Moriarty_anime23_サムネ

毎週日曜22時30分からTOKYO MX他にて絶賛放送中のTVアニメ『憂国のモリアーティ』第23話「最後の事件 第一幕」の先行場面カットとあらすじをご紹介!最新情報をご紹介いたします。

『憂国のモリアーティ』第23話場面カット・あらすじ

#23「最後の事件 第一幕」場面カット

モリアーティ23_1
©竹内良輔・三好 輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会
モリアーティ23_2
©竹内良輔・三好 輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会
モリアーティ23_3
©竹内良輔・三好 輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会
モリアーティ23_4
©竹内良輔・三好 輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会

#23「最後の事件 第一幕」あらすじ

新聞各紙に掲載された”犯罪卿”ウィリアム・ジェームズ・モリアーティからの突然の犯行声明によって、貴族たちからの糾弾、民衆たちからの怒り、すべての矛先が”モリアーティ”へと集まっていく。ウィリアムが企てたモリアーティプランの総仕上げ、最後の事件がついに幕を開ける――。

引用:公式サイト

スタッフ

脚本 岸本 卓
絵コンテ 野村和也
演出 奥野治男
作画監督 奥野治男、市川美帆、藤元美典

アニメ『憂国のモリアーティ』公式サイト

『憂国のモリアーティ 第2クール』作品概要

モリアーティ2_キービジュアル
©竹内良輔・三好 輝/集英社・憂国のモリアーティ製作委員会

イントロダクション

19世紀末。産業革命が進む中、着実に勢力を拡大し栄華を極めたイギリス。
しかし技術の進歩と発展とは裏腹に、古くから根付く階級制度によって、
人口の3%にも満たない貴族たちが国を支配していた。
当たり前のように特権を享受する貴族。明日の暮らしもままならないアンダークラス。
人々は生まれながらに決められた階級に縛られて生きている。

ウィリアム・ジェームズ・モリアーティは、そんな腐敗した階級制度を打ち砕き、
理想の国を作り上げるために動き出す。

シャーロック・ホームズすら翻弄した“犯罪卿”モリアーティ。
犯罪による革命が、世界を変える――

引用:公式サイト

放送・配信情報

放送情報

放送局 放送日時
TOKYO MX 毎週日曜22時30分~
BS11 毎週火曜24時~
MBS 毎週火曜26時30分~
AT-X 毎週月曜23時30分〜
毎週水曜11時30分〜
毎週金曜17時30分~
IBC岩手放送 毎週火曜25時28分~

配信情報

配信情報は下記リンクをご参照ください。
『憂国のモリアーティ 第2クール』詳細情報

スタッフ

原作 構成:竹内良輔 漫画:三好輝
(集英社「ジャンプSQ.」連載)
監督 野村和也
シリーズ構成 岸本卓
キャラクターデザイン・総作画監督 大久保徹
色彩設計 野田採芳子
美術監督 谷岡善王(美峰)
撮影監督 田中宏侍、髙橋文花
3D監督 熊倉ちあき(IKIF+)
編集 植松淳一
音響監督 はたしょう二
音楽 橘麻美
アニメーション制作 Production I.G

キャスト

キャラクター キャスト
ウィリアム・ジェームズ・モリアーティ 斉藤壮馬
アルバート・ジェームズ・モリアーティ 佐藤拓也
ルイス・ジェームズ・モリアーティ 小林千晃
セバスチャン・モラン 日野聡
フレッド・ポーロック 上村祐翔
シャーロック・ホームズ 古川慎
ジョン・H・ワトソン 小野友樹
アイリーン・アドラー 日笠陽子

関連記事

クールごとのアニメ一覧

coming soon...

アニメ関連の最新ニュース