国内最大級のゲームメディア
AppMedia

記事

【ディバゲ】オベロンのテンプレパーティ!ステータスと評価!

ディバインゲート(ディバゲ)の期間限定スクラッチで排出される堕精王オベロンのテンプレパーティーやステータスを紹介しています。使い道や評価も解説していますので参考にしてください。

謎の妖精オベロン!その能力とは!?

基本ステータスやスキル

堕精王オベロン
LvMAXステータス HP/2789 ATK/4009
属性
レア度 ☆6
種族 妖精
コスト 50
最大EXP 5000000
スキル
LS ダークゴッドライズ・シフトⅢ
味方の闇属性ユニットまたは神族ユニットのHPと攻撃力が2.5倍になる
AS サマーナイツドリーム[38ターン]
敵全体の行動を3ターン遅らせる。さらに、敵全体に闇属性で1000000の固定ダメージを与える
NS1 ザ・ホールネス darkdark
敵単体に闇属性の特大ダメージを与える
NS2 ラグナ・フィルス lightnaught
敵全体に光属性の絶大ダメージを与える

オベロンのプロフィール

久しぶりの再会に嫌悪を示す堕精王オベロン。目障りだ、消えてくれ。それは仮面の男に連れられたもう一人の男に向けられた言葉。綴られた存在に子供が存在していたとしたら、その子供に前世が存在しないということは、ごく当たり前の事実だった。悪いが、俺は好きにやらせてもらう。開いた掌に咲いた花は散った。

ステータスの評価

堕精王オベロンのステータス評価

圧倒的攻撃力!プラス無しで4000越え!

オベロンの魅力はその圧倒的攻撃力の高さです。HPはフェス限定のユニットの中では高い方ではありませんが、攻撃力はプラス値無しで4000越えと全モンスター中トップクラスです。NS2の全体攻撃は絶大ダメージと威力も高く、道中で出現するほとんどのユニットを一撃で倒すことが可能です。

ASは3ターン遅延に1000000の固定ダメージ!

ASは3ターン敵の攻撃頻度を遅延させ、敵に1000000の固定ダメージを与えることが出来ます。鳳凰院クロトの上位互換スキルと言ったところでしょうか。LSで最大6ターンも遅延が可能なため、少しHPが低くとも余裕をもって倒すことが出来ます。また付属効果は固定ダメージのため、防御力が高い降臨ボスの死医者ネクロスなどに非常に有効です。

組みやすいLS!神属を有効活用!

LSで神属にもシフトが乗るため強力です。神属のユニットはステータスが高い傾向があり、HPの低さを補うことが出来ます。また、NS2は主属性でない無パネルと光パネルを利用するため無属性と光属性の神ユニットとも相性が良く、例え敵が光属性だとしても被ダメージを抑えて余裕をもって攻略することが可能です。

おすすめパーティー編成例

リーダー運用例

L・・・リーダー F・・・フレンド S・・・サブ

LF 堕精王オベロン
S 狡噛慎也:スターム・ルガー
S 闇通者テンゲン
S ラウラ:SR

パーティー解説

火力に特化したパーティ編成です。基本はオベロンのASで遅延後に闇通者テンゲンの全パネル闇パネル変換、狡噛慎也:スターム・ルガー、ラウラ:SRのスキルを全開放して倒します。狡噛慎也:スターム・ルガーは闇神へグニでも代用可能です。また、闇通者テンゲンも道化嬢ドロシーでも代用可能です。ラウラSRはPSでナノパネルバリアを持ち、手札の水パネル1枚に付き3%被ダメージを軽減できます。最大15%軽減可能なため出来るだけ水パネルは残すように心がけましょう。耐久面に不安がある場合は、光波神サインなどのパネルバリア持ちユニットを入れて被ダメージを抑えるようにしましょう。

総合評価

非常に強力なユニットと言えるでしょう。トップクラスの攻撃力で敵を一撃で倒すことも可能です。しかし、再創ステージなどの一千万単位のHPを持つダンジョンなどには耐久面が他のフェス限定ユニットと比べて貧弱なため不向きかもしれません。スペシャルダンジョンやコラボダンジョンの周回パーティには1番と言えるほど最適なユニットです。また、神属性ユニットはゲームを始めた序盤は中々手に入らないためパーティ編成も少し上級者向けです。最初は無難に闇属性で染めることをお勧めします。無課金編成の場合、闇魔女王ユカリや鳳凰院クロト、死医者ネクロスなどが候補に上がります。
少し編成の難易度が高く扱いが難しいユニットですが、皆さんもぜひ狙ってみてはいかがでしょうか。

【楽しく利用するためのルール】
  • 他人に不快な思いをさせるような内容の書き込み
  • 外部サイトへの誘導・宣伝する内容の書き込み
  • アカウントの売買など金銭が絡む内容の書き込み
  • 各ゲームのネタバレを含む内容の書き込み
上記の書き込みを禁止とし、コメント削除や書き込み制限措置を行う可能性もありますのでご了承ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

注目情報