転スラ_CBTプレイ

新作アプリ『転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚(まおりゅう)』の先行プレイレポートをお届け。気になるゲームシステムや魅力を余すところなくご紹介!

※記事内容および画像は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合がございます。また、本内容は、株式会社バンダイナムコエンターテインメントの事前確認を行った上で掲載しております。

【転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚(まおりゅう)】とは

まおりゅう_CBTプレイレポート17

「転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚(略称:(まおりゅう))」は、大人気TVアニメ「転生したらスライムだった件(転スラ)」の世界観を再現したスマホゲームです。ジャンルは、「異世界最強体験×建国×3DバトルRPG」となっており、TVアニメの内容を1から追体験できるストーリーをはじめ、「転スラ」の世界観を忠実に落とし込んだ各種コンテンツが魅力的な本作。

原作・TVアニメファンのみならず、「転スラ」を知らない方でも十分に楽しむ事ができる内容となっております。

TVアニメ「転生したらスライムだった件」について

まおりゅう_CBTプレイレポート13
TVアニメ「転生したらスライムだった件」は、元々はweb小説投稿サイト「小説家になろう」*での連載で人気を博した作品で、書籍化・コミカライズ・アニメ化・ゲーム化と幅広いメディアミックス展開がなされています。

そして、2021年7月から第2期第2部が放送予定となっており、その他にもスピンオフアニメなども放送されています。

*「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です。

<「転スラ」のあらすじ>
スライム生活、始めました。サラリーマン三上悟は通り魔に刺され死亡し、気がつくと異世界に転生していた。ただし、その姿はスライムだった!リムルという新しいスライム人生を得て、さまざまな種族がうごめくこの世界に放り出され、「種族問わず楽しく暮らせる国作り」を目指すことになる--!

引用: 公式サイトより

【まおりゅう】ストーリーの紹介

原作の追体験に加えてゲームオリジナルのストーリーが楽しめる

まおりゅう_CBTプレイレポート9

本作のメインクエストにあたる「ストーリー」は、TVアニメ「転スラ」のストーリーを主軸に進行しつつも、平行して展開される伏瀬先生監修の物語が楽しめる仕様になっています。そのため既存の「転スラ」ファンの方も、「転スラ」を知らない方も本作を通して「ストーリー」を堪能することができます。

まおりゅう_CBTプレイレポート8

【まおりゅう】バトルシステムの紹介

戦略性の高いカード選択型コマンドバトルが魅力!

まおりゅう_CBTプレイレポート3
▲バトル画面

本作におけるバトルシステムは”カード選択型コマンドバトル”形式が採用されており、戦闘キャラとなる前衛枠×3体と後衛枠×2体に加えて、加護キャラ×1体の編成で挑む形となります。前・後衛のキャラには、それぞれステータスを強化する役割の支援キャラを編成したりと戦略性の高いバトルを味わう事ができます。

まおりゅう_CBTプレイレポート1

バトル中は参加するキャラの魔創魂を選択し、対応するキャラが敵に攻撃するターン制3Dバトルとなっています。魔創魂には「加護」「技能」「奥義」の3種類が存在し、それぞれ役割が異なるため状況に応じて魔創魂の組み合わせを吟味する必要があり、バトルごとに違った展開が繰り広げられるのが特徴となります。

各魔創魂の詳細について

魔創魂 効果
加護 ・選択すると加護キャラのゲージを溜めることが可能
┗ゲージが溜まると加護キャラのスキルが使用可能になる
技能 ・戦闘キャラのスキル使用に必要なコストを溜めることが可能
奥義 ・戦闘キャラの奥義ゲージを溜めることが可能
┗ゲージが溜まると奥義が使用可能になる

ファン必見の迫力のあるスキル演出!

まおりゅう_CBTプレイレポート15 まおりゅう_CBTプレイレポート16

加護及び奥義のスキルゲージが貯まる事で発動できるスキルは大迫力の演出ともに炸裂!クオリティの高い3D演出にて展開されるスキル演出はどのキャラクターのスキルも圧巻ですので、ぜひ正式サービス開始後にぜひその目でご確認ください。

転スラならではの”捕食”もしっかり搭載

まおりゅう_CBTプレイレポート2

「転スラ」と言えば..というより主人公のリムルと言えばのシステムとして、バトルの一部で「捕食バトル」という特殊なバトルが存在します。「捕食バトル」では、攻撃をすることで「捕食ゲージ」を増加させて、最終的に敵を捕食することが目的となります。捕食ゲージが高ければ高いほど捕食の成功確率が上がります。

まおりゅう_CBTプレイレポート10

捕食に成功すると、与ダメや捕食成功までのターン数など複数の基準によって評価(B〜Sランク)が決まり、評価に応じた報酬を獲得することができます。

この本作ならではのユニークなバトルシステムはリムルの疑似体験のみならず、ゲームを有利に進行するシステムとなりますのでばんばん敵を捕食しましょう!

【まおりゅう】世界観を堪能できる豊富なコンテンツ

自分だけの町が作れる”建国”機能

まおりゅう_CBTプレイレポート11

「建国」とは「転スラ」の世界に自分だけの町が作れる箱庭的要素であり、TVアニメの第6話以降のゴブリンの村同様に家やさまざまな施設を敷地内に建設・LVアップを行って町を発展させていく事ができます。

まおりゅう_CBTプレイレポート4

家・施設が増えることで、住民の数が増え、住民が増える事で開放されるコンテンツも存在します。また特定の建物でキャラクターの育成に必要な素材やゲーム内通貨なども獲得できるため「建国」は本作をプレイする上ではかかせない要素となります。

建国した町並みを探索することができる!

まおりゅう_CBTプレイレポート7

等身大の町並みをリムルを操作して探索することも可能!実際に歩きながら自分の手で徐々に大きくなっていく町の様子を見ることができます。町の中にはキャラクターがランダムに登場するため、日によって変わる町並みを楽しむことができます。

分からないことは大賢者が教えてくれる!

まおりゅう_CBTプレイレポート5

ゲームプレイにおける進行に迷った時はリムルのユニークスキルの1つである「大賢者」が助言してくれる「大賢者システム」を活用しましょう。「大賢者システム」ではゲームの進め方に関して質問を投げかける事で、その質問にいくつか答えを大賢者が提示してくれます

まおりゅう_CBTプレイレポート6

豊富なコンテンツボリューム故に「何から手をつけて良いか分からない!」、また「どのクエストをプレイするべきなの?」などと疑問をしっかりと「大賢者」が最適解に導いてくれますので、初心者の方も安心してゲームプレイに集中することができます。

【まおりゅう】CBTプレイ感想

まおりゅう_CBTプレイレポート14

『転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚(まおりゅう)』のCBTをプレイしてみて、本作はアニメ(あるいは原作)の舞台となっている異世界のさまざまな要素やルールのゲームへの落とし込み方が素晴らしいと、筆者は強く感じました。もともと原作が、主人公が敵を捕食してスキルを獲得したり、仲間を増やしながら町を発展させたり、RPGゲームとの親和性が高いとは言え、この再現度とクオリティには脱帽しました。

特に、大賢者システムは、端的に言ってしまえばゲームの「ヘルプ」のような役割を担っているのですが、それを原作のメタ要素でもある大賢者という形に落とし込んでいる点は非常に面白いと感じました。

まおりゅう_CBTプレイレポート12
また、3Dカードバトルについても、コンボや次ターンのことを考えながらどの魔創魂を選択するかを考える戦略性がしっかり担保されているだけではなく、アニメで登場したキャラの夢の共演を迫力のスキル演出とともに楽しむことができます。

TVアニメですでに「転スラ」の世界観に虜になっている方は、本作をプレイしてスマホでその魅力を存分に感じてもらえる作品となっていると言えます。もちろん、「転スラ」を知らない方も、クエストと建国をうまく進めながら攻略するという本来のゲームとしての奥深さを楽しめると思います。

『転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚(まおりゅう)』の基本情報

アプリタイトル 転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚
リリース日 2021年予定
ジャンル 異世界最強体験 × 建国 × 3DバトルRPG
対応OS iOS/Android
事前登録 なし
価格 基本プレイ無料/アイテム課金制
配信元 バンダイナムコエンターテインメント
公式サイト 『転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚』公式サイト
公式Twitter 『転生したらスライムだった件 魔王と竜の建国譚』公式アカウント

『まおりゅう』の基本情報はこちら

©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会
©柴・伏瀬・講談社/転スラ日記製作委員会
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

※記事内容および画像は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合がございます。
提供:株式会社バンダイナムコエンターテインメント


関連記事