ジョーカー~ギャングロード~攻略Wiki

ジョーカー~ギャングロード~の攻略Wikiです。リセマラおすすめキャラ当たりランキングやイベント、最新情報の速報などをまとめています。ジョーカー~ギャングロード~の攻略にぜひご活用ください。

攻略情報一覧

  • ゲーム権利表記

  • [データ提供]株式会社アプリボット
    [記事作成]AppMedia
    ※当サイトにおけるジョーカー〜ギャングロードのコンテンツはAppMedia編集部が独自の基準で作成した内容となります。
    ※当サイトに掲載されているデータ、画像類の無断使用・無断転載は固くお断りします。
AppMedia

記事

【ギャングロードジョーカー】抗争の戦略と立ち回り方(上級者編)

【4/23(月)】ギャングスタフェスガチャに新究極KRが登場!
▶KR[究極]アンジーの評価と所持アビリティはこちら!

ジョーカー~ギャングロード~における、抗争の戦略や立ち回り方(動き方)について紹介しています。抗争での奥義アビリティの流れや、序盤・中盤・終盤でおすすめの奥義紹介、エールキャップ(パラメータが2億を超える方法)や、難しめの特殊アビリティなど、抗争ランクS〜SSを目指す方が必見の情報を掲載していますので、抗争に参加する前の参考にしてください!

抗争攻略関連リンク
▶︎抗争攻略(初心者編) ▶︎抗争攻略(中級者編)
▶︎抗争戦略(中級者編) ▶︎抗争戦略(上級者編)
ポジション別の立ち回り
▶︎前衛の立ち回り ▶︎中衛の立ち回り ▶︎後衛の立ち回り

抗争戦略上級の目標

奥義アビリティの発動タイミングを理解する

この記事では、奥義アビリティの効果や使い方、抗争での奥義の一連の流れを、流行りの奥義構成例を踏まえて紹介しています。奥義アビリティの発動タイミングを理解することで、戦況をより有利に進めることができます。

エールキャップを理解してエールを行う

パラメータが一定値を超えると、エールの効果が受けにくくなり、パラメータを上昇させることが困難になります。この記事ではパラメータが一定値を超えても、大きく上昇させる方法を紹介しているので、エールキャップをしっかり理解して、後衛の立ち回りを完璧なものとしましょう!

↓各項目タップでページ内ジャンプします!
奥義構成について
エールキャップについて
特殊アビリティの組み合わせについて

奥義構成について

序盤におすすめの奥義と立ち回り

抗争序盤におすすめの奥義
[覇気]清風明月[覇気]清風明月 [覇気]見賢思齊[覇気]見賢思齊 [覇気]心地光明[覇気]心地光明 [渾身]明鏡止水[渾身]明鏡止水
undefined[覇気]新進気鋭 undefined[覇気]英明果敢 [覇気]絶世独立[覇気]絶世独立 [覇気]風流韻事[覇気]風流韻事
[瞬獄]戯作三昧[瞬獄]戯作三昧 [覇気]威風堂々[覇気]威風堂々 [覇気]電光石火[覇気]電光石火 [覇気]月下美人[覇気]月下美人
[覇気]隼鷹[覇気]隼鷹 [覇気]碧羅[覇気]碧羅 [覇気]慈愛[覇気]慈愛

抗争序盤の主な立ち回りは味方全体のパラメータを上げることです。パラメータを上昇するアビリティは、瞬・賢・仁に多いので、序盤は同属性の奥義を積極的に使っていくと良いでしょう。また、補助アビリティを利用することで、より早く全体のパラメータを上げられるので、瞬補助発動率がアップする[覇気]清風明月[覇気]見賢思齊などは特におすすめです。

最初はパラメ作りをする

s_スクリーンショット_2017-12-31_13_37_23 2

抗争が開始したら、攻撃やエールの効果値を上げるためにパラメ作りをしましょう。瞬属性のアビリティは味方のパラメータを上昇できるものが多いので、[覇気]清風明月[覇気]風流韻事が最初の奥義におすすめです。清風が終了した後も、パラメ上昇のエール効果値を上昇しやすい賢/瞬/仁属性を強化する奥義アビリティを発動するようにしましょう。

また、発動例では[覇気]見賢思齊の後に[覇気]心地光明[渾身]明鏡止水を紹介しています。抗争ではパラメータが2億を超えるとパラメが上がりにくくなります。[覇気]心地光明を発動し仁属性アビリティを使うとパラメータが固定で上昇するため、高パラメメンバーのパラメータを底上げするのにおすすめです。

