白猫テニス(白テニ)におけるテクニックタイプ(フランやトウコ)のドロップやロブの対策と攻略法を紹介しています。

白猫テニスリセマラはこちら!
白猫テニスリセマラランキング

タイプ別の対策と攻略法
ico_サーブ対策.jpg ico_ストローク対策 ico_テクニック対策.jpg
ico_スタミナ対策 ico_スピード対策.jpg

テクニックタイプの対策と攻略法

テクニックタイプの特徴とキャラ

ドロップショットが打てる

s_スクリーンショット 2016-08-05 20.43.20

テクニックタイプだけ唯一”ドロップショット”が使用可能で、どんなキャラでも前に行かざるを得ません。つまりこのショットを打たれるだけでスタミナを使わされます。

ロブなどと組み合わせられると厄介

s_スクリーンショット 2016-08-05 20.42.00

ドロップショットは前に行く必要があり、ロブは後ろに下がらないと返せません。前後左右に動く必要があり、どんどんスタミナを奪われます。さらに途中でするどいショットを決められるともう取ることすら厳しくなります。とにかくスタミナだけでなく、点まで取られるというのが厳しいです。

テクニックタイプの主なキャラ

キャラ名 特徴
フランフラン ・ドロップで前に動かされてからの消えるショットは確実といってもいいくらい得点される。スタミナは多くないので、スタミナタイプで当てたい相手だ。
トウコトウコ ・ドロップ、ロブ、変化球SSをうまく駆使されると手をつけられない。読み合いに持ち込まれる場面も多く、非常に厄介な相手。

テクニカルタイプへ有効なキャラは?
誰がどのキャラに強い?タイプ別キラーまとめ

テクニックタイプの対策と攻略法

初期位置を中間地点に

s_スクリーンショット_2016-08-05_20_44_28

ロブ・ドロップの前後に合わせるため、初期位置を中央付近にしておきます。これだけで前後の動きにも対応しやすくなりますし、余分なスタミナ消費もある程度抑えることが可能です。

ストロークタイプはジャストショットを意識する

ストロークタイプはロブ・ドロップに対してタイプゆえの鋭いショットをコーナーに狙っていきましょう。相手は持久戦をメインに考えてきますし、チャンスは多くあります。またドロップもロブも球が遅いので、ジャストショットもショットも比較的打ちやすいです。またドロップに対し、ボレーをコーナーに打てれば得点も狙っていけます。

スタミナタイプは持久戦で粘れ!

コートの相性もありますが、基本的にスタミナタイプはその豊富なスタミナ量で有利に戦えます。前後に動かされようが、持久戦になれば有利です。またドロップに対してのボレーで強気に攻めることもできます。

まとめ

テクニックタイプはドロップを覚えてくる中盤からよく見かけるようになる厄介な相手です。前後にうまく打たれるとスタミナと得点を失い、対策を知らないと勝つことがドリンク運で決まるといってもいいくらい、不利な戦いになります。とにかくドロップは常にくると警戒し、途中で挟んでくるロブにも気を付けましょう。

【白猫テニス関連リンク】

白猫テニス攻略wikiはこちら
白猫テニス攻略wiki

リセマラランキング
▶︎
最新リセマラ当たりランキング!