無双ゲージの溜め方

ジョーカー~ギャングロード~における「無双ゲージの溜め方」を解説しています。捨てバフを活用して無双ゲージを効率的に溜め、抗争を有利に進めましょう。

抗争スキルアップ講座まとめ

効率的な無双ゲージの溜め方

抗争はより多くの無双アビを効果的に使えたチームが勝利すると言っても過言ではありません。前回の記事では「各無双アビを効果的に使う方法」”質”を紹介しましたが、次に重要になるのは”量”です。そこで当記事では効率的な「無双ゲージの溜め方」の方法について紹介していきますので、参考にしてください。

無双ゲージは消費BP量が多いほど溜まりやすい

まず前提として“増加する無双ゲージはBP消費量によって決まります”そのためBP消費が無いアビ(加勢や特定奥義中)は無双ゲージは溜まらないので注意しましょう。

また、通常エールや攻撃よりもアビリティの方がBP消費が多いため、活躍の場面が狭まったアビ(主にバフ・デバフ)を効果がない場合でも使った方が多くの無双ゲージを溜めることができます。“これを捨てバフ・捨てデバフ”と呼びます。前衛にいる場合は「通常特攻」も消費BPが40と多いのでおすすめです。

消費BP軽減補助の影響は受けない

“消費BP軽減補助アビリティ”が発動した場合は無双ゲージ上昇量には影響しません。そのため、BP軽減補助をデッキ積むほど行動できる回数が増え、結果的に多くの無双ゲージを溜めることができます。

捨てバフ・デバフのタイミングと注意点

捨てバフのタイミング・注意点

タイミング ・パラメ作り終了後の抗争中盤~後半
┗使い道が狭まった単バフ、気絶者含まない全体バフ
注意点 ・開幕時の捨てバフはNG
┗微妙なパラメ増加はパラメ作りに支障が出るため

捨てデバフのタイミング・注意点

タイミング ・抗争開幕時
┗単体デバフ、気絶者含まない全体デバフ、石置きデバフ
注意点 ロー抗争時の捨てデバフはNG
・気絶者を含む全体デバフは捨てデバフにしない
┗抗争中盤~終盤にかけて多用するため

無双を使うタイミングも重要

[狂鬼]眼光炯々[狂鬼]天馬行空など“発動時に無双ゲージが増加する奥義発動時に無双中だった場合、無双ゲージが増加しません”。次に無双増加奥義が発動予定の場合は発動前に無双が終わるように意識して無双を使うと効率的に無双ゲージを溜める事が出来ます。

奥義準備時間を無双で埋めるのがポイント

無双ゲージ増加奥義は準備時間が10秒~30秒のものが多いので、奥義終了20秒前辺りから、発動時間30秒の無双を使えば、次の奥義発動直前には無双が終わっており、発動時の無双ゲージ増加の恩恵を受けることが可能です。このように可能な限り奥義準備時間を無双で埋め、かつ、無双ゲージを効率よく溜めることが、無双使用回数を最大化する上で重要になります。
抗争スキルアップ講座まとめ