前衛と後衛をローテーションする

s_スクリーンショット_2017-12-31_13_41_30

味方全体のパラメータを上げておくことで、前衛は攻撃、後衛はエールで高い効果を発揮することができるため、序盤は前衛と後衛をローテーションしながら味方全体にバフを掛けていきましょう。バフ効果は基本的には前衛が受けるので、低パラメータのメンバーを前衛に出すことで味方全体のパラメータをバランス良く上げることが可能です。

エール効果アップ+単バフが強力

s_スクリーンショット_2017-12-31_13_45_12

序盤の目的は味方のパラメータを上げることなので、補助アビリティの中でも、エール効果を上昇できるものは非常に強力です。さらに効果範囲が複数人のアビリティは、対象人数分効果値が分散されてしまうので、「エール効果アップの補助アビ+単バフ」持ちのカードが序盤のパラメ作りに適しています。奥義での属性強化も考慮して、瞬/賢/仁属性の後衛アビリティを持つカードを編成できると抗争において最高のスタートが切れます。

中盤におすすめの奥義と立ち回り

抗争中盤におすすめの奥義
[覇気]胡蝶之夢[覇気]胡蝶之夢 [覇気]生者必滅[覇気]生者必滅 [覇気]万物流転[覇気]万物流転 [覇気]一罰百戒[覇気]一罰百戒
[覇気]黒白混淆[覇気]黒白混淆 [覇気]画竜点睛[覇気]画竜点睛 [渾身]色相世界[渾身]色相世界 [渾身]明鏡止水[渾身]明鏡止水
undefined[覇気]新進気鋭 undefined[覇気]英明果敢 [覇気]猛獣注意[覇気]猛獣注意 [覇気]風流韻事[覇気]風流韻事
[瞬獄]戯作三昧[瞬獄]戯作三昧 [覇気]威風堂々[覇気]威風堂々 [覇気]見賢思齊[覇気]見賢思齊 [覇気]心地光明[覇気]心地光明

抗争中盤では、序盤での結果次第で立ち回りが変わります。序盤のエールでパラメが作れて、敵よりも戦闘力が優位な場合は、デバフを行いましょう。デバフは惡属性アビリティに多いので、[覇気]胡蝶之夢[覇気]一罰百戒などの惡属性奥義を使用して敵の戦闘力を一気に下げましょう。

また、序盤にパラメが作れていない場合には、引き続きエールで味方のパラメータを上げましょう。抗争中盤では様々な属性のアビリティを使用するため、全属性強化と補助発動率を増加できる[渾身]色相世界が非常に使いやすいです。

デバフで敵のパラメを下げる

s_スクリーンショット_2017-12-31_13_47_10

序盤に味方全体のパラメを上昇したら、デバフで敵のパラメータも下げていきましょう。惡属性のアビリティは敵のパラメータを下げられる効果が多いので、[覇気]胡蝶之夢[覇気]一罰百戒[覇気]生者必滅などの惡強化奥義を駆使して、デバフを叩き込むのがおすすめです。

敵の行動を阻止するカウンター奥義も重要

序盤のパラメ作りに失敗したチームやパラメ上げを重点的に行うチームは、抗争中盤でもパラメを上げやすくする瞬/賢奥義を使ってきます。[覇気]因果応報は味方の仁/惡属性を強化でき、さらに敵の剛/賢/瞬属性強化の効果を1/3に軽減できるので、敵のパラメ上げのカウンター奥義としては最適です。

また、抗争中盤では惡属性を強化してデバフするのが基本的な立ち回りとなるので、敵からのダウンエール効果をカットする[覇気]猛獣注意を使い、デバフを回避しながら抗争ptを稼ぐのもカウンターとしてありです。

攻撃とエールをバランスよく行う

パラメ作りと敵のパラメータを下げるデバフを行った後は、攻撃を織り交ぜていきましょう。[覇気]風流韻事は攻撃とエールの両方が強力な瞬属性の強化+補助アビリティ発動率アップができ、さらに瞬アビリティのBP消費が0になるので、BP回復をすることなく敵を攻め立てることが可能です。

パラメが低いときはバフ奥義を発動する

序盤でパラメ作りが上手くいかなかった時や、敵からのデバフでパラメが一気にダウンした時は、バフが乗せやすい奥義を積極的に使いましょう。序盤に瞬属性アビリティを酷使するため、賢/仁属性強化ができる[覇気]蓮華宝土[覇気]絶世独立の発動がおすすめです。味方全体のパラメータが大きくマイナスの時には、バフを掛ける前にパラメリセットや反転ができるアビリティを使いましょう。マイナスパラメータが0、またはプラスになるので、より早くパラメータを上昇できます。

また、終盤の抗争pt稼ぎに間に合いそうもない場合には、発動準備時間が短い[覇気]飛燕を発動し素早くパラメータを上げると、終盤のpt稼ぎに間に合います。

高パラメを作るための明鏡+ルシ

KR【誤】フランシーヌ・ルシエラSSR【奔】フランシーヌ・ルシエラSSRフランシーヌ・ルシエラは味方前衛のパラメータ上昇分を%アップする後衛アビリティを持っているため、序盤や中盤でパラメ作りができていれば、前衛のパラメータを一気に跳ね上げることができます。敵が%アップカットの補助アビリティを持っていると、ルシエラの恩恵を受けることが難しくなるので、[渾身]明鏡止水で敵の補助アビ発動率下げてから使うと良いでしょう。

終盤の立ち回り

抗争終盤におすすめの奥義
[覇気]暴虐非道[覇気]暴虐非道 [覇気]猛獣注意[覇気]猛獣注意 [覇気]三千世界[覇気]三千世界 [覇気]熾烈[覇気]熾烈
[覇気]胡蝶之夢[覇気]胡蝶之夢 [覇気]黒白混淆[覇気]黒白混淆 [覇気]画竜点睛[覇気]画竜点睛 [覇気]一罰百戒[覇気]一罰百戒
undefined[覇気]英明果敢 [覇気]飛燕[覇気]飛燕

抗争終盤では、抗争ptを一気に稼ぎましょう。抗争pt(ダメージ)を大量に稼ぐには、剛属性アビリティが有効なので、『[覇気]暴虐非道』や『[覇気]猛獣注意』などの剛属性奥義を発動し、攻撃をたたみかけましょう。また、より抗争ptを稼ぐために、敵のパラメータを下げることも重要なので、剛属性奥義を発動する前に、惡属性アビリティでデバフをしておくと良いでしょう。

最後は剛アビで抗争ptを大量ゲットする

剛属性は攻撃系のアビリティが多く、ダメージ倍率が非常に高いので、抗争のラストは剛属性強化の奥義アビリティを使い、抗争ptを大量に稼ぎましょう。[覇気]暴虐非道は剛属性のアビリティ効果を2.5倍上昇するため、終盤までにパラメータを上げておけば、劣勢でも十分に逆転を狙うことができます。また、同じく剛属性を強化する[覇気]猛獣注意は剛強化をしつつ、敵からのダウンエール効果を99%カットするので、敵からのデバフを警戒するのであれば、ラスト奥義に非常におすすめです!

pt稼ぎ前に敵パラメを下げるのもあり

終盤で抗争ptを大量に稼ぐために、事前に惡属性強化をし、敵のパラメータを下げておくのも良いです。[覇気]胡蝶之夢[覇気]生者必滅は属性強化の倍率が非常に高いため、敵のパラメを大幅にダウンさせることが可能です。

また、終盤で抗争ptを稼ぐためには、味方のパラメが上昇していることが大事となるので、基本的にはデバフよりもバフを優先するようにしましょう。

エールキャップについて

パラメータが2億を超えると、エールを行ってもパラメータが上昇しにくくなります。手順に沿ってアビリティを使うことで、パラメータが2億を超えても戦闘力を上げることができます。

2億以上のパラメを作る方法

①バフ値の乗った味方から単体バフを受ける

s_gateway-3

抗争が始まったら、突出したパラメータのメンバーを作っていきましょう。エールを受けるメンバーのパラメータが低いほど、エールキャップの補正が掛からず、エールアビリティを受ける対象人数が少ないほど、1人あたりの受けられる効果値が高くなるので、パラメの低い味方に単体バフを行うことで、開幕直後でも数億単位のパラメを作ることが可能です。

パラメが高いメンバーが単体バフを行う→バフを受けたメンバーが単体バフを行う→バフを受けたメンバーが単体バフを行う・・・の繰り返しで序盤に高いパラメータを作り出すことができます。

②%アップアビリティを使う(ルシエラ)

パラメを上げる対象メンバーのパラメータが2億近くになったら、”%アップ系”のアビリティでパラメータを一気に上げましょう。KR【誤】フランシーヌ・ルシエラSSR【奔】フランシーヌ・ルシエラSSRフランシーヌ・ルシエラ前衛メンバーのパラメータを%アップする後衛アビリティを持っているため、2億以上のパラメータを目指す際には欠かせません。

チームメンバーの半数以上が抗争デッキに「ルシエラ」を編成していれば、%アップアビリティでパラメータを大幅に上昇させることが可能です。

③パラメ吸収でパラメを一気に上昇する

前衛アビリティや後衛アビリティで敵のパラメータ上昇分を吸収できるカードが存在します。このアビリティを使用することで、味方のパラメータを大幅に上昇させることが可能です。KRカードのみるき~ぱいんは敵から吸収したパラメータを味方後衛に増加できるので、他メンバーのパラメ上げに適しています。

④心地光明でパラメ固定値アップ

仁属性奥義の『[覇気]心地光明』は、効果発動中、味方の仁属性アビリティの効果値を3倍にするとともに、仁属性パラメアップエールを行うと、対象の味方のパラメータを500万アップします。パラメータが固定アップするため、2億を超えても着実にパラメを上昇させることができます。仁属性アビリティを持つメンバーが多い場合には奥義を発動して、一気にパラメータを上げると良いでしょう。

特殊アビリティの組み合わせについて

難しめの特殊アビリティの利用シーン

強制交代→パラメカット/吸収/コピー

s_スクリーンショット_2017-12-21_15_24_34 s_スクリーンショット_2017-12-21_17_55_55
強制交代で強者を前衛に引っ張る パラメカットや吸収で
敵のパラメをダウンする

強者必中の強制交代を持つ後衛アビリティを使い、敵を前衛に出してからパラメカットを使うことで、敵後衛のパラメータが高いメンバーの戦闘力を一気に下げることができます。強者を前衛に出すことでアビリティによるデバフ効果値が高くなります。

パラメ吸収やコピーのアビリティを使えば、敵のパラメを下げつつ、自身や味方のパラメータを上昇させることが可能なので、パラメが2億を超えたときや、マイナスパラメの時には、吸収やカットを優先的に使っていきましょう。

剛奥義→敵HP回復→剛アビリティ(前衛)

s_スクリーンショット 2018-01-11 19.44.29 s_スクリーンショット_2018-01-11_19_46_04 s_スクリーンショット 2018-01-11 19.46.49
剛奥義を発動する 回復アビを使って
敵前衛を起こす
剛アビリティで抗争ptを
大量に獲得!

敵前衛全員を気絶させてしまうと攻撃コマンドが使えなくなってしまうので、敵のHPを回復するアビリティを使って起こしてあげましょう。全体的にパラメータが高くなった終盤に抗争ptを大量に稼げるため、「剛奥義」→「前衛剛アビ」→「起こし」→「前衛剛アビ」・・・の手順で行動するのがおすすめです。

ジョーカーの関連記事

攻略情報
83051c6b5e5ff1997cc01a62bb73db47.datジョーカー〜ギャングロード〜攻略Wiki
▶︎不良道の攻略 ▶︎抗争の攻略
▶︎制圧の攻略 ▶︎タイマンの攻略
初心者おすすめ情報
▶︎リセマラは可能? ▶︎序盤の進め方
▶︎バトルの操作方法 ▶︎ガチャ演出について
ランキング情報
▶︎最強キャラランキング ▶︎最強アバターランキング
必見!お役立ち情報
▶︎レベル上げの方法 ▶︎スキルレベルの上げ方
▶︎限界突破のやり方 ▶︎抗争戦闘力の上げ方
ジョーカー〜ギャングロード〜Q&A

【楽しく利用するためのルール】
  • 他人に不快な思いをさせるような内容の書き込み
  • 外部サイトへの誘導・宣伝する内容の書き込み
  • アカウントの売買など金銭が絡む内容の書き込み
  • 各ゲームのネタバレを含む内容の書き込み
上記の書き込みを禁止とし、コメント削除や書き込み制限措置を行う可能性もありますのでご了承ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

注目情報

アプリ配信カレンダー

今月の配信アプリ

morning tec Japan
iOSAndroid
ガンホー・オンライン・エンターテイメント
iOSAndroid
配信カレンダーをもっと見る