ファイトリーグ攻略Wiki

ファイトリーグ(FIGHT LEAGUE)の攻略Wikiです。事前情報や配信日、またリリース後のリセマラランキングや最強ファイターランキングなど、ファイトリーグの最新情報をお届けします。

攻略情報一覧

  • ゲーム権利表記

  • ©XFLAG
    ※当サイトが掲載しているデータ、画像等の無断使用・無断転載は固くお断りしております。
AppMedia

記事

【ファイトリーグ】デザイナーに聞くファイトリーグの世界観!|アスクリ編

▶︎お知らせ
掲載されている情報は2019年4月1日までのものとなります。最新の情報では無い可能性がありますので予めご了承ください。

他のアプリとはちょっと異なる独特の世界観、キャラクターが魅力のファイトリーグ。今回はそのイラストを手がけるデザイナーのお二人に、ファイトリーグのブランドの一つである「アスクリ」の魅力を徹底的にお伺いしてきました!

はじめに

ファイトリーグ_インタビュー01

不定期連載となるファイトリーグインタビュー企画。

今回は、”アスクリアスクリ編”です。

前回に引き続き、ファイトリーグのデザイナーであるくまもんさん、GGGとアスクリのブランドを担当されているシミズさんにご協力いただいて、詳しくお話をお伺いしてきました!

インタビュー記事一覧
バトル_ファイトリーグブランド全般編
▶︎十八番街十八番街編 ▶︎GGGGGG編
▶︎アスクリアスクリ編
くまもん
くまもんさん
立ち上げからデザイナーとして携わり、現在はアートマネージャーとしてグループをまとめながらデザインの監修なども担当。
シミズ
シミズさん
GGG・アスクリのブランドを担当。
【主な担当ファイター】
ルーシー・パイ・レンチ・リンクス・エイミー・バイス・ダイル・G.T.K.・チカ・スズカ・美硝年 他多数

アスクリの特徴

▶︎アスリートクリーチャーズ(アスクリ)

野生をイメージしたかのような圧倒的単体火力が売りのブランド。
大自然と人間的文化が融合した世界で、野生はスポーツ熱へと転化。アスクリのファイターは日々スポーツで己の肉体を競い合っている。

初期キャラについて

アスクリの初期キャラのリンクス@PGは、開発当初はどのようなデザインだったんでしょうか?
今よりも少し子供っぽいデザインと、色違いで目などが勝気なデザインが候補としてありました。
最終的に主人公感を出したデザインが今のリンクスになっています。

fight-league
▲現在のリンクス▲

初期リンクス_ボツデザイン 初期リンクス_ボツデザインの色違い
▲リンクスのボツ案▲

アスクリのA級ファイター、リンクス@PG
複数の候補の中から、最終的に一番主人公感が出ているものが採用された。

ちょっと違うだけでこんなに印象変わるんですね!
確かに今のリンクスが一番主人公感あります。(笑)
主人公キャラはメジャーな動物が良いということで、初期はたぬきベースでも考えていたんですよ。(笑)

初期御五家たぬきバージョン

開発段階では、たぬきバージョンのリンクスもいた模様。

これは可愛い!(笑)
モチーフのスポーツも違うので、もはやまったく別のファイターですね。(笑)

お気に入りのキャラについて

お気に入りのキャラがいましたら教えてください。
アスクリだと、ハシビロウですかね、やっぱり。
SC後の制作を担当したこともあり思い入れがあります。

ファイトリーグ_ハシビロウ_立ち絵-min ファイトリーグ_SCハシビロウ_立ち絵-min

アスクリのS級ファイター、正捕手 ハシビロウ(左)スラッガー ハシビロウ(右)
普段は寡黙だが、バッターボックスに入るとモードチェンジ。白目になりながらも、その豪快なスイングでしっかりと結果を残す。

ハシビロウ良いですよね。
より思い入れが強いのはやっぱり担当されたスタチェン後ですか?
いや、スタチェン前も含めてですね。
単純にキャラとしてカッコいいと思います。性格とかも含めてすごい好きですね。
ぷちファイでもハシビロウが紹介されていますよね。
後ろの子供達がキラキラしていて可愛かったのを覚えてます。

ファイトリーグ_ぷちファイ36

ハシビロウはチビっ子達の人気者。
だって、白目になるとカッコイイんだもん。

週間ぷちファイ No.36より

モデルになっているハシビロコウが実際に白目になるんですよ。
あ、ハシビロコウの生態に則っているんですね。
正確には白目ではなくて目を守るための膜なんですけれども。
決してハシビロウが好きで白目になっている訳じゃないんです。

ハシビロコウの白目は瞬膜しゅんまくと呼ばれるもう一つのまぶた。
外部からの刺激から眼を守るために反射的に閉じる模様。
映像提供:掛川花鳥園
※掛川花鳥園様より、掲載を快く許可いただきました。ご協力ありがとうございます!

「動物の特性をデザインにも反映させたい」というコンセプトで生まれたブランドでもありましたし、「活かせる所はなるべく活かしていきたいよね」ということをチームでも話しています。
動物の特徴をストレートにデザインに反映できるのは面白いですね。(笑)
ただ、カバディクラブみたいに「横しか動けないじゃん!」といったネタ的なキャラも時々入れたりしていますが。(笑)

ファイトリーグ_攻殻レイダー カバディクラブ_立ち絵-min カニ

アスクリのS級ファイター、攻殻レイダー カバディクラブ
ほとんどのカニの足の関節は、人間で言う膝や肘の関節と同じで1平面のみでしか動かない。また、足同士の間隔が狭く、前に歩こうとすると、ぶつかり合って早く移動できない模様。
なんでカバディを選んでしまったの・・・。

写真:pixabay

ネタで言えば、タイ子とかもそうですね。(笑)
あ、その辺のキャラの方が思い入れあるかもしれない。(笑)
タイ子はかなり思い入れ強いです。(笑)
口の中にいるのは何なんですか?
タイノエっていう寄生虫ですね。
目が可愛いんですよ。(笑)

跳び箱の上のタイ子-min あけましておめでタイ子-min

アスクリのA級ファイター、跳び箱の上のタイ子(左)
口の中にいる生物は寄生虫「タイノエ」。釣ったタイの口の中を覗くと目が合っちゃう生物として知られている。つぶらな瞳がチャームポイント。
正月コスチェンのあけましておめでタイ子(右)は、もはやただの食材。

そもそもタイに寄生虫がいるってあんまり知らないですよね。(笑)
初めて知りました。(笑)
動物の特徴を出しているキャラと言えばソリッドエイプもいます。
ソリッドエイプの指が4本なのは、モチーフのクモザルの特徴ですね。

ファイトリーグ_撞球ハスラー ソリッド・エイプ_立ち絵 クモザル

アスクリのS級ファイター、撞球ハスラー ソリッド・エイプ
モチーフのクモザルの特徴である4本指もしっかり反映している。縦に長い手のひらと指で、フックのように枝を素早く掴んで移動する姿が特徴的。親指が無くなったのは、枝を掴む際にぶつかって邪魔になるためで、代わりに尻尾を第5の手足として器用に活用する。

写真:pixabay

あとは、例外としてビッグエアー月光は、本当は雪がダメな動物なんですよ。
だからすぐ退場しちゃうんです。(笑)

ファイトリーグ_ビッグエアー月光_立ち絵 トカゲ

アスクリのA級ファイター、ビッグエアー月光
本来気温が低い環境に強くはない”変温動物”のため、場に出てもすぐに退場してしまう。

写真:pixabay

え、そうなんですか。(笑)
寒いならお尻出さなきゃいいのに。(笑)
かっこいいいから頑張ってるんでしょうか。(笑)
これ、実際はなんでお尻出しちゃったんですか?
ズボンに穴を開けたくなかったんじゃないですか?(笑)
まぁ単純にトカゲだってわかりやすいように尻尾を出してます。(笑)

世界観について

アスクリのリーグ背景は他ブランドに比べると賑やかですよね。

ファイトリーグ_アスクリ_リーグ背景190313

アスクリのそもそものコンセプトは「動物オリンピック」。
あらゆる競技ができるような環境になっていて、リーグ背景もとても賑やか。

そうですね。やっぱり観戦している人がいないと寂しいですし。
もともと「動物オリンピック」のようなコンセプトで始まっているブランドなので、「一つの場所で陸上も水泳も全部網羅できたらいいよね」という話はしていました。
リーグの背景もそれを元に制作しているんですが、人が集まる場所ということで、周りにある建物もスポーツショップだったり屋台だったりします。
なるほど。
リーグに足を運べば大抵のことはなんでもできちゃうんですね。それは人が集まりやすい。(笑)
ファイター同士の対立らしい対立も無さそうですよね。
そうですね。
彼らにとってスポーツは娯楽であり、同時に誇りでもあるので、殺し合いなどもないです。
基本的にはアスクリの世界では捕食関係は存在しないです。全てスポーツの勝敗で決まるんですよ。
スポーツができるとモテるんですもんね。アスクリだと。
そうですね。
確かジェイドがすごいモテるんですよね。プレイボーイならぬプレイバード。(笑)

ファイトリーグ_射撃場の貴公子 ジェイド_立ち絵-min カワセミ01 カワセミ02

アスクリのS級ファイター、射撃場の貴公子 ジェイド
モチーフのカワセミは、水中に一直線に飛び込んで、獲物の魚や昆虫を”狙い撃ち”する水辺のハンター。
ファイトリーグではナルシストでキザな一面があり、複数の異性を同時に打ち落す”プレイバード”。

写真:pixabayphoto-AC

そこはフレーバーテキストの遊び心ですね。(笑)
ただ、中にはダイルのように、ストレートに弱肉強食がイメージのファイターもいますけどね。

ファイトリーグ_クレイジー柔術家 ダイル_立ち絵-min ワニ

アスクリのUS級ファイター、クレイジー柔術家 ダイル
勝率7割、反則負け3割の無法者。

写真:pixabay

ダイルはブラジリアン柔術がモチーフの、いわゆる反則プレーヤーで、「ルールはガン無視」みたいなキャラです。
というか、そもそもドーピングしてるんですけどね。(笑)
あ、やっぱり強化ドリンクはドーピングみたいなものなんですか。
あれは、あれです、プロテインですよ。きっと。(笑)
えええ!きっとって!(笑)
ダイルは正式な帯をつけていないんですよ。
ブラジリアン柔術って、本当は段位に応じたラインが帯に入るんですが、破門されているので協会に則ったものを使っていないんです。
そうなんですね。(笑)
ファイターのモチーフのスポーツを調べて、イラストと違う点があったりしたら、「そこに何か理由があるのかもしれない」ということですね。
何だか新しい楽しみ方ができそうです。(笑)

ヤジルシのデザインについて

アスクリのヤジルシのデザインの特徴について教えてください。
「立体的に」っていうところは共通しています。
例えば十八番街とかは平面に寄せていますが、アスクリに関しては全て立体感のあるデザインになっていますね。
あー、バイソンなんかはまさにそうですね!

ファイトリーグ_獣量級戦車 バイソンJr._立ち絵 バイソン

アスクリのS級ファイター、獣量級戦車 バイソンJr.
強さの秘訣はパワー、スピード、そしてパワー。立体的なヤジルシはインパクト抜群。

写真:pixabay

ヤジルシの中は、本来の姿でしたっけ?
本来の姿というか、野生を丸出しにした姿というか。
元の動物の特徴を描写しています。
個人的に、公星くんのヤジルシが大好きで。(笑)
日が暮れるまで頑張って「走りきったよ!」というイメージで、矢印がオレンジになってるんですよ。(笑)

ファイトリーグ_一等賞の公星くん_立ち絵-min ハムスター

アスクリのB級ファイター、一等賞の公星くん
夕日をイメージしたヤジルシが眩しい。

写真:pixabay

可愛い。(笑)
公星くんも野生がみなぎってますね。(笑)
あとは、ヤジルシの絵のタッチを映画や漫画に寄せているファイターもいたりします。(笑)
例えばダイルはワニのモンスター映画のジャケットみたいなイメージですね。

ファイトリーグ_ダイル_ヤジルシ

ダイルのヤジルシはモンスター映画のジャケットがイメージ。

スタチェン後のハシビロウは「野球漫画みたいにしよう」ということで、集中線を入れていたり。

ファイトリーグ_ハシビロウ_ヤジルシ

ハシビロウのヤジルシには漫画のような集中線が。

ヤジルシではないんですけど、ハクは「攻撃するときに卵が割れて、ヒヨコが走っていく」というネタが盛り込まれてるんですよ。(笑)

ファイトリーグ_ハク_攻撃エフェクト

アスクリのUS級ファイター、孔雀剣舞の寵児 ハク
卵が割れて→ヒヨコが生まれて→ダッシュ!
攻撃エフェクトはファイターに合わせてオーダーメイド。

本当だ!
これは、エフェクトを担当されている方が作っているんですか?
そうですね。
キャラに合うエフェクトをオーダーメイドで作ってくれてます
なるほど。
攻撃エフェクトにも注目すると楽しそうですね!

モチーフの決め方について

モチーフとなる動物やスポーツを決める上で、何か意識されていることありますか?
そもそも動物=スポーツと直結しないということもあって、初期はやっぱり分かりやすいメジャーなスポーツから選んでいきましたね。
動物の世界をより広げるために、徐々にちょっとニッチな所も攻めています。
シーワールドは水中サッカーっていう新しいスポーツがモチーフなんですよ。彼はキーパーのポジションですね。

ファイトリーグ_フィールドの皇帝 シーワールド_立ち絵-min シャチ

アスクリのUS級ファイター、フィールドの皇帝 シーワールド
モチーフのスポーツは水中サッカー。本来はゆったりした水中の動きがシュールなスポーツだが、海の生き物がやるとスピード感のある展開で白熱必至?

写真:pixabay

水中サッカーは初めて聞きました。架空ってことでは無いんですよね?
そうですね。基本的には実在するものから選んでます。
水中サッカーはそこまでメジャーでは無いんですが、シーワールドに関しては”シャチ”という動物のモチーフを軸にしていたので、動物ありきでそれにマッチするスポーツを選んだ感じですね。
最初は水球かと思ってました。
水球は既にもとむがいたんですよ。
もとむとシーワールドが一緒に水球やるというのもありといえばありですが、さすがにサイズ感が違いすぎて。(笑)
もとむが食べられちゃう。(笑)

ファイトリーグ_フローター 水王もとむ_立ち絵-min ウーパールーパー

アスクリのS級ファイター、フローター 水王もとむ
モチーフのウーパールーパーはあくまで愛称で、本来の名前は”アホロートル”。日本ではあまり良い印象がない単語のため、人気者になって見返すべく決意を固める。
ちなみにフローターは得点するのが仕事となる水球の花形ポジション。

写真:ウーパールーパーラボ(http://ulabo.com/)

豆柴闘犬はあるんですか?(笑)

ファイトリーグ_小さな横綱 わんだーどっぐ_立ち絵-min 豆柴

アスクリのS級ファイター、小さな横綱 わんだーどっぐ
やっている競技は豆柴闘犬。ころころしていてとてもかわいいが、ヤジルシではしっかりと野生がほとばしっている。

写真:ペットの消臭屋

実際に豆柴で闘犬をすることはない思うのですが、実装時期が戌年のお正月ということで可愛らしくしてみました。
可愛いですよね。
下の黒い子が好きです。(笑)
でも、ヤジルシの中はしっかりと野生が描かれてるんですよ。(笑)
本当だ!
ギャップがすごいですね。(笑)
あと、動物がそのスポーツをやっていることに対して整合性が取れていることは意識しています。
例えばミス・イーグル。
モチーフの動物はヘビクイワシなんですが、実際にキック力がとても強いんですよ。
だからスポーツはテコンドーがモチーフになっているんです。

ファイトリーグ_跆拳道の達人 ミス・イーグル_立ち絵-min

アスクリのS級ファイター、跆拳道たいけんどうの達人 ミス・イーグル。
テコンドーをしているのはヘビクイワシのキック力が強いという特徴を踏襲した結果。

多分、ヤジルシのデザインみたいに実際にヘビを足で蹴るんでしょうね。(笑)
そうですね。実際に蛇を踏んづけて攻撃します。(笑)

ヘビクイワシは、本能で蛇の頭を集中的に攻撃する。
キックちゃんかわいいなあ。
映像提供:掛川花鳥園
※掛川花鳥園様より、掲載を快く許可いただきました。ご協力ありがとうございます!

あとは、フラッグジャックとかでしょうか。
セグロジャッカルの素早く獲物を奪う生態にスポットを当てて、スポーツは「フラッグフットボール」が合うんじゃないか、とか。
「この動物にはこのスポーツが合う」みたいな話し合いからスタートすることは多いですね。

ファイトリーグ_やり手のフラッグ・ジャック_立ち絵-min セグロジャッカル

アスクリのS級ファイター、やり手のフラッグ・ジャック
動物の生態はスポーツを決める上で重要な要素。ちなみに背番号が96なのはモチーフの動物が「セグロ(96)ジャッカル」だから。
※フラッグフットボール:「タックル」を「腰に付けたフラッグを取る」ことに置き換えた、身体接触が原則禁止のアメリカンフットボール。

写真:pixabay

アスクリファイターを作る上で、動物やスポーツに相当詳しくなったんじゃないですか?
そうですね。
やっぱり詳しく調べないと作れないです。(笑)
モチーフになっていないスポーツってまだありますか?
まだまだありますよ。
エクストリームスポーツとか。
エクストリームスポーツ。(笑)
楽しみにしていますね。(笑)

ファイター同士の繋がりについて

アスクリのファイターって、個々の繋がりが薄めな印象です。
現状はリンクスとウィーゼルとカアラが幼馴染で、ハートとタイガが昔からの友人っていうくらいですね。

ファイトリーグ_プチファイ008 ファイトリーグ_プチファイ041

競技が違うという性質上アスクリのファイター同士の繋がりはそこまで描かれてない。
チームメイトが登場し出すとすごいことになりそう・・・!

週間ぷちファイ No.36NO.41より

今は世界観をより広げたくていろいろなスポーツを取り入れているのですが、全部バラバラにしないといけないということも特に無いんですよ。
スポーツ自体はおそらく被ってくるとは思いますけど、今後は既存キャラのチームメイトも登場してくると思います。
そうですね。
今はまだ風呂敷を広げられるだけ広げているところで、これから出てくるファイターたちがさらにアスクリの世界を濃くしてくれるんじゃないかなと。
スポーツが違うと繋がりが出しづらかったりといった弊害もあるんですが、少しづつファイター同士の繋がりも広げていきたいですね。
なるほど。
同じスポーツのファイター出す段階になったら一気に繋がりを作れそう。(笑)
そうですね。組み合わせで無限に作れそうです。(笑)
野球だけで9人、サッカーなら11人追加できる!(笑)
それで悲しむのは3D担当ですね。(笑)
バットの振り方のバリエーションにも限りがあるので。(笑)
実在する選手を参考に頑張っていただきましょう。(笑)

動物デザインの経緯について

こういう風にネタ含みで盛り上がれるのって、(デザインを)人型じゃなく動物マスコットにしたからこそで、それがアスクリの魅力の一つなのかな、と思っていまして。
最初は人型で進んでいたデザインから「完全に動物に寄せよう」と決まった経緯を教えていただければと。結構すんなり決まったものなんですか?
これは、僕の方から意見を出したんですが、すんなりというか、即決でした。
最初は人型で何体かキャラ書いていたんですが、途中で「あ、これは動物にした方がいいな」となってすぐに提案しに行ったと思います。
登場キャラ全てが動物ベースのデザインって、ゲームだと珍しいので挑戦でもありました。
確かにここまで動物に寄せているデザインは見ないです。
「球場でマスコットキャラが変なことをして話題になる」じゃないですけど、そういう楽しさがあると感じました。
すでに他のブランドの方向性が決まっていたので、よりブランドの個性を強調するために動物をベースにしました
3Dにしたときのシルエットでも個性が出せますからね。
メインブランドが5つあるので、パッと分かるって確かに大事ですね。
あとは、動物だからこそできる遊びとかもやっぱりあります。だって、ハーミットとかもとむとか、擬人化したら今のような魅力は出せなかったと思うんですよ。

ファイトリーグ_フローター 水王もとむ_立ち絵-min ファイトリーグ_波乗りジェニー・ハーミット_立ち絵-min

動物の制限を利用した設定がアスクリの大きな魅力の一つ。

確かに。(笑)
ウーパールーパーってどう擬人化するの?ってなりそうです。(笑)
逆に人間だと何でもできちゃう、スポーツも別に何でも良くなっちゃう。
動物だからこその個性やアレンジなど考えて制作するのも1つの楽しみですね。
動物特有のネタも入ってきますもんね。
元の動物の習性も一緒に調べると、もっとデザインを楽しめそうです。(笑)
本日は貴重なお話をありがとうございました!

まとめ

いかがでしたか?
アスクリに焦点を当てて、その世界観を掘り下げていきました。

動物の習性とスポーツがうまくデザインにハマっており、十八番街、GGGとはまた違う面白さがあるブランドだと感じました。
ぜひキャラデザインと一緒に、モチーフになった動物にも目を向けて楽しんでみてください!

インタビュー記事一覧
バトル_ファイトリーグブランド全般編
▶︎十八番街十八番街編 ▶︎GGGGGG編
▶︎アスクリアスクリ編

関連リンク

ファイトリーグ関連動画

週刊ぷちファイ

週刊ぷちファイ

ファイトリーグ関連記事

ファイトリーグ攻略トップページファイトリーグ攻略トップページ
ランキング記事
worldリセマラランキング world最強デッキランキング
worldおすすめリーダーまとめ world全ファイター評価
最新情報記事
N8pzcR5V20180313_2aヘッドライン情報 N8pzcR5V20180313_2aアップデート情報
N8pzcR5V20180313_2aナーフ・能力調整 N8pzcR5V20180313_2a開催中のガチャ情報
ブランド別デッキレシピ一覧
十八番街-min_ファイトリーグ十八番街デッキ GGG-min_ファイトリーグGGGデッキ アスクリ-min_ファイトリーグアスクリデッキ
JP-min_ファイトリーグJPデッキ ToD-min_ファイトリーグToDデッキ タッグ_icon_ファイトリーグタッグデッキ
ブランド別ファイター覧
十八番街十八番街 GGGGGG アスリートクリーチャーズアスクリ
ジャスティスプロフェッショナルズJP トイズオブザデッドトイズ フリーランスフリーランス
各ブランドの対策と要注意ファイター
十八番街_対策_icon_ファイトリーグ十八番街 GGG_対策_icon_ファイトリーグGGG アスクリ_対策_icon_ファイトリーグアスクリ JP_対策_icon_ファイトリーグJP トイズ_対策_icon_ファイトリーグToD
レアリティ別ファイター一覧
US-minUS級 S-minS級 A-minA級 b-minB級
各種掲示板
fight-league_logo雑談掲示板 fight-league_logo質問掲示板
fight-league_logoフレンド募集 fight-league_logoガチャ報告
【PR】おすすめ事前登録ランキング
【PR】新作アプリおすすめランキング
【PR】人気アプリおすすめランキング

以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 あらかじめご了承ください。


・公序良俗に反する投稿
・スパムなど、記事内容と関係のない投稿
・誰かになりすます行為
・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿
・一度削除された投稿を再び投稿すること
・外部サイトへの誘導や宣伝
・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿
・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿
・その他、管理者が不適切と判断した投稿


また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

注目情報

アプリ配信カレンダー

配信カレンダーをもっと見る