AppMedia
記事

『イナズマイレブン SD』先行プレイレポート|貴方だけのドリームチームを結成し、“超次元トイ・サッカー”の頂点を目指せ!

2020年1月3日配信予定の新作アプリ『イナズマイレブン SD』の先行プレイレポートをお届け。『イナズマSD』の気になるキャラクター描写やゲームシステムなど、その魅力を余すところなくご紹介!

※記事内容および画像は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合がございます。

『イナズマイレブン SD』ってどんなゲーム?

イナズマドリーム大決戦、開幕!

イナズマイレブン_概要1

これまでのサッカーゲームではあり得なかった超次元的演出と熱いストーリーが話題を呼び、アニメや映画、コミックなど様々なコンテンツでクロスメディア展開がなされた大人気ゲーム『イナズマイレブン』。第一作から11年の時を経てなお、その人気はとどまることを知らない“イナイレ”最新作が、この度満を持してスマートフォンに登場する。

イナズマイレブン_概要2 イナズマイレブン_概要3

『イナズマイレブン SD』は、レベルファイブとゲームドゥがタッグを組んで開発する“超次元トイ・サッカー”だ。イナズマイレブンの大人気キャラたちが「SD(スーパーデフォルメ)化」され愛らしいフィギュアとなって登場する本作は、指先一つで大迫力の試合が楽しめるサッカーバトルや、歴代シリーズのキャラで自分だけのドリームチームを結成できる「お祭り感」が魅力の作品となっている

これが「超次元トイ・サッカー」だ

指先ひとつでゲームメイク

イナズマイレブン_バトル概要

それでは早速、本作の肝である「超次元トイ・サッカー」について解説をしていこう。試合ではプレイヤーと対戦相手が交互にターンを繰り返し、相手ゴールにボールを叩き込むことを目的とする。プレイヤーに与えられた選択肢は基本的には2つで、「ボールを送りたいキャラをタップしてパスする」「ボールを保持しているプレイヤーを引っ張ってドリブルを行う」かの二択である。

ボールを巡る一進一退の攻防

イナズマイレブン_シュート1 イナズマイレブン_シュート2

シュート態勢が整った味方にパスを送れば、そこから直接ゴールを狙うことができる。ショートを打つキャラは、テクニックポイント(TP)を消費することで威力(トータルパワー)の強い必殺技を放てる。更に、ボールの軌道上に味方選手がいた場合には、シュートにシュートを重ねる“シュートチェイン”でよりパワーを増すことも可能だ。

イナズマイレブン_守備1 イナズマイレブン_守備2

但し同様に、軌道上に相手選手がいた場合にはディフェンス側も必殺技によってその威力を削ぐことができる。なお各キャラには属性が設定されており、相手と対峙した際には属性の有利不利によってパワーに補正が掛かる点に注意が必要だ。ボールがゴール周辺に到達すると、キーパーが必殺技の選択を行なった後、「キーパーのトータルパワー」と「シュートのトータルパワー」の比較が行われる。

イナズマイレブン_キーパー イナズマイレブン_ルーレット

ここで重要になるのは、単純なトータルパワーの大小でシュートの成否が決する訳ではないという点だ。トータルパワーの差に応じてシュート成功率が変動し、実際にシュートが決まるかはルーレット任せとなっている。これにより、自分より強い相手に対しても運次第でジャイアントキリングが十分可能となっているのだ。

キャラの位置取りが勝負の鍵を握る

イナズマイレブン_ドリブル1 イナズマイレブン _ドリブル2

ドリブルを行う場合はキャラクターを弾きたい方向に引っ張り、おはじきの要領で移動させる。相手にぶつかればたいあたりで吹っ飛ばすことも可能だ。前述の通りシュートの軌道上にキャラがいればシュートの威力を削げるため、フィギュアを上手く配置して相手の邪魔をするというカーリングに似た戦略性を有している。なおシングルプレイ専用モードでは制限時間が無いため、じっくりと最善手を考えることができるのも嬉しい点だ。

イナズマイレブン_おはじキックチャンス

チーム間の戦力差を逆転可能にするシステムは、ルーレットだけにとどまらない。画面左右にあるゲージが満タンになると「おはじキックチャンス」というチャンスタイムに入る。この状態では敵の妨害などを一切無視して、純粋なおはじきの力量で相手のゴールを直接狙うことができる。これは相手キーパーの能力が圧倒的に高くてもゴールチャンスが十分にあるということであり、数々の逆転劇が描かれたイナイレの物語が見事にゲームの中に落とし込まれている

戦略性に溢れたゲームシステム

貴方だけのドリームチームを作ろう

イナズマイレブン_大集合

現実におけるサッカー同様、本作の「勝負」は試合開始前から始まっている。1チームは5人+サブ1人の計6人で構成されるがその編成に一切の縛りは無く、自分の思うがままにシリーズの枠を超えたドリームチームを結成することが可能だ。円堂守や松風天馬、稲森明日人といった歴代主人公がピッチで一堂に会する姿に、得も言われぬ感動を覚えるファンも多いことだろう。

多彩な要素が戦術を無限に広げる

戦術面においては、攻撃的なものから守備的なものまで複数の「フォーメーション」が用意されており、適したポジションの選手を配置することでキャラクターの能力を最大限に引き出すことができる。逆に言えば、単にステータスが高い順に五人のキャラを並べるだけでは、勝利を掴み取ることは極めて難しい。

イナズマイレブン_作戦画面 イナズマイレブン マネージャー効果

加えて「必殺タクティクス」と呼ばれる複数人で協力して放つ技も存在し、今回の先行プレイではゴールまでの敵を一掃する“ぶっ壊れ”な技を目の当たりにすることができた。他にもフィギュアの能力を引き出してくれる監督や、ハーフタイムに回復してくれるマネージャーなど、選手とスタッフが一丸となって初めてチームが成立することを体現した作戦画面となっている。

世界観を反映した育成システム

イナズマイレブン _育成1 イナズマイレブン _育成2

育成面においても大変充実しており、レベルアップによるシンプルなステータス上昇に加え、「限界突破」や「ランクアップ」で獲得当初は能力的に劣っていたキャラをどんどん強化していくことが可能となっている。また「秘伝書」を用いることで任意の必殺技を習得させることもでき、プレイヤー側にビルドの自由度を大きく残している。

イナズマイレブン _キズナ

そして極めて独創的なのが「キズナ」という育成システムだ。各フィギュアには絆の深いキャラが設定されており、該当のキャラを入手することで自動的にパワーアップしていく。育成要素が数値的なやり込みだけでなく、キャラ同士の関係性を可視化させているという優れたメカニクスは、キャラクター同士の友情が物語の主軸に置かれたイナイレでしか成立し得ないシステムだろう。

シングル・マルチの二大モード

歴史を追体験する「ストーリーマップ」

『イナズマイレブン SD』には、大きく分けて2つのゲームモードが用意されている。シングルプレイ専用の「ストーリーマップ」では、イナズマイレブン歴代シリーズの物語を追体験しながら強敵との数々の試合を乗り越えていく。各ステージにはミッションが複数設けられており、それらをクリアすることで報酬を獲得できる。加えて難易度も三段階用意されているため、リプレイ性の面においてもバッチリだ。

イナイレSD_ストーリーマップ1 イナズマイレブン _ストーリーマップ3

ストーリーをおさらいできるということは、ユーザー側に要求される前提知識が一切存在しないということでもあり、イナイレシリーズが初めての方でも安心して物語を楽しむことができる。一方でリリース後には『イナズマイレブン SD』でしか味わえないオリジナルエピソードも実装予定であり、過去作を遊び尽くしてくれたファンへの感謝も決して忘れることはない。

「スタジアム対戦」で火花を散らせ

イナズマイレブン_スタジアム対戦1 イナズマイレブン_スタジアム対戦2

本作におけるもう一つのメインコンテンツが「スタジアム対戦」だ。本モードでは日本中のプレイヤーと白熱のオンラインバトルが楽しめ、勝利すると“ファン”を獲得することができる。ファン数によって挑めるステージが増えていくため、自然に同レベルの相手と戦える仕組みとなっている。個人的には、前述のジャイアントキリングが十分に行えるゲームシステムが、所持キャラの強弱だけで勝負が決してしまうことを防いでおり、オンライン対戦との相性が抜群に良いように感じられた。

ここに注目!

ド迫力の必殺技演出

イナズマイレブン _必殺技(シュート) イナズマイレブン _必殺技(キャッチ)

イナズマイレブンシリーズにおける最大の見どころといえば、何といってもキャラクター一人ひとりが魅せてくれる必殺技だろう。サッカーという固定観念にとらわれない、格闘アニメと見まごうほどのフリーダムな技の応酬は、それがそのままイナズマイレブンというIPが今日まで愛されてきた理由とも言える。そんな必殺技は本作にも勿論実装されており、“ドラゴンクラッシュ”や“ゴッドハンド”をはじめとしたド迫力の必殺技が画面いっぱいに表現されたサッカーバトルは、まさにファン感涙モノの仕上がりとなっている。

大盛り上がりのフレンド対戦

本作にはフレンド機能も実装されており、遠く離れた友達ともリアルタイムで熱い試合を行うことができる。フレンド対戦では通常の対戦に加え、戦力差を均等に近づけるシステムが搭載されており、ゲームの進行度に関わらずフェアな戦いができる配慮がなされているのは有難いところ。今回の試遊では編集部二人で対戦を行なったのだが大いに盛り上がり、敢えて面と向かってバトルをしてルーレットの結果にお互い一喜一憂するのも非常に面白いと感じた。

“イナイレ愛”が込められたジオラマ機能

イナズマイレブン_ジオラマ1 イナズマイレブン_ジオラマ2

ゲーム中に入手したフィギュアは試合で活躍させるだけでなく、ジオラマに並べて鑑賞することができる。ジオラマのシチュエーションはもちろん、なんと「そのジオラマを置く部屋」までカスタマイズできるというから驚きだ。ワンタップで簡単にスクリーンショットが撮れるこだわりようには、本作におけるフィギュアとは単に戦わせるだけの駒ではなく、一体一体に魂が込められた「キャラのもう一つの姿」なのだという開発陣の想いが滲み出ている。

先行プレイ感想

“デフォルメ”という単語を辞書で引くと、「造形美術などで、対象・素材の形態を意識的に変形すること」とある。そうした意味で本作において真に「デフォルメ化」されているのは、キャラクターではなくサッカーそのものであるといえる。これまでのリアルタイムで進行するアクション性の強いサッカーから、“引っ張り”と“弾き”を中心に据えたシンプルなシステムになったことで、飛躍的に戦略性が増しているように感じられた。理詰めで勝利をもぎ取れるゲームデザインにより、アクションが苦手な方にとっても安心の内容となっている。

イナズマイレブン_まとめ1 イナズマイレブン_まとめ2

また、過去作品における「試合が止まる→必殺技のカットインが入る→試合に戻る」というぶつ切り感の強かった進行から、アクションを引っ張り部分のみに集約することで流れ全てを演出で構成することが可能になり、ゲームテンポに一貫性が生まれている点も見逃せない。そして何より、一見リアリティとは対極に位置しているかのように見えるフィギュア化が、イナズマイレブン最大の美点たる現実離れした必殺技との親和性が極めて高く、むしろ世界観に溶け込んでいるように感じられた点が非常に印象的だった。

イナズマイレブン_まとめ3 イナズマイレブン_まとめ4

作中において相対していたキャラ達が手を取り合って戦う姿や、同一キャラによる時空を超えたチーム編成を実現した本作は、まさに「イナイレファン長年の夢を現実のものにした作品であるといえる。ジオラマを眺めているだけでいつの間にか時間が経ってしまう、歴史あるイナイレならではの魅力が本作には確かにある。しかし一方で、これまでの物語を追体験できるストーリーや、システムを一新して新しいサッカーの形を提示したゲームデザインは、むしろイナズマイレブンが初めての方にこそ勧めたい内容となっている。本作『イナズマイレブン SD』は、最強のファンアイテムであると同時に、最高の“イナイレ入門書”なのである。

『イナズマイレブン SD』の事前登録情報

イナズマイレブン_事前登録

12月6日より事前登録の受付を開始しました。登録者数に応じて正式サービス開始後に配布される特典が豪華になり、6万人達成で秘伝書「ファイアトルネード」をはじめとした様々な特典がプレゼントされます。

事前登録のやり方

『イナズマイレブン SD』の事前登録は、以下の方法で行うことができます。

Twitterの公式アカウントをフォロー
LINEの公式アカウントを友だち追加

事前登録はこちら

『イナズマイレブン SD』事前登録特典一覧

事前登録者数 特典
1万人達成 イナズマコイン×300
経験値タイヤ(大)×10
3万人達成 イナズマコイン×700
熱血ポイント×5000
5万人達成 イナズマコイン×1000
鬼道有人[雷門・特典]【S】
6万人 イナズマコイン×1000
秘伝書「ファイアトルネード」

『イナズマイレブン SD』のゲーム概要

アプリタイトル イナズマイレブン SD
配信日 2020年1月3日配信
ジャンル 超次元トイ・サッカー
対応OS iOS/Android
事前登録 あり
価格 基本プレイ無料/アイテム課金制
開発 レベルファイブ/ゲームドゥ
公式サイト 『イナズマイレブン SD』公式サイト
公式Twitter 『イナズマイレブン SD』公式アカウント

©LEVEL-5 Inc.
※記事内容および画像は開発中のものです。仕様は予告なく変更される場合がございます。

関連記事

AppMedia - ゲーム情報局
youtube_appmedia
アプリ配信カレンダー
配信カレンダーをもっと見る