AppMedia

記事

【TGS2018】カプコンブース現地レポート!「バイオ2」「デビクラ5」の試遊には長蛇の列が!【ビジネスデイ一日目】

TGS2018(東京ゲームショウ2018)のカプコンブースの現地レポートです。新作「バイオハザード RE:2」「デビルメイクライ5」の試遊コーナーの様子をお届けします!

▶︎TGS2018の注目タイトル・ブースまとめはこちら

【TGS2018】カプコンブースの様子

バイオハザード RE:2

_20180921_145805

「カプコン」ブースでは、来年1月に発売される「バイオハザード RE:2」の試遊を行なっており、筆者も長蛇の列に並ぶことを覚悟して行ってまいりました!

朝一に会場入りしてすぐ試遊コーナーに向かいましたが、瞬く間に大勢の方による列ができ、整理券が配られました。筆者もそのまま列に並び、待機して約1時間ほどで実際に試遊することができました。

DSC_0033▲一般公開日はさらに混雑が予想されますので、なるべく早めにブースに行って整理券を確保するのが良いでしょう

試遊では、「レオン編」「クレア編」のどちらかを選ぶことが可能。どちらでも今作の面白いポイントを存分に体験できますが、ゲームの雰囲気など気軽に楽しみたいという方は、「レオン編」を選択することをおすすめします!(ちなみに、筆者は「クレア編」をヒイヒイ言いながらプレイしていました^^;)

詳しいゲームの中身については、ぜひ実際にプレイして見てほしいのですが、「ソンビ」が迫る恐怖感は15分という短い試遊時間内でも存分に味わうことができました。カプコンオリジナルのゲームエンジン「RE ENGINE」よるリアリティのある戦闘シーンは映画さながらです。

お化け屋敷のような試遊コーナー

試遊コーナーは、入り口から狭い通路を通って入り、中はまるでお化け屋敷のように暗くなっています。ゲームの中身もさることながら、こうした仕掛けでも“再・新作”と銘打たれた「バイオ2」の魅力を感じることができました。

どうしても暗い空間の試遊は難しいという方は、HALL4にあるソニー(SIE)ブースでも試遊できますので、ご安心ください!

Photo_18-09-21-15-00-15.097▲試遊コーナーの入り口はこのような感じです(なにかが写っているような……)

デビルメイクライ5

Photo_18-09-21-15-00-17.304

「カプコン」の今年のもう1つの目玉タイトルである「デビルメイクライ5」の試遊コーナーも長い待機列ができており、本作へのユーザーの期待感の高さを感じられました。

こちらも「バイオ2」の試遊同様に、一般公開日には整理券が配られる予定です。

そのほかのブースも大盛り上がり!

Photo_18-09-21-15-00-30.813

そのほかにもシリーズ30周年を迎えた「ロックマン11」や「ストリートファイター」の試遊コーナーにも、長蛇の列ができていました。「全部遊びたい!」という方は、相当な覚悟をした上で訪れるようにしましょう。

カプコンブース出展タイトル

出展タイトル
バイオハザード RE:2
デビルメイクライ5
ロックマン11 運命の歯車!!
ストリートファイター30th
アニバーサリーコレクション インターナショナル
囚われのパルマ Refrain
カプコン ベルトアクションコレクション

その他のニュース記事はこちら

【PR】おすすめ事前登録ランキング
【PR】新作アプリおすすめランキング
【PR】人気アプリおすすめランキング

注目情報