konmari_先行プレイ

2021年9月2日配信の新作アプリ『KonMari Spark Joy!(こんまり スパークジョイ)』の先行プレイレポートをお届け。気になるゲームシステムや魅力を余すところなくご紹介!

※記事内容および画像は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合がございます。

『KonMari Spark Joy!』ゲーム紹介

片づけコンサルタント「こんまり」氏がゲームに!

01_KonMari Spark Joy!

突然だが皆さんは、近藤麻理恵氏をご存知だろうか。2010年に出版した『人生がときめく片づけの魔法』が世界40か国以上で翻訳され、累計1,300万部を超える大ベストセラーを記録した片づけコンサルタント「こんまり」氏といえば、ピンと来る人も多いのではないかと思う。

02_KonMari Spark Joy!

2019年にはNetflixのノンフィクション番組『KonMari 〜人生がときめく片づけの魔法〜』が公開され、エミー賞2部門にノミネートされるなど、その人気はまさに世界的なものとなっている。そんな「こんまり」氏初のゲームが、今回ご紹介する『KonMari Spark Joy!』である。

言葉のない世界で描かれる、心温まる物語

03_KonMari Spark Joy!

アプリの紹介に入る前にまず、こんまり氏をキャラクター化した「KonMari」について解説しておきたい。こちらは残すものを“ときめくかどうか”の基準で選ぶ「こんまりメソッド」をより多くの人に広めるために誕生したプロジェクトで、このIPを活用した作品が『KonMari Spark Joy!』というわけだ。

04_KonMari Spark Joy!

気になるゲームの内容だが、本作はこんまり氏を中心に据えた「片付けパズルゲーム」となっている。KonMariと“モノが化けた”かわいらしいMononokeたちが登場する本作は、ファンタジックで心温まる「一冊の絵本」のようなアプリという表現が最も近い。

05_KonMari Spark Joy!

『KonMari Spark Joy!』の物語は、街中で少女が男性と喧嘩しているところから始まる。彼と別れ、一人自宅で大粒の涙を流す女の子。その部屋は、まるで彼女の心を映し出すかのように散らかっていた。そんなとき、近くに置いてあった箱から突如現れたのがKonMariだった。

06_KonMari Spark Joy!

少女はKonMariの力を借りながら、彼女の片付けメソッドを通じて、散らばったMononokeたちを整理整頓していく。部屋が綺麗になるにつれて心も整えられた少女は、行く先々で様々な悩みを持つ人の片付けを手伝いながら、自分の内面と向き合い大切なものを探す旅へと出かける。

07_KonMari Spark Joy!

本作における最大の特徴として「キャラクターたちが一切喋らない」ことが挙げられる。ゲームには欠かせないように思えるテキストウィンドウ、吹き出し、字幕などが一切存在しないのだ。ただ誤解してほしくないのは、これは決してストーリーが存在しないことを意味するのではないということである。

08_KonMari Spark Joy!

最愛の妻に先立たれた男性、喧嘩が絶えない家族。主人公が行く先々で出会う人々は、心の傷によって片付けられなくなった人たちばかり。そんな彼ら彼女らを「片付け」というきっかけを通じて癒していく姿を文字ひとつ使うことなく雄弁に描いている点が、本作の特色にして最大の魅力なのだ。

「片付け」をゲーム化したシンプルかつ奥深いパズル

09_KonMari Spark Joy!

そして、その「片付け」こそが、本作をゲームたらしめているパズルである。基本的なルールは非常に簡単で、カラフルなキューブやおじゃま役の「Mononoke」たちを指でスワイプして動かしながら、決められた回数内にキューブを指定の形に揃えられればクリアとなる。

10_KonMari Spark Joy!

ゲーム序盤は非常に簡単なステージばかりだが、進むにつれて滑車や氷といったギミックが盛り込まれていくため、中盤以降はなかなか歯応えがあるパズルが楽しめる。ただ一度でもリトライをした後には模範解を見ることもできるので、詰まった場合は迷わず見てそこに至る道筋を考えてみることをお勧めしたい。

11_KonMari Spark Joy!

なお本作のパズルは解法が一つに決まっているわけではないため、腕に自信のある方は最小手順でのクリアをめざすのもいいだろう。余った回数は次のパズルに持ち越すことが可能だが、その部屋の片付けが全て終わってなおまだ余っている場合には、後述の嬉しい要素も用意されている。

心を映し出す「禅の世界」

12_KonMari Spark Joy!

さて、ここまで紹介した「片付け」は現実世界を投影したパズルであるが、実は本作にはもうひとつ、精神世界をモチーフとしたパズルが用意されている。本作では散らかった部屋を片付けていくたびに、枯山水のような静かで美しい「禅の世界」へと足を踏み入れることになる。

13_KonMari Spark Joy!

ゲーム開始当初は荒れている主人公を表すかのように狭く穴だらけの精神世界だが、パズルによって心を整えることでどんどん広がっていき、気がつけば満開の桜が咲いている。加えて片付けにおいて手数を余らせていれば、その数に応じて小石や灯籠、橋が現れ、より風情ある枯山水が築かれるのだ。

14_KonMari Spark Joy!

このように、本作は単なるパズルゲーム、あるいは片付けのライフハックとは一線を画した作品となっている。パズルが持つゲーム的な面白さはそのままに、作品を通じてこんまり氏のメソッドに触れられるというのは、実は「ただ楽しいアプリを遊びたい」と手に取った層にこそ、深く刺さるものなのかもしれない。

『KonMari Spark Joy!』先行プレイ感想

15_KonMari Spark Joy!

パズルゲームというと、難問を解いたりあるいは高得点を目指したりといった、いわば「知力の競争」という側面が極めて強い。それはジャンルの性格上当然のように思えるかもしれないが、しかし片付けパズルゲームたる本作が、そうしたマウンティングと隣り合わせの“競い合い”と対極に位置していることは明白だ。

16_KonMari Spark Joy!

物語に目を向けてみても、本作は決して多くを語らない。だが、少女とKonMariの懸命な努力によって周囲が心動かされる様子は、何十万字のテキストよりも遊ぶ者の心を揺さぶる。そして片付けにおいて手数が余る、つまり「精神的な余裕」を禅の世界に反映するという巧みな環境ストーリーテリングにより、パズルパートすらも長編小説へと変えているのだ。

17_KonMari Spark Joy!

詰まるところ本作の肝は「パズルを解くこと」そのものにあるのではなく、整頓を通じて生き方を変える、幸せを感じるという「片付けの魔法」の擬似体験にこそあるのだろう。そんな他のタイトルでは決して得られない、唯一無二のプレイフィールに、いちゲーマーとして“ときめき”を感じずにはいられない。

▼アプリのダウンロードはこちらから▼

iOS版 Android版

『KonMari Spark Joy!』基本情報

タイトル名 KonMari Spark Joy!(こんまり スパークジョイ)
配信日 2021年9月2日
ジャンル パズルゲーム
価格 490円
対応機種 iOS/Android
会社 アカツキ
権利表記 ©︎KonMari Media Inc. ©︎Akatsuki Inc.