アイキャッチ

2021年6月2日配信予定の新作アプリ『sin 七つの大罪 X-TASY』の先行プレイレポートをお届け。気になるゲームシステムや魅力を余すところなくご紹介いたします。

※記事内容および画像は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合がございます。

『sin 七つの大罪 X-TASY』とは

00

ホビージャパンによるメディアミックス作品『七つの大罪』は、キリスト教において傲慢・嫉妬・憤怒・怠惰・強欲・暴食・色欲を司るとされる魔王たちを女性化した「魔王崇拝型コンテンツ」だ。邪神像と呼ばれるフィギュアに端を発する本プロジェクトは、ウェブコミックでの連載などを経て2017年にはTVアニメ化を果たし、その放送コードギリギリのセクシーな衣装と男心をくすぐるサービスシーンの応酬で数多の“乳信者”を生み出した。

01

本作『sin 七つの大罪 X-TASY』は、そんなあらゆる意味で話題をかっさらったTVアニメ『sin 七つの大罪』から少し後のストーリーを描いた「日常系スマホRPG」だ。アニメ版決戦後の日常からストーリーを展開する本作は、原作から変わることのない面白おかしくも壮大なシナリオと、人気イラストレーターによるオリジナルキャラクターなどが堪能できる、ファンにとってはまさに「聖典」とでも称すべきアプリである。

『sin 七つの大罪 X-TASY』の事前登録はこちら

先行実況プレイ動画公開中!

『AppMediaゲーム情報局』で動画をみる

『sin 七つの大罪 X-TASY』ゲーム紹介

ユーザーの心を鷲掴みにする蠱惑的なキャラクターデザイン

02

「『sin 七つの大罪』をテーマとしたスマートフォンゲーム」を取り上げるにあたり、いの一番に皆様にご紹介するべきは、やはり何をおいてもキャラクターデザインであろう。アニメに登場したお馴染みの面々や本作だけのオリジナルキャラクターが、LIVE2Dアニメーションにより生き生きとした姿で多数登場する本作。大人気イラストレーターたちによって描かれる美少女たちの肉感的な魅力を前にしては、筆者のレビューなど何の力も持たない。ただただ、一枚一枚の画像をじっくりと眺め、味わって欲しい。

a b
c d
e f
g h

いかがだっただろうか。重要なのは、皆様がこれらの画像を目にして込み上げてくる感情、それこそが本作の全てであるといっても過言ではないということである。人は見た目が9割とはよく言ったもので、イラストに込められた「濃艶さを前面に押し出す」という開発陣の思いはそのまま、ストーリーテリングや戦闘中の演出など作品全体に波及しているのだ。本作の“芯”を理解して頂いたところで、次項からは早速、ゲームの内容に踏み込んでいこう。

TVアニメの「その先」が描かれるストーリーモード

03

本作のメインコンテンツに当たるのは、「物語」というストーリーモードだ。こちらでは前述の通り「TVアニメ版のストーリーと世界観を継承した」ファンが一番見たいであろうシナリオが展開される。といっても完全オリジナルストーリーであり、物語冒頭でアニメ版の振り返りムービーも挿入されるため、アニメを見ていなければ物語についていけないということは全くない。むしろ今作から『sin 七つの大罪』の世界に触れるというのも全然アリな作りとなっている。

04

物語は、虚飾の魔王・ベリアルが真莉亜を攫ってしまうところから始まる。天使と魔王、そして「第三の勢力」が絡み合う冒頭の流れは、どちらかといえばシリアス路線だ。ただ詳細な記述は避けるものの、ファンシーな遊園地で繰り広げられる鍔迫り合いや第三勢力による“テレビ放映”といった設定は紛れもなくコミカルで、この辺りはシリアスとギャグが入り混じるTVアニメ版の空気感をそのまま継承していると言えるだろう。

05

「物語」モードはステージ制を採用しており、アドベンチャーパートとアドベンチャーパートの間にバトルが挟まれる形となっている。難易度はノーマル・ハード・ナイトメアの三段階だ。なお、アドベンチャーパートには時折選択肢が出現し、それによってキャストの「悪堕度(※後述)」が変化するのだが、これは各難易度で一度しか選べないため、コンプリートを目指す楽しみも用意されているというわけだ。

シンプルながらも作品の魅力が詰まったバトル

06

戦闘に入る前に、忘れてはいけないのがユニット編成だ。ユニットには最大5人までキャスト(キャラクター)を入れられるので、後述のバトルシステムを鑑みつつ、バランスの良い編成で臨もう。また、ユニットの5枠とは別に「助っ人」を他プレイヤーから借りることが可能であることも覚えておくと良いだろう。ちなみに、先頭に置いたキャストはバトルの開幕時にド派手に登場してくれるため、お気に入りのキャラはトップにしておくのがオススメだ。

07

こちらが本作のバトル画面なのだが、スマートフォンゲームに慣れている方ならこのスクリーンショット1枚で理解してもらえるかもしれないほど、そのシステムはシンプルにまとまっている。本作はプレイヤーがじっくり考えられるターン制バトルを採用しており、敵キャストを全て倒すことで次のウェーブへと移行。全ウェーブを突破することでステージクリアとなる。

08

画面右下に表示されている3つのアイコンが、そのキャストが持っている「スキル」にあたる。好きなスキルを選んで敵をタップすることで、その技を相手にぶち込んでくれるという分かりやすいことこの上ない操作系だ。なおスキルには「通常技」「強力技」「必殺技」の3種類が存在し、当然後者になる程威力は高い傾向にある。

09

ただし、強力技にはクールタイムが存在するため連発はできないし、必殺技に至っては準備が要求され発動できるまでに数ターンはかかってしまう。だが必殺技の威力はそれを補って余りあるほど凄まじいものがあるし、何より発動時に挿入されるカットインはキャストの個性が詰め込まれたド派手な演出が光っており、全キャラ一度は目にしておきたいところだ。

10

また、本作には「属性」の概念が存在する。「力」「技」「速」の3属性は三すくみの関係となっており、敵に対して有利な属性のスキルを叩き込めば、クリティカル率やダメージが大幅に上昇する。そのため、敵との相性を考えつつ、パーティ編成から戦闘中の立ち回りまで、しっかりと考えることが重要になってくるというわけだ。

11

こう書くと「意外に難しそうだな…」と身構えてしまうかもしれないが、安心して欲しい。あくまでそれはキャストの力を最大限に引き出す場合で、戦闘力に余裕があれば手なりでポチポチするだけでも十分にクリアが可能だ。3倍速機能オート機能も完備されており、ゲーム性よりもキャラクター性に惹かれるというプレイヤーも安心して遊ぶことができる。

12

実際に触ってみると、デフォルメ化されたキャラクターは可愛らしくもどこかサディスティックな香りを残すもので、時折敵キャラクターが気の毒にも思えてくる。番組を撮影するという作品設定もありバトル中には時折“実況”も挟まれ、どうしても作業的になりがちなスマホRPGにおける戦闘パートを、飽きさせないようにする工夫が随所に感じられた。

初心者にとことん優しい「STEPシステム」

13

ところで、皆さんがスマートフォンゲームを新たに始める際に、一番の壁になる部分はどういった点であろうか。「キャラを集めるのがキツい」「先行者に追いつけない」など色々考えられるが、多くの人にとっては、それ以前に「何をしていいのかわからない」問題がそれに当たることだろう。新参者にとって無知なままゲームをプレイするのは、いわば暗闇の中を手探りで歩くようなもので、その心細さといったらない。

だが、こと『sin 七つの大罪 X-TASY』においては、そういったありがちな問題は一切な存在しないと断言できる。というのも、スマートフォン史上類を見ないほどの強力な導線「STEPシステム」が用意されているからだ。これはプレイヤーが半強制的になぞっていくミッションのようなもので、ステージをクリアするものから育成システムまわりまで、バラエティに富んだラインナップを誇る。

基本的に「STEPシステム」をこなしていけば、本作におけるゲームシステムの大枠を理解することができるため、次に何をしようか迷ったら、とりあえずここに戻って来れば安心だ。もちろんミッション達成時には様々な報酬もゲットできるため、ゲームに対する理解を深めつつ、いつの間にかさまざまなアイテムを獲得できてしまうという一石二鳥の仕様となっている。

ボリューム満点の育成要素

14

最後に、『sin 七つの大罪 X-TASY』における育成要素をご紹介していこう。実は本作には極めて本格的な育成システムが数多く盛り込まれており、やり込み要素が盛りだくさんだったりする。キャストのレベルアップや進化、レベルの限界突破はもちろん、全キャラクターのレアリティを最大まで引き上げることができるため、お気に入りのあの娘を限界まで育成し尽くすことが可能だ。

15

スキルに目を向けてみれば、そこにもとんでもないやりこみ要素が存在する。先ほど戦闘における必殺技の重要性を語ったが、実は必殺技は最初は解放されておらず、スキルLv.を最低1上げなければ使うことはできない。スキルLv.は同キャストか覚醒書を消費することで上げられ、どんどんスキルが強くなっていく。なお、スキル覚醒回数を継承する「スキル伝承」機能も完備されている。

16

またストーリーの選択肢やプレゼントを贈ることでアップしていく「悪堕度」も、非常に重要なキャスト育成要素といえる。悪堕度をためてランクをアップしていけば、ダイヤをはじめとしたアイテムの獲得に加えて、キャスト一人ひとりに用意された専用クエストもアンロックされるということで、キャラクター愛が強いあなたにとっては、是が非でも取り組んでいきたい要素だろう。

17

さて、RPGといえば欠かせないのは装備品だが、本作では武器や防具ではなく、「星楔」という特別なアイテムを一キャストにつき6個まで身に付けさせることができる。装備することで体力や攻撃力といったステータスが底上げされるのは従来通りなのだが、ユニークなのはその組み合わせや位置によって効果が変わること。この仕様によりただ単に強いものを装備させて終わりではなく、色々と試す楽しみが味わえそうだ。

18

加えて「魂鏡システム」というものも用意されており、こちらは霊魂水晶と呼ばれるパズルのピースのようなものを五角形の枠にはめ込んでいくことで、キャストの能力が強化されていく。霊魂水晶はキャストごとに用意されており、枠の色に応じて効果が変わるほか、水晶自体の強化も可能になっている…という感じで、本作において「やることがない…」という状況に陥ることはまず無いだろう。

『sin 七つの大罪 X-TASY』先行プレイ感想

19

筆者がプレイレポートを執筆する際には、ゲームシステムもしくはストーリーから書き始めることが殆どである。それはゲームレビューに限らず、そのコンテンツにおける一番の“売り”を最初に持ってくるというのがウェブメディアにおける記事作成の鉄則だからである。その意味において、当記事の頭に「キャラクターデザイン」を持ってくることに、寸分たりとも迷うことはなかった。

グラマラスという言葉を具現化したかのような、艶かしさが際立つそのビジュアルは、(主にストア審査において)大変な苦労があったことだろう。だが、そうした『sin 七つの大罪』というIPの特性と、ガチャの存在によりキャラ性を作品の中軸に据えやすいソシャゲの特性が絶妙にマッチし、ファンの心に突き刺さるゲームとなっているのは、まさに“作戦勝ち”と言ったところか。

無論、単にキャラクター性を推したいのであれば「パズルを完成したら一枚絵がゲットできる」といったような、さらにカジュアルに寄せた作りにすることも出来ただろう。だがユーザーのニーズを理解し、「アニメの続きを描く」ことに真正面から向き合った運営の姿勢には脱帽だ。RPGとしても非常に触りやすい作りの本作。「絵が刺さる」その取っ掛かりだけで、手に取るには十分な仕上がりだ。

『sin 七つの大罪 X-TASY』の事前登録はこちら

『sin 七つの大罪 X-TASY』のグッズ情報

グッズ情報

2021年8月4日(水)発売予定のアニメ「sin 七つの大罪」<完全版>Blu-ray BOXには原作ファン必見の盛沢山な豪華特典に加え、今作で使用できる『シリアルコード』を収録!原作ファンのみならず今作からコンテンツを知った方も是非チェックしてみてほしい。

商品名 「sin 七つの大罪」<完全版>Blu-ray BOX
発売日 2021年8月4日(水)
発売価格 27,280円(税抜24,800円)
収録話 TVシリーズ全12話(本編約285分、特典約183分)
付録 ・「sin 七つの大罪 X-TASY」連動シリアルコードカード
・特典DISC

『sin 七つの大罪 X-TASY』の基本情報

タイトル sin 七つの大罪 X-TASY
配信日 2021年6月2日配信予定
ジャンル ターン制RPG
対応OS iOS/Android
価格 基本プレイ無料/アイテム課金制
会社 USERJOY JAPAN
公式サイト 『sin 七つの大罪 X-TASY』公式サイト
公式Twitter 『sin 七つの大罪 X-TASY』公式アカウント

©2017 H/N/7dsp
©2020 USERJOY JAPAN Co.,Ltd.

提供:USERJOY JAPAN

関連記事