ブルアカ2_先行プレイ

2021年2月4日配信予定の新作アプリ『ブルーアーカイブ -Blue Archive-(ブルアカ)』の先行プレイレポートをお届け。気になるゲームシステムや魅力を余すところなくご紹介!

※記事内容および画像は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合がございます。

『ブルーアーカイブ』とは

概要

2021年初旬配信予定の『ブルーアーカイブ -Blue Archive-』は、『アズールレーン』や『アークナイツ』といった人気ゲームで知られるYostarが新たに手がける「日常で奇跡を見つけるRPG」だ。銃火器を持った可愛らしい女子高生が多数登場する本作では、巨大な学園都市「キヴォトス」を舞台に、先生と生徒たちによる心温まる交流、そして力を合わせて問題解決へと奔走する姿が描かれる。

ストーリー

数千の学園が集まっている超巨大な学園都市<キヴォトス>

ある日、突然キヴォトスを総括、管理する連邦生徒会長が行方不明になり、学園都市が抱えている数多くの問題が浮上する。

なぜか、生徒会長が行方不明になる前に発足しておいた、連邦捜査部「シャーレ」。これは、キヴォトスに存在する全ての学校の生徒を制限無しに加入させることが可能であり、ありとあらゆる地域での戦闘活動も許可されている、単なる部活の枠を超えた超法規的機関である。プレイヤーである「先生」は、この「シャーレ」の顧問に任命されることに。

プレイヤーは<シャーレ>の顧問となり、キヴォトスの多様な学園を訪れ、いろんな生徒たちに会い、様々な事件を解決していく!

ゲーム紹介

手軽さと奥深さを兼ね備えたバトル

任務

本作のメインコンテンツは、バトルを行う「任務」と、それと連動して解放されていく「ストーリー」の二つだ。これらは明確に分けられており、物語の合間に戦闘パートが挟まってテンポを崩されることがない。戦いたい気分の時には一気に戦闘を進め、シナリオに没頭したい時には一気に読み進められる。

部隊編成

出撃前には、生徒たちの中から部隊を編成する。部隊は前線に出て戦う「ストライカー」4名とスキルで彼らを支援する「スペシャル」2名の計6名で構成される。詳しくは後述するが、本作は役割分担が非常に重要となっており、この部隊編成で勝負の半分は決まってしまうといっても過言ではない。

マップ

「任務開始」ボタンを押すと、このようなシミュレーションゲームのような画面が表示される。自分のキャラと敵キャラが交互に動ける機会が与えられ、同じマスに重なるとバトルになるという形だ。このシステムにより、上手く移動すれば雑魚との戦闘を避けてボスと対峙できたりもする。

戦闘

こちらが本作の戦闘画面だ。銃を片手に生徒たちは自らの意思(自動ともいう)で画面端へと侵攻していく。道中の雑魚を蹴散らしながら、最奥に待つ敵を倒せば勝利となる。生徒たちはフィールドに用意された遮蔽物を活用して隠れたりと、その様子はさながら実際の銃撃戦そのものだ。

スキルゲージ

ではプレイヤーは何もすることがないかというと、決してそうではない。画面右下に表示されているゲージとアイコンに着目してほしい。ゲージは時間経過で増加していくのだが、キャラの顔が描かれたアイコンをタップすることで、そのアイコンのスキルコストの分、ゲージを消費して強力なスキルを発動できる。

範囲

スキルには範囲攻撃で敵を一網打尽にするもの、味方にシールドを付与するもの、仲間を移動させた上で回復するものなど様々なのだが、注目したいのはその効果範囲をプレイヤーが選べるということだ。発動タイミングと指定範囲によって、スキルの効能も全然変わってくるのが面白い。

ヒナ_EXスキル

このように勝負の分かれ目となるスキルだが、発動時のド派手なカットインには思わず目を奪われてしまう。キャラクターの魅力が前面に押し出された『ブルーアーカイブ』において、スキル発動は一番の見どころでもあるのだ。

タイプ

加えてバトルを左右する要素として、「タンク」「アタッカー」「サポーター」「ヒーラー」といった生徒ごとの役割や、軽装備の敵には爆発が効き、重装甲に貫通が効くといった攻撃/防御タイプの概念などがあり、戦略性は非常に高いものとなっている。

オート

ただ、スキル発動も含めて全自動で遊べるオート機能や、倍速・三倍速、クリア済みのクエストのスキップ周回など便利機能は完備されており、あまりゲームが得意でない人でも戦力さえ整えれば問題なく遊べる仕様となっている。

生徒たちと絆を紡いでいくストーリー

ストーリー01

このようにして任務を一つひとつクリアした先に待っているのは、お楽しみのストーリーの時間だ。本作の物語は、数千の学園が連邦を形成して作られた超巨大都市「キヴォトス」が舞台。住民が銃火器を持つのが当たり前の街に、教師として赴任してくるところから始まる。

ストーリー02

着任早々、学園内の諸問題を解決する連邦捜査部「シャーレ」の顧問になった主人公は、反逆する不良生徒に立ち向かったり、借金まみれの学園を救うために奔走したりしながら、(時にはぶつかることもあるけれど)心からあなたを慕う生徒たちとの絆を紡いでいく。

ストーリー03

銃火器を背負った少女たちという極めてインパクトのあるビジュアルに、いわゆる“重い”作品なのかと思われた方もいらっしゃるかもしれないが、実際に遊んでみるとシリアスさはあまり強調されておらず、むしろ「銃とともにある青春物語」といった印象を受けた。

ストーリー04

もちろん設定上様々な問題に直面してはいるが、それらに立ち向かう少女たちに悲壮感はなく、事態の打開のために一生懸命になる姿は健気でもある。派手な銃撃戦にありながらも青空のようなカラッとした作風は、遊ぶ者に希望を持たせてくれることをはっきりと記しておきたい。

魅力的なキャラクターたち

アイリ

さて、そんな戦略的なバトルあり、青春ストーリーありという『ブルーアーカイブ』の魅力は、可愛らしさと個性を兼ね備えた生徒たちあってのものである。救護騎士団の優しい少女から任侠に憧れる女の子、本の虫や数学の鬼才まで様々で、一たび募集(ガチャ)を行えば、必ずやお気に入りの子が見つかるだろう。
キャラクター一覧はこちら
スズミ

しかしそんな魅力あふれるキャラクターを多数擁する本作だからこそ、生徒たちをパーティに編成するだけでなく、戦場から離れたあたたかい触れ合いをしたいもの。『ブルーアーカイブ』では、そんな希望に応えるかのように、様々な形で生徒と交流することができる。

モモトーク_ユウカ

まずご紹介したいのは「モモトーク」と呼ばれるユニークな機能だ。ここでは某アプリのような画面で、生徒一人ひとりとメッセージのやり取りを行える。加えてモモトークでの話が進展すれば「絆ストーリー」というキャラにスポットライトを当てた物語を読むことができる。

メモリアルロビー_ホシノ

さらに、絆ストーリーではここだけの物語を堪能できるだけでなく、「メモリアルロビー」を獲得することができる。これは、ロビー画面に立ち絵ではなく専用のアニメーションを表示できるという、そのキャラのファンにとってはまさに感涙ものと言える要素となっている。

サブストーリー

日常を垣間見たいのであれば、サブストーリーを読んでみるのがオススメだ。こちらでは、該当する生徒数人を仲間にすることで、「放課後スイーツ部」「エンジニア部」「美食研究会」といった各学園での集まりを覗くことができる。どうしても敵との鍔迫り合いが付いて回るメインストーリーとは異なり、日常のほんわかした出来事を見られるのは非常に嬉しいところだ。

スケジュール

他にも、家具を自由に配置した自分だけの箱庭で生徒をリラックスさせられる「カフェ」、生徒との絆ポイントを稼ぐことができる「スケジュール」などがあり、本当に学園生活が送られているかのような錯覚を覚える。こうしたドンパチとは対極に位置したコンテンツの充実ぶりは、只でさえ“引き”のあるキャラクターたちの魅力を何倍にも増幅しているように思えた。

先行プレイ感想

まとめ1

「戦う美少女たち」というYostarの“お家芸”ど真ん中をいく『ブルーアーカイブ』であるが、その作風はいずれの過去作とも異なり、世界全体が「快活さ」に包まれているかのように感じられた。そんな触りやすい作風と呼応するかのように、バトルはオート中心、かつ上級者は手動でスキルを駆使できるという、間口を広くとったシステムになっているのも印象的だ。

まとめ2

ただキャラクターが可愛いだけではない。逆に重々しい空気が常に漂っているわけでもない。その明るくも独創的な世界観は、まさに「学園の日常を小さな奇跡へ」というキャッチコピーに体現されている。生徒たちの魅力は折り紙つきの本作。キャラクターに惹かれて手に取ったプレイヤーを虜にする、練り込まれたゲーム性を目の当たりにした先行プレイだった。

『ブルーアーカイブ』の事前登録情報

事前登録

『ブルーアーカイブ -Blue Archive-』では現在、事前登録を実施中だ。登録者数に応じて正式サービス開始後に配布される特典が豪華になり、20万人突破で(☆2)ジュンコが全員にプレゼントされるぞ。

事前登録のやり方

公式サイトから入力フォームにメールアドレスを登録
Twitterの公式アカウントをフォロー
LINEの公式アカウントを友だち追加
予約トップ10で登録

事前登録はこちら

『ブルーアーカイブ -Blue Archive-』事前登録特典一覧

事前登録者数 特典
1万人 クレジット ×50000
3万人 青輝石 ×100
7万人 青輝石 ×200
10万人 青輝石 ×300
15万人 青輝石 ×600
20万人 (☆2)ジュンコ

『ブルーアーカイブ -Blue Archive-』の基本情報

アプリタイトル ブルーアーカイブ -Blue Archive-
配信日 2021年2月4日配信予定
ジャンル 日常で奇跡を見つけるRPG
対応OS iOS/Android
事前登録 あり
価格 基本プレイ無料/アイテム課金制
会社 Yostar
公式サイト 『ブルーアーカイブ』公式サイト
公式Twitter 『ブルーアーカイブ』公式アカウント

©2020 Yostar, Inc. All Rights Reserved.
※記事内容および画像は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合がございます。

関連記事