ジョーカー~ギャングロード~におけるアビリティ効果値についてまとめています。バフやデバフの仕様を確認しておきたい方は、是非参考にしてください。

抗争攻略情報・イベントまとめはこちら

アビリティ効果値について解説

①アビリティの【効果値】について

アビリティの効果値は、「消費BP」「倍数」「対象人数」「威力」「その他の要因※1」の組み合わせと「パラメータ※2」によって決められています。

効果値1

※1「使用回数」「奥義」「称号」「補助アビリティ」「役職」「調子」など、抗争に関わる要素

※2アビリティ使用者・対象者のパラメータ

②アビリティの【威力】について

アビリティ詳細画面の説明文や効果項目に記載されている「威力」は、設定されている効果の強弱によって表現が異なります。

効果値2

③アビリティの効果値の大小に関する例

同表現の威力となるアビリティを比較した場合、対象人数や回数の差によって効果値が算出されます。

例1: 「消費BP」が異なる場合

攻撃アビリティA:[消費BP:10 威力:極大 対象人数:1人 回数:2回] 攻撃アビリティB:[消費BP:50 威力:極大 対象人数:1人 回数:2回]

→「威力表記」「対象人数」「回数」が同じ場合「消費BP」が大きい程高い値が設定されているため、攻撃アビリティBの方が最終的な効果値は高くなります。

例2: 「使用回数」が異なる場合

エールアビリティA:[消費BP:50 威力:極大 対象人数:1人 回数:1回] エールアビリティB:[消費BP:50 威力:極大 対象人数:1人 回数:2回]

→「回数」が少ない程高い値が設定されているので、エールアビリティAの方が最終的な効果値が高くなります。なお、使用回数を加味した場合エールアビリティBは2回使用できるため、総合的な効果値はエールアビリティBの方が高くなります。

例3: 「倍数」がアビリティに含まれる場合

攻撃アビリティA:[消費BP:50 威力:極大 対象人数:1人 回数:1回 倍数:残り5分2倍]
攻撃アビリティB:[消費BP:50 威力:壊滅的 対象人数:1人 回数:1回]

→「消費BP」「対象人数」「回数」が同じで「威力」が低い攻撃アビリティAでも「倍数」により最終的な効果値は攻撃アビリティBより高くなります。

ジョーカーの関連記事

攻略情報
83051c6b5e5ff1997cc01a62bb73db47.datジョーカー〜ギャングロード〜攻略Wiki
▶︎不良道の攻略 ▶︎抗争の攻略
▶︎制圧の攻略 ▶︎タイマンの攻略
初心者おすすめ情報
▶︎リセマラは可能? ▶︎序盤の進め方
▶︎バトルの操作方法 ▶︎ガチャ演出について
ランキング情報
▶︎最強キャラランキング ▶︎最強アバターランキング
必見!お役立ち情報
▶︎レベル上げの方法 ▶︎スキルレベルの上げ方
▶︎限界突破のやり方 ▶︎抗争戦闘力の上げ方
ジョーカー〜ギャングロード〜Q&A