ジョーカー~ギャングロード~攻略Wiki

ジョーカー~ギャングロード~の攻略Wikiです。リセマラおすすめキャラ当たりランキングやイベント、最新情報の速報などをまとめています。ジョーカー~ギャングロード~の攻略にぜひご活用ください。

AppMedia
記事

【ギャングロードジョーカー】絆Pの効率的な溜め方

ジョーカー~ギャングロード(不良道)~における絆P(絆ポイント)の効率的な溜め方を紹介しています。絆Pの使い道に関しても掲載しているので、参考にしてください。

絆Pの効率的な溜め方

絆Pを溜める方法

挨拶をしよう

s_kako-EmgpObQOLv9i2dbs

絆Pは不良道をプレイする際に助っ人を選択し、クリア後に挨拶をすることで入手可能です。入手できる数字自体は微々たるものですが、イベントなどを周回しているだけで入手できるので、溜めることはそこまで難しくありません。他のプレイヤーから挨拶があり、挨拶をし返すことでも絆Pは入手可能なので、マイページ右下の「新着」もこまめにチェックしましょう。

また、ガチャのレアカード速報の「いいぜ!」をすることでも絆Pが入手できるので、やや手間はかかりますが、各モードをプレイしなくとも絆Pを溜めることができます。

※1日2回以上同じプレイヤーに挨拶、いいぜ!を行っても絆Pは増えないので注意!

制圧イベントをプレイしよう

s_スクリーンショット 2017-07-31 14.25.27

制圧をプレイすると5箇所タップできるポイントがあり、このポイントをタップすることで絆Pを入手できる可能性があります。入手できる数が100前後と多めなので、制圧も積極的にプレイしたいです。

▶︎制圧の攻略と進め方はこちら

抗争をプレイしよう

絆Pは抗争をプレイすることでも入手が可能です。勝敗に関係なく参加人数に応じて絆Pを入手することができるので、「アクティブの多いチームに加入して抗争を続けていれば知らぬ間に絆Pが溜まっていた!」ということも少なくはありません。

抗争で入手できる絆P

条件 入手できる絆P
抗争に参加 参加人数×50絆P
抗争に勝利 1,000絆P

レアチップでも・・・

上記の手段以外にもレアチップ50枚と1,000絆Pを交換することもできます。ただ、絆Pよりもレアチップの方が価値の高いアイテムなので、この手段で絆Pを集めるのはおすすめできません

▶︎レアチップの効率的な入手方法はこちら

絆Pの使い道

絆Pはノーマルガチャを引くために必要となるポイントです。ギャングロードジョーカーでのノーマルガチャではSRやSSRのカードが排出される可能性が秘められているので、無課金プレイを考えている方は意外と重要なものとなります。

Nカードは強化に使おう

主に絆Pで入手できるNやRカードは戦力として期待できず、使用してもコストが足りない時の埋め合わせくらいにしかならないので、合成に使用して他のカードの強化に努めましょう。

絆Pの効率的な溜め方のまとめ

ノーマルガチャによって高レアのカードが入手できる可能性もあるので、ゲームプレイがてらに絆Pを回収しておきたいです。SSRカードはかなり確率が低いのでなかなか拝むことはできませんが、絆Pを集めて試行数を増やし、ぜひゲットしたいですね!

ジョーカーの関連記事

攻略情報
83051c6b5e5ff1997cc01a62bb73db47.datジョーカー〜ギャングロード〜攻略Wiki
▶︎不良道の攻略 ▶︎抗争の攻略
▶︎制圧の攻略 ▶︎タイマンの攻略
初心者おすすめ情報
▶︎リセマラは可能? ▶︎序盤の進め方
▶︎バトルの操作方法 ▶︎ガチャ演出について
ランキング情報
▶︎最強キャラランキング ▶︎最強アバターランキング
必見!お役立ち情報
▶︎レベル上げの方法 ▶︎スキルレベルの上げ方
▶︎限界突破のやり方 ▶︎抗争戦闘力の上げ方
ジョーカー〜ギャングロード〜Q&A

以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 あらかじめご了承ください。


・公序良俗に反する投稿
・スパムなど、記事内容と関係のない投稿
・誰かになりすます行為
・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿
・一度削除された投稿を再び投稿すること
・外部サイトへの誘導や宣伝
・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿
・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿
・その他、管理者が不適切と判断した投稿


また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

AppMedia - ゲーム情報局
アプリ配信カレンダー
配信カレンダーをもっと見る