅宮&景寅)[究極]ウメトラ [究極]加賀美 純吾[究極]加賀美 純吾 [究極 輝]東郷 刃[究極 輝]東郷 刃
闘拳の証 闘拳の証 闘拳の証
[究極 輝]響 伊月[究極 輝]響 伊月 [究極 輝]ドラゴン[究極 輝]ドラゴン [究極 輝]矢口 広海[究極 輝]矢口 広海

※覇拳の証は「覇権争奪戦」の報酬で手に入ります。

仁悪喧嘩合戦のルールについて

マッチングについて【2020年4月更新】

【初日】ランダムマッチング

初日のみに適用され、5人以上チームと4人以下のチームに分け、それぞれランダムにマッチング。

【2日〜4日】上位・下位マッチング

matching-1
初日以外の日程に適用され、同じ勝ち点同士の抗争pt上位と抗争pt下位がマッチング。(抗争ptを多く稼いでおく事で、マッチングが優位になる可能性が高まる)

※同じ勝ち点のチームが奇数の場合やチーム消滅が発生した場合などには、勝ち点が違うチームとマッチングする場合があります。

追加勝ち点を活用しよう

勝ち点

各対戦後にの順位によって追加勝ち点+3獲得することができます。順位は勝敗と、抗争ptによって決まるので、より多くの抗争ptを稼ぐことを意識して立ち回りましょう。

デッキ編成おすすめカードとアビリティ

カード選びのポイント

編成おすすめアビ
強力な仁惡系奥義や無双アビ(覚醒、奇策)
仁・惡属性のエール効果アップ(メガホン)
※ダウンエール効果アップは優先度低
仁・惡属性のバフ/デバフ系アビ
強制交代やコピー、吸収などの特殊アビ
剛・仁・惡の特攻アビ
※カンストできるパラメを作れるチームは属性を考慮しなくてOK

仁惡喧嘩合戦で採用率の高いカード

※入手難度の観点からコスト27以下及び交換所で入手できるカードに限定して紹介してます。また、「[究極]ギャングスレイヤー」などルール問わず採用率が高いカードは抜いております。

カード おすすめ理由
[究極]畔道 カリン 鳳/KR(28)
[究極]畔道 カリン
強力な仁属性奥義「[狂鬼]愛及屋烏[狂鬼]愛及屋烏
強力な仁属性メガホン2つ持ち
仁属性7倍の弱者必中のリセット単体バフ×3回
[究極 輝]琥珀川 美麗 鳳/KR(28)
[究極 輝]琥珀川 美麗
強力な全属性強化奥義「[狂鬼]冠前絶後[狂鬼]冠前絶後
仁属性7倍の弱者必中のリセット単体バフ×3回
仁属性7倍の気絶込み全体バフ×3回
剛属性特攻+HP1残し×2回
※メガホンは無属性なので注意
[究極]アンジー 龍/KR(27)
[究極]アンジー
50%コピー×2回
50%吸収×2回
※メガホンは無属性なので注意
[究極]帝都連合 鳳/KR(27)
[究極]帝都連合
強力な仁属性奥義「[闘魂]鬼面嚇人[闘魂]鬼面嚇人
仁属性6倍の弱者必中のリセット単体バフ×2回
仁属性7倍の気絶込み全体バフ+BP回復×2回
仁属性5倍メガホン+エールコンボ+3
惡属性パラメ加算特攻×2回
[究極]アデル&ノエル 龍/KR(27)
[究極]アデル&ノエル
仁・惡属性5倍の気絶込み全体デバフ+敵前衛回復×3回
惡属性5倍メガホン
仁惡属性5倍の気絶込み全体バフ&デバフ+敵味方前衛回復
[究極]霧島 静香 龍/KR(27)
[究極]霧島 静香
仁属性の強力な気絶込み全体バフ×5回
開始10分5倍の仁属性メガホン
仁属性特攻×3回
動物道~アニマルロード~ 虎/KR(25)
動物道~アニマルロード~
仁属性7倍メガホン
惡属性7倍メガホン(ダウンエール時のみ)
惡属性パラメ加算特攻+自身不動石1個付与
惡属性5倍の気絶込み全体デバフ+味方2人に不動石1個付与×2回
【呂】アンジー 龍/KR(25)
【呂】アンジー
30%吸収×2回
仁属性7倍メガホン
全体リセット&バフ×3回(パラメ補正受ける)
仁属性パラメ加算特攻
如月 奈々奈 虎/KR(25)
如月 奈々奈
強力な仁属性メガホン2つ持ち
仁属性5倍の単体バフ×2回
【願】如月 奈々奈 虎/KR(25)
【願】如月 奈々奈
仁属性7倍メガホン
仁属性6倍の単体バフ×2回
仁属性7倍の気絶込み全体バフ×2回
特攻+味方パラメリセット×2回
沖田 紀斎 龍/KR(25)
沖田 紀斎
仁属性5倍メガホン
仁属性6倍の気絶込み全体バフ(2回)
剛属性パラメ加算特攻
デバフ&ダメージ反射
【水】祟羅 シオン 虎/KR(25)
【水】祟羅 シオン
仁属性5倍の弱者必中のリセット単体バフ×2回
仁属性5倍メガホン
剛属性パラメ加算特攻×2回
[究極]ディザイア 虎/KR(25)
[究極]ディザイア
惡属性5倍の気絶込み全体デバフ+敵前衛回復×3回
惡属性5倍メガホン+ダメージ増加
ディザイア&二葉 龍/KR(25)
ディザイア&二葉
パラメ40%分配×2回
惡属性7倍メガホン
惡属性5倍の全体リセット&バフ×3回(パラメ補正受ける)
伊勢野 圭佑 龍/KR(25)
伊勢野 圭佑
味方パラメリセット×4回
自身不動石1個付与×3回
惡属性5倍の気絶込み全体デバフ+敵前衛回復×3回
惡属性4倍メガホン
【猛】張 泰秀 龍/KR(25)
【猛】張 泰秀
惡属性7倍の気絶込み全体デバフ+敵前衛回復×2回
惡属性7倍メガホン
攻撃+強制交代×2回
【壇】坂本 ルイナ 鳳/KR(25)
【壇】坂本 ルイナ
惡属性7倍単体バフ×2回
惡属性7倍メガホン
惡属性パラメ加算特攻+HP1残し
葉山 慧 虎/KR(25)
葉山 慧
仁属性の覚醒持ち(無双アビ)
仁属性5倍の気絶込み全体バフ
仁属性3倍メガホン
剛属性特攻
張 呉然 龍/KR(25)
張 呉然
パラメ40%吸収
惡属性5倍の気絶込み全体デバフ×2回
惡属性5倍メガホン+消費BP30%軽減
気絶者含む味方前衛全員に天誅石1個付与
JOKERの宴 虎/KR(25)
JOKERの宴
仁属性の覚醒持ち(無双アビ)
仁属性5倍の単体バフ×2回
仁属性3倍メガホン
仁属性特攻×2回
【薄】荒木 恵果 龍/KR(25)
【薄】荒木 恵果
敵パラメ反転×2回
仁属性7倍の弱者必中の単体バフ×2回
自身に不動石3個付与
【餐】サマンサ・バローズ 龍/KR(25)
【餐】サマンサ・バローズ
惡属性6倍の気絶込み全体バフ×2回
惡属性4倍メガホン
攻撃+仁玉+1×2回

デッキ編成のコツ

①使う奥義/無双アビは最優先

強力な仁惡系(全属性強化も含む)の奥義や無双アビ(仁惡覚醒、猛攻、奇策、反逆)を持っている場合は必ず編成しましょう。

また、仁属性の覚醒を持っていない場合はレアチップ交換所で入手できる「JOKERの宴」や「葉山 慧」を交換して編成すると良いでしょう。

②仁惡属性のメガホン(エール効果アップ補助)

仁惡ルール抗争では仁/惡属性のエール効果アップ補助(メガホン)を持ち編成しましょう。剛仁惡属性以外はアビリティ効果値が1/10になってしまうため、仁/惡属性のメガホンを多めに編成してないと、思ったよりもバフが伸びません。

手持ちに仁惡メガホンが少ない場合、エールは他のメンバーに任せ、特攻アビを多めに編成した前衛特化デッキ、強制交代やカット、分配など特殊アビを多めに積んだサポートデッキにするのも選択肢に入れましょう。

③仁惡属性の強力なバフ/デバフ

特にエーラーを担当する方は仁惡属性のバフ/デバフを多めに編成しましょう。序盤のパラメ作りでは単バフ、パラメが出来上がった後は全バフ/デバフを多用することが想定されるため、そのあたりの配分を意識して編成しておくと良いでしょう。

また、深いマイナスパラメからでも安定してパラメを供給できるリセット付きバフは編成優先度が高いです。

④コピー、吸収は普段通りに編成

劣勢状況からでも巻き返しできるように、コピー、吸収を編成しておきましょう。コピーだけ、吸収だけを持っているカードだけではなく、[コピーと特攻〇回持っている」「吸収とメガホンを持っている」など、汎用性の高いカードを選ぶと良いでしょう。

欠片交換で入手可能な「[究極]アンジー」は50%コピー2回と50%吸収2回を持っているので、特におすすめです。

⑤特攻アビ数を意識して編成

上記①~④を考慮した上で同時に特攻アビを多く持っているカードを優先して編成しましょう。

特攻アビを意識しすぎて戦況の優勢を保つために必要な特殊アビやメガホン、バフ/デバフが不足しないよう注意。特攻用途のカードは加勢デッキに編成するなど、自分の役割やチームの作戦に合わせて工夫すると良いでしょう。