スカイウォードソードHD_アイキャッチ_Wiiとの違い

ゼルダの伝説 スカイウォードソードHDの「Wii版との違い」について掲載しています。Wii版との操作性の違いや画質の違いについてまとめていますので、Switch(スイッチ)版スカイウォードソードの攻略にお役立てください。

Wii版との違い

Switch版とWii版の違い

  • Joy-Con操作とスティック操作
  • カメラ操作が追加
  • グラフィックの向上
  • 最初からムービースキップが可能
  • 別のしおりにセーブが可能
  • amiiboに対応

Joy-Con操作とスティック操作

スカイウォードソードHD_操作方法
スカイウォードソードHDではJoy-Con操作とスティック操作の2種類の操作方法に対応しています。

Joy-Con操作ではWii版での直感的な操作はそのままに、操作のしやすさやオプション面が向上しました。

操作方法解説

Joy-Con操作

スカイウォードソードHD_違い_ジョイコン
Joy-Con操作はWii版でのWiiリモコンプラスとヌンチャクによる操作感に近く、Wii版でプレイしていた方も馴染みやすい操作方法です。

右手に持つJoy-Conは剣に対応し、左手に持つJoy-Conは盾に対応しています。さらに、爆弾や弓、その他のアイテムなどもJoy-Conを使って直感的に操作することが可能です。

スティック操作

スカイウォードソードHD_違い_ボタン
スカイウォードソードHDでは直感的な操作の他にスティックとボタンでの操作方法が追加されました。

Joy-Conでの操作に比べ、他のゼルダの伝説と近い操作感でプレイすることができます。スティックを弾く方向に合わせてリンクが剣を振るといったアクションを楽しめます。

カメラ操作が追加

スカイウォードソードHD_カメラ操作2
スカイウォードソードHDではJoy-Con操作では右スティックで、スティック操作ではL+右スティックでカメラ操作ができるようになりました。

リンクを動かさなくても周囲が確認でき、冒険のしやすさが格段に増しました。

グラフィックの向上

スカイウォードソードHD_違い_HD
スカイウォードソードHDはその名の通りHD画質となっているため、グラフィックが大幅に向上しています。

また、3Dシリーズのゼルダの伝説は基本的に30fpsでしたが、今回は60fpsを採用しています。そのため、従来よりもスムーズに操作でき、リンクとの一体感を感じることができます。

最初からムービースキップが可能

スカイウォードソードHD_ムービースキップ
スカイウォードソードHDでは初めてのプレイ時からムービーをスキップすることが可能となりました。

ムービー中に「-(マイナス)」ボタンを押すことでムービーがスキップされます。

別のしおりにセーブが可能

スカイウォードソードHD_セーブ
スカイウォードソードHDではセーブするしおりを選ぶことができるようになりました。

コピーをしなくともセーブを分けておくことが出来るためクリア前・クリア後などデータの管理が非常に行いやすくなりました。

amiiboに対応

スカイウォードソードHD_違い_アミーボ
ゼルダの伝説 スカイウォードソードHDはamiiboにも対応します。また、ソフトの発売と同日にamiiboの「ゼルダ&ロフトバード(税込2750円)」も発売されました。

ゼルダ&ロフトバードを使うことで、大地と大空間の移動が便利になり、どこにいても行き来が可能です。

関連記事[製品情報]

製品情報
製品情報まとめ特典一覧
ストーリーと時系列パッケージ版とDL版はどっち?
事前ダウンロード過去作の評判・評価
Wii版との違いamiiboの使い方
操作方法解説レビュー・評価

スカイウォードソードHD関連記事

ゼルダの伝説_スカイウォードソードHD_攻略TOP_banner_0622スカイウォードソードHD 攻略TOP