ソラとウミのアイダ攻略Wiki

ソラとウミのアイダの攻略Wikiです。リセマラおすすめキャラ当たりランキングやイベント、最新情報の速報などをまとめています。ソラとウミのアイダの攻略にぜひご活用ください。

ソラウミ攻略情報一覧

  • ゲーム権利表記

  • [データ提供]株式会社ForwardWorks
    [記事作成]AppMedia
    ※当サイトにおけるソラとウミのアイダのコンテンツはAppMedia編集部が独自の基準で作成した内容となります。
    ※当サイトが掲載しているデータ、画像等の無断使用・無断転載は固くお断りしております。
AppMedia

記事

【ソラウミ】貫通と反射はどっちがおすすめ?|ソラとウミのアイダ

ソラとウミのアイダ(ソラウミ)における移動タイプの貫通と反射はどちらがおすすめなのか紹介しています。編成のポイントなども記載していますので、ぜひ参考に利用してください!

貫通貫通タイプの特徴

貫通タイプの動き

s_スクリーンショット_2018-02-24_21_03_33

敵を貫通して移動できる

貫通タイプは敵に触れると、そのまま貫いて進みます。多くの敵にマーカーを付けやすいので、高い殲滅力を発揮できる上、配置が行いやすく非常に使い勝手の良い移動タイプとなっています。

貫通する度に減速する

狙った敵に攻撃・任意の場所への配置の行いやすい貫通タイプですが、敵を貫くたびに減速していきます。殲滅力は高いものの、ボスに対する一点火力と言う場面ではやや活躍しにくいです。

対ボス戦では、イケスを自由に動き回れる点を活かして、より多くの守護神に触れて援護攻撃を発生させ、ヒット数を稼いで主座火力を上昇するような立ち回りを意識すると良いです。

反射反射タイプの特徴

反射タイプの動き

s_スクリーンショット_2018-02-24_21_04_00

敵に当たると反射して移動

反射タイプは敵に触れると、反射してイケスを動き回ります。壁と敵の間に挟まることでマーカーを大量に付けることができ、高い火力発揮すること可能です。殲滅力と言うよりは、対ボスの一点火力要員として重宝します。

配置と運が重要な移動タイプ

大型の宇宙魚には高いダメージを与えやすいのは大きな魅力ですが、やや扱いづらいのが難点・・・

貫通タイプに比べると配置が行いにくい上、無限に枠超雑魚敵の位置次第といった運要素も絡んでくる点には注意が必要です。

貫通と反射はどっちがおすすめ?

初心者は貫通がおすすめ!

貫通タイプは扱いやすく、使い勝手の良い移動タイプです。これからソラウミを始める・操作にまだ慣れないというユーザーの方は、まずは貫通タイプを中心に編成しておくと、攻略が行いやすくなります。

1枠は反射を入れたい

反射タイプは一点火力を出しやすいため、ボス面では重宝します。貫通×4でもクリアは可能ですが、減速率を考慮すると最低でも1枠は反射タイプを入れておきたいところ!

攻略するイケスによって特色があるため一概には言えませんが、基本的には貫通2〜3・反射1〜2での編成がおすすめです。

ソラウミ関連リンク

9ec9662549c6a4461e007ed136950b78ソラとウミのアイダ攻略Wikiトップページ
ランキング情報
32ec0b6ba8462737f2e6636d4f40dd9cリセマラランキング 055837bc94a65b8cbea0b76dbe89c58c最強守護神 98f3d9eace9b5e077528698ac5ba522dおすすめ星4
初心者向け情報
▶︎序盤の攻略と進め方 ▶︎初心者が知っておきたいポイント
▶︎初期キャラはどれがおすすめ? ▶︎効率的なエン(お金)の稼ぎ方
守護神・候補生の育成情報
▶︎効率的な候補生の育て方 ▶︎守護神の効率的な育て方
▶︎進化素材の入手方法 ▶︎ダルマの効率的な集め方
【PR】おすすめ事前登録ランキング
【PR】新作アプリおすすめランキング
【PR】人気アプリおすすめランキング

以下の書き込みを禁止とし、場合によってはコメント削除や書き込み制限を行う可能性がございます。 あらかじめご了承ください。


・公序良俗に反する投稿
・スパムなど、記事内容と関係のない投稿
・誰かになりすます行為
・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿
・一度削除された投稿を再び投稿すること
・外部サイトへの誘導や宣伝
・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿
・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿
・その他、管理者が不適切と判断した投稿


また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

注目情